当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

地下鉄の駅記号表示

2004.03.31 日記・コラム・つぶやき C(3) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

あれ、いつもと何かが違う・・・と思ったら、通路などの看板が一新していました(写真は大手町)。駅ホームの表示などが紺を中心にしたメトロカラーに変わっているのは気がついていたのですが、しばらく大手町で乗換えしてなかったからかな?昨日初めて気がつきました。

単純に「新しいから」というのもありますが、地下のどこかくすんだイメージが吹き飛んで、新築オープンしたばかりのビルのようにピュアな印象を抱きます。ひきしまった色もGOODです。

 
列車内の路線表示にも「M-05」など、駅ごとの識別記号がついていました。これなら、外国人にもばっちり。日本語の駅名は、ローマ字になっていても覚えづらいですから・・・。そういえば、韓国に行った時に地下鉄の駅表示がやはりこうなっていて「便利だなあ」と感じた記憶があります。

ところで、今調べていたらこんなサイトを見つけました。
世界の地下鉄の路線地図

すごいなあ。
おお!エジプトの地下鉄もある。(まだ比較的新しいのです)

ちなみにカイロでは、車両のひとつが「女性専用」になっていることがあるのですが(全部かな?)、地下鉄を使い慣れていない人や、地方から出てきている人でしょうか?時々、威厳あるひげを生やした堅物っぽい老人などが乗り込んでしまいます。扉が閉まり、ふと見回した周囲の異様な雰囲気に気がついた時の表情はすごいものがあります。(多分心の中で「アッラーよ!」と叫んでいるのでしょう)

車両間も自由に動けないので、次の駅につくまでぴたりと扉のところにはりついて、一生懸命外を見ている姿はなんか思春期の男子学生を思わせて、ほほえましかったです。

痴漢の多い日本でも、そういう車両があってもいいような気がします。
(自分は年齢的にも、もう被害にあうことないけど、「田舎出身の女子大学生」丸出しだった上京当初は出勤時間帯の通学がすごく苦痛でした)



コメント

お初です。
本日メトロを利用しましたが、全然気がつかなかった・・・(滝汗

女性専用車両、ポツポツありますよ。
横浜市営地下鉄は朝9時まで4号車が、あと確か京王もやってたような。
こちら男性ですが、他の鉄道会社も遍く採用されて良いような気がしますね。
おしくらまんじゅう混雑時は勘違いされるのが嫌で片手はカバン、もう一方は上着の襟を掴むようにしてます。
そう、丁度サッカーのフリーキックで壁になってる選手のやうに。(A^_^;)

投稿者: saru@zama (2004.03.31 15:32)

saru@zamaさん、こんにちは。

> 女性専用車両、ポツポツありますよ。

そうなんですか。知りませんでした。

> おしくらまんじゅう混雑時は勘違いされるのが嫌で

勘違いでにらまれても嫌な気分でしょうが、痴漢の冤罪着せられて通報とかされたら、人生がらがら崩れちゃいますもんね。一部の自制心のない人達のせいで、男性も女性も大変。。。
痴漢モノAビデオは「犯罪を誘発する」という理由でなくしたほうがいいと思う。(まあ、そういうと他にも犯罪を誘発する内容のビデオはいっぱいあるんだけど)

投稿者: わだ (2004.03.31 16:12)

埼京線もありますし。大阪はほとんど採用していますよね。
あと時間帯で変わるとか。。(なんか旅館の大浴場みたいです、、、

投稿者: tomono (2004.03.31 19:54)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/374545

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ