スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

メールの心得とお作法

2004.05.22 本&音楽 C(2) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真おととい届いて、その日のうちに「一気読み」してしまった。
「他人の本読んでる暇があったら・・・やることあるんじゃないですか」と、二人くらいに言われてしまいそうな状況なのだが、届いた本の目次をぱらぱらと見ていたら、止められなくなったというのが本当のところだ。


ノウハウ本とかテク本とかでは全くない。
「メール道」という書名まさにそのもので、メールを通じてどう人と気心を通じさせ、一生続く縁を結んでゆくか。それが「心得」「作法」などとして書かれている。

うんうん・・・と、うなづきながら読んでゆく部分、「うっ」と耳が痛い話。メールの海を泳ぎながら(おぼれながら)日々暮らしている人であれば、付箋をつけたくなる場所がごろごろしているはず。書店で見かけたら、手にとって目次を開いてみてみてほしい。きっと納得するから。


メール道
久米 信行
発売日 2004/05/17

Amazonで詳しく見る4757101295
 
 


そういえば、
誰かがこんなことを言っていた。

自分達が入社した頃は、まだメールがなかった。だから顧客との会話は電話。受話器を持って話をしながら、斜め前の上司のにらむ顔が目に入り、気もそぞろに。受話器を置く。ばかやろぉ、一体何様のつもりだ。いえ、でも、さっき先輩に、これはお客さんの勘違いだからすぐ持ってきてもらうよう電話しろって言われて・・・。だからってお客さんと電話で話す時に、いきなり相手の間違いだと断定して話を進めるやつがいるか!・・・なぁんて、言葉遣いから内容、電話をかける時間帯まで、すごいチェックされたよな。一年目は、受話器を持ち上げるの、まじで怖かったもん。でも、二年目以降になると、不思議なくらいスムーズに電話をかけられるようになって、失敗もなくなって、後輩にアドバイスする立場になったけどね。

今の新人くんってさ、メールでお客さんとかとどんなコミュニケーションしているかわかんなくて怖いんだよね。たまにccで受け取ると、はっきりいってこっちが真っ青になるような文章だったりして、驚くよ。
メールはさぁ、ほんと密室の会話だから。ある意味、可哀想だよね。メール世代の子達って。

「メール道」の著者の久米氏は、以前自分もとてもお世話になった方。心から尊敬している。ちなみに、「メール道」というブログを、ここココログで展開している。



コメント

和田さん
こんにちは。
お、久米先生のコラムが一冊にまとまっていたとは
恥ずかしながら・・・、私も読んでみます。
PS執筆の方も期待してます(笑)

投稿者: 一六 (2004.05.22 03:36)

一六さん、これ気に入りますよ。すごく丁寧に書かれた本なので。今さっきAmazon言ったら、総合で10位になってて、思わず、Amazon“初”レビュー♪
・・・で問題は自分の本。なんかカオスなんです・・・書きたいことがごちゃごちゃ一杯ありすぎて。あと最終章に「参考資料」というページを作り、そこに各ECサイト毎のコミッション一覧とか入れようと思って掲載許諾依頼のメールを一斉送信したら、当たり前なのですが一斉に返信が来て、もう「メール道」どころの騒ぎじゃない大混乱。その対応でここ2日ほど追われちゃってます。。。ああ、もう寝なくちゃ。

追記:そっか、一六さんはSmallBizの連載の読者なんですね!

投稿者: わだ (2004.05.22 05:56)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/632541

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

久米信行著「メール道」読了。ちょこちょことしか読めなかったため、なんだかずいぶん(2004.10.19 01:49)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ