スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

とうとう最終日!上海街歩きの一日

写真

先週の土曜日に始まった今回の中国旅行も今日が最終日。
きちんと社会復帰できるのか不安になるほど、中国を楽しんだ。


で、今日は一日上海の街歩き。
午前中に近くのスーパーに買出し(ばらまき用のお土産食材を買いに)、その後、高層ビルがにょきにょき生えつつある対岸の新市街に行きショッピング&シャングリラホテル内の中華レストランで点心とマンゴープリン(美味しかった♪)

写真

「よえん」にタクシーで行きぷらぷらした後、ショウロンポウ。
そして同行者と別れた。
夜の四川料理レストランで待ち合わせするまで別行動だ。

自分は、しばし下町を散策した後バンドにでて、遊覧船を発見したので乗船。アスファルトの上は相当な暑さだったが、川面を吹く風は涼しい。右手にはにょきにょき生えている建設途中の高層ビル、左手には租界時代のクラシックビル。通りすがりの旅行者には表面的なものしか見えないが、それでも新旧の顔をもつ上海は、妙にわくわくする力強い街に感じた。

夜は同行者と合流して四川料理。
その後、バスに乗って再びバンドにでて、両岸の夜景を見てというか、夜景を見ている「どっから集まってきているんだ??」というような数の中国人やら旅行者やらを見ながら散歩し、和平飯店のオールドジャズバーに入った。

写真

オールドジャズバー。
オールドジャズの演奏が聴けるバー。

ということなのかと思ったら、入り口にはこう書かれていた。

「老年紳士酒吧」

どうやら年取ったジャズバンドの演奏が聴けるバーのようだ。
気分は20世紀初頭にタイムスリップ。
欧州人にとって極東の異国、上海の古きよき時代を「適当に」想像しながら同行者とカクテルを飲んでいた。(その後、実は二人とも全然キャッシュがないことに気がついて大汗ものだったのだが)

+++

ところでトイレの話。
中国のトイレは最悪に汚い。

・・・というような話ではなく、その逆。
自分は、海外旅行でここまでトイレ環境がよかったことはない。

北京がどうだったか忘れたが、上海も、昨日訪れた朱家角も、新しいぴかぴかの公衆トイレがたくさんあった。その多くは、入ると中にスタッフがいて、3角とか5角(4~7円)を払って利用する有料トイレだが、紙ももらえるので「お金を払ってまでもったいない・・・」とかは思わない。

時には、大通りに交通標識のようにトイレ標識がたっていることすらある。

写真

衛生的な街づくりの一環なのだろうか。
ゴミ箱も多く、道路清掃車が道路を清掃しながら走っていたり、ごみ収集の人などもたくさんいて、「シンガポール?」と思うほど(これは嘘かな)ごみの少ない、きれいな街だと思った。

今日も、りえんで同行者と別れて、南へ進みながらごみごみしたエリアに入っていく時に、突如トイレに行きたくなった。「ここから先はレストランもホテルもないしなあ・・・困ったな・・・」と思っていたら、ぴかぴかの公衆トイレを発見。

写真

ラッキー。

ここは、男女で利用料が違っていた。男性は「大」で5角、「小」で3角。女性は大小どっちでも5角(確か)。ちょっと納得できないものがあったが、「私は小だけなのになんで男性よりも高いの!?」と主張してもめるほどのことではないので、素直に払って入った。

中はきれいだった。
床は磨き上げられ、壁にも落書きひとつなく、公衆トイレ特有のにおいもない。

ただ問題はひとつ。
扉がなかった。
そう、伝統的な中国の「溝式トイレ」だったのだ。

写真

うーむ。

溝部分はタイルが張られているのだが、こちらも紙ひとつ残っておらず、洗剤で磨いているかのようにきれい。せせらぎのように、あるいは流しそうめんでもやってきそうな感じでちょろちょろと水が流れている。

しかし扉はない。

うーむ。

人は入ってくる気配がない。
よく見ると、各「ブース」の「パーテーション」には、荷物を下げるためのフックもついている。なんかプールサイドのシャワーみたいだ。

うーむ。

ちなみに今日はズボンではなく、ロングのフレアスカートをはいている。なので、ひさまでズボンとパンツをずり下ろすみっともない格好はしなくてすむ。

まあ、おっきな個室だと思えばいいや。

ということで、上海最終日は、中国式公衆トイレ初体験日にもなった。
(割と開放的で、いいかも)



コメント

ウォシュレットがばかばか売れているとは思えないほどの格差ですね>上海

ちなみに、帰ってきたら日本は暑いですよ~

投稿者: つかなな (2004.07.18 15:52)

近々、中国に行こうと思っています。

上海か北京か、どちらかに。。

自分もブログ作っていますが、やっぱり写真は多用したほうがよさそうですね。。参考になりました。

投稿者: king11kazu (2004.07.18 18:16)

帰国しました。
京成スカイライナー車内です。
(b-mobileが使えて嬉しい♪)

いやー楽しかったです。中国。
上海も北京もどっちも同じくらい楽しかったです。
写真はちょっとでも入れるといい記録になりますね。
ホテルのブロードバンド環境のよさにも驚きました。
時間がありましたらぜひ旅行日記を!

投稿者: わだ (2004.07.18 18:24)

無事、帰国されたそうで お疲れ様でした!

最近、都内は暑い日が続いていますので、
体調には 気をつけましょう~

さすがに、女性トイレなら扉くらいつけてくれよ~という
感じでしたね。

仕事で、東北の田舎に行ったら 「草むらの中で、用を足す」
みたいな環境もあったので 「有るだけマシ」という印象も
うけましたが、「上海だったら もっと良い環境じゃないの?」と 突っ込みを入れたくなる事態でしたね。

投稿者: row (2004.07.18 19:50)

おかえりなさい。楽しい旅だったみたいですね。
以前、上海に行った際、豫園に向かう車中で急激にお腹が痛くなり、
豫園に着くなり、公衆溝式トイレに駆け込んだことがあります。
恥ずかしいなどと考えている余裕がなく、
すんなり初”溝式”体験しました。
1回してしまうと、もう抵抗がないかも...

じいちゃんジャズバンド、かわいいですよね。

投稿者: わだ(よ) (2004.07.18 21:12)

つかななさん、
ウォシュレットがばか売れなんだ!でも確かに高層豪華マンションもどんどん建設されているみたいで、北京でも上海でも、スウェーデン家具の「IKEA」はじめ、巨大な家具ショップを何度か見かけました。

rowさん、

>「上海だったら もっと良い環境じゃないの?」と
>突っ込みを入れたくなる事態でしたね。

「中国の公衆トイレは扉なし」と聞いていたのですが、なんとなくそれは古いトイレだけの話かと思ってしまっていました。それで、ここ1-2年で作ったらしい、ぴかぴか清潔なトイレもそうだったので驚いちゃったのですが、単純にカルチャーの違いなのかもしれないですね。(私も子供時代は「草むらで用を足す」は割と自然だったんですが、多分東京で生まれ育った子供はそういうことしないだろうし)

わだ(よ)さん、
>恥ずかしいなどと考えている余裕がなく、
>すんなり初”溝式”体験しました。

さすがですね!
私はしばし逡巡してました。

>1回してしまうと、もう抵抗がないかも...

本当にそう思いました。こっちのほうが、狭い個室で壁とか扉とかにぶつからないようにもぞもぞ動いたりする必要もなくて、楽かも。パーテーションだけのほうが、多分清掃もしやすくって合理的なのかも。

投稿者: わだ (2004.07.19 13:11)

突然の書き込み恐れ入ります。

このたび中国に関連するWebサイトに限定したランキングサイトを開設しました。

http://www.china-nav.net/

中国関連限定のランキングサイトとしては日本初の本格的カテゴリ別ランキングサイトとなります。

また、新着サイト、アクセスの多いサイトはランキングのトップページに表示されるなど、これまでのランキングサイトにはないアクセスアップのシステムをご用意しております。

サイト登録はもちろん無料です。貴サイトのご登録をお待ちいたしております。

なお、この書き込みは削除していただいてかまいません。突然のご無礼を改めてお詫び申し上げます。


中国ランキング
http://www.china-nav.net/

投稿者: 中国ランキング (2005.02.20 17:51)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/995110

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

(ブロギニストの散歩道から) 変貌する中国を代表する都市は、なんといっても 上海だろう。 訪ねるたびに、その姿を変える。 浦東地区に、ニューヨークの摩天楼を思わせる 超モダンなビルがにょきにょき建っている。 上海から戻ってくると、新宿の高層ビルが、 ものたりなく感じられるほどだ。 一方、古いものも残っている。 河をはさんで、摩天楼の向かいに、バンドといわれる 旧租界地の建物が立ち並ぶ一角がある。 夜ともなれば、黄浦江をはさんで、シュールな高層ビルと レトロ...(2005.07.09 16:27)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ