当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

仕事山積みの日本に帰国♪

写真記事タイトルの一番最後に「♪」なんてつけてみたけど、つけたからって楽しくなってくるわけじゃあないか・・・。

数日前の失敗は、楽観的な二人にとってもなにがしかの教訓になったようで、今朝は眠い目をこすりながらそれぞれ「うぉっしゃっ!」「おーおーおーっ!」など、とても女性ふたり旅とは思えない掛け声をかけながら気合を入れて身支度を整えた。

泊まっていたホテルは、マリオット系列のルネッサンス揚子江ホテルだったのだが、「せっかくなので昨日とは違う朝食にしよう」ということになり、お隣のシェラトンまででかけて朝食ビュッフェ。どちらのホテルも和洋中おいしく、上海の明るい陽光が差し込む開放的なところ。

「なんか優雅なキモチになってきますねえ」
「うん。これぞセレブな休日だよね」

と、睡眠不足でむくんだ顔とやや充血した目をとろんとさせながら生気なく語り合った。

セレブな休日──それは、今回の旅のテーマのひとつでもあった。
北京は1万円くらいで豪華五星ホテルに泊まれるようだ、せっかくなので友人宅に泊めてもらうのとは別に、一泊をホテルで過ごそう、という同行者の提案からそれは始まった。

「和田さん、二人とも普段がんばって働いているんですから、お金はこういう時に使わなくちゃだめですよ」
「うん、私も最近遊んでないし、たまには使おう。もう学生時代のバックパック旅行みたいにケチケチまわる年齢じゃないしね」
「そうですよ」

なんてことから、二人の合言葉は「金ならある」「タクっちゃおう」になった。
前者は、ツアー日本人旅行者のおじさんとかが使ったりするのだが、実際の私達は割と低レベルで、レストランで15元(210円)くらいの一品を追加しようかどうしようか悩んでいる時に、

「金ならある」
「そうだ」

といって使う程度。まあ、かわいいものだ。


+++


しかしながら、お土産はかなり買った。
自分は、いつもと比べると倍以上の量を買っている。

写真

すごいのは同行者で、

「実は、仕入れ?」

と思わせるほどの中国茶を購入して、スーツケースの2/3近くがお茶缶で埋まっていた。こっちに住んでいる人に連れて行ってもらった高級住宅街エリアの中のお茶屋さん(中国茶のスクールもやっている)で買ったものが多いので、質はいいものだろうが、それにしても多い。
今朝ふと振り返ったら、スーツケースの上に覆いかぶさるように倒れている。お腹でも痛いのか?と声をかけようとしたら、単に全体重をかけてふたを閉めようと努力している最中だった。
今頃は自分同様、買ったものすべてを床の上に並べて、「はぁ~っ」と放心しているかもしれない。

自分は、留守中、うちのセキセイインコ達の面倒を見てくれていた近所の方に(ものすごく感謝しております!)、ひとつずつ薄い紙にくるんだ箱詰めのプーアール茶を購入し、後は友達や仕事関係の人などに会った時に渡せるように、花茶や中国タバコなどを購入した。高血圧が気になる親にも、高血圧な人向けと説明されたお茶を購入。自分用には、竹でできた洗濯物干しからガラスの茶器までいろいろ。

+++

今こうして、家の窓の外の夜景を見ながらパソコンでかたかた文字を打っていると、わずか半日前まで中国にいてわいわい大騒ぎしていたのが夢のようだ。

久しぶりの1週間旅行だったが、リフレッシュした。
やらないといけないタスクはいっぱいだが、とりあえずさっくりと片付けて、
この後どういう風に仕事を進めてゆくのかなど、身の振り方についてもじっくり考えよう。
(実は、再就職するなら今年一杯が年齢的にラストチャンスだなと思って悩んでいる)

そして中国が好きになった。
中国語を勉強したくなってきた。
(言語学習能力が異様に衰えているせいか、「トイレはどこですか?」なんていう短い言葉すら、何度ガイドブックを読んでも覚えられず、もどかしい思いをした)

次に中国を旅行する時には、簡単な会話だけでいいのでできるようにしておきたい。
また行こっと♪

写真

北京・上海でお世話になった友人・大学サークル仲間の皆さま、
なにからなにまでリードしてやってくれたちゃきちゃきの同行者、
留守の間インコの餌とお水を換えてくれたMさん、

本当にありがとうございました。m(_ _)m



コメント

おかえりなさい。また現実が待ってますね。

投稿者: kajitaku (2004.07.19 02:21)

わださんお帰りなさい♪←私も付けてみた(笑)

和田さんが中国の間jugemがえらいことになちゃってて。
自分の更新できないのは別にいいんだけど知り合いのjugemに遊びに行けないのがつらかった。
だからここは遊びに来られる数少ないブログになってたのぉ。
更新が遅いとまだかなまだかなって何度も覗いてブログリストなんか信用してやしない(大笑)
無事に帰国何よりでした。
そしてたのしい旅行記ありがとでしたぁ。


投稿者: mameta (2004.07.19 09:59)

mametaさん
私も中国からアクセスしてJUGEMがどうしても見えないので、「国外だから、DNS書換えが少し遅れているのかな?」とも思っていたのですが、帰国してやっと状況を知りました。私も本の公式サイトがJUGEMなので、ちょっとどきどき。
旅行記、以前は普通にホームページ更新でやっていたんだけど、ブログだと簡単&コメントももらえて楽しいですね。ホテル備え付けのパソコンとかで更新できるし、自分のいい記録にもなるし♪ 軽量パソコン(990g)なので、これからも旅行する時にはもっていこうと思いました。

投稿者: わだ (2004.07.19 10:46)

わだちゃん、お帰りなさい~。
昨日、成田空港に遊びに行きました。一日、早ければ、
わだちゃんのお迎えが出来たのに~とちょっと後悔。
わだちゃんのところのインコ、お世話してくれる人が
いたんですね。安心しました。

うちの♀インコのルルちゃんは、数日前から言葉を
喋れるようになりました。といっても自分の名前を
「ルル、ルル」と喋るだけですが。言葉が喋れるように
なってしまったので、変な事は言えないな~と警戒してます。
秋から冬頃にわだちゃんの♂インコのお嫁さん(姉さん女房
だけど)として迎えて頂きたいんだけど。(+和田ちゃん
の英才教育に期待)
この計画、いかがでしょうか?

投稿者: ぴよ (2004.07.19 14:58)

ご無事で帰って来られて何よりです。
(飛行機がーのときはちょっとドキドキでしたが(爆)

私もjugemが死んでたので、あまりわだぶろぐ行けませんでした(笑)
いま読み返してます♪

上海はアート的にも良くなってきたと言われてきて、ホントに時間があれば行ってみたいです。

投稿者: tomono (2004.07.19 15:14)

いい計画ですね。
♀が年上でリードできるほうがいいらしいです。
いつかうちのちびちゃん(♂)とお見合いさせてみてもいいかも。相性がいいようなら、一時婿養子で預けてみるなんていうのも面白いかも・・・といいつつ、やっぱりいなくなるのは寂しいし(子育て完了まではパパが必要だと思うので)、大事なルルちゃんを預かるのも、もしも何かあったら・・・と思うと怖いので、なかなか難しいなあ。ちょっと考えてみますね。

投稿者: わだ (2004.07.19 15:21)

tomonoさん、
中国からtomono-blogにコメントしに行こうと思って駄目で、「なんでDNS書換にこんな時間かかるんだ?」と思っていました。自分はnifty使っているんですが、まだhostsファイルいじらないとアクセスできない状態です。きっとこの間、多くのブログ中国患者が「エントリーしたい・・!」と、日々中毒症状に苦しんでいたんでしょうね。
・・・でも、tomonoさんにはいい「強制的なブログ休息」になったのでは?

上海はじっくり滞在したいところでした。
一昔前、たくさんの若い日本人が「一旗あげる!」と大陸に渡っていたり、欧米各国から人が集まっていた時代がありましたが、ここ数年で再び、多くの外国企業が上海に上陸し、国籍さまざまな人達がわさっと集結しているんでしょうね。ブランド浸透には投資を惜しまないということなのか、SAMSUNGやペプシなどの屋外広告が激しいまでに設置されていました。(日本企業の広告は思ったほどではなかった)

投稿者: わだ (2004.07.19 15:46)

おかえりなさいまし
とりあえず,仕事に追われてね( ̄m ̄〃)

追伸 うちのブログはまだ再開できまへん^^;A

投稿者: でぃえら (2004.07.19 16:41)

お帰りなさい。
兵馬俑の記事にぐっと身を乗り出してしまいました。
行ってみたい兵馬俑。以前、北京の空港を降りたときエスカレーターのところに兵馬俑の写真があって、北京からも行けるのかっ?と大いなる勘違いをしてから、さらに行きたくなっています。
中国を歩いていると、だんだん自分が外国人であるということを忘れて行くような気がしました。私もまた行きたいです。

投稿者: dii-chai (2004.07.19 22:33)

こんばんは、同行者でございます。
中国旅行、本当に楽しかったですね~。
和田さんとの旅行だから出来たことも多いと、改めて
感謝、感謝です。「金ならある」個人的には今年の
流行語かもしれません。中国、また行きたいです。
ブログを全部読み返してみて、改めて追体験して
大笑いしてしまいました。特に、この記事最高!
2回も読み返して、一人深夜に大爆笑です。
仕入れもしてきたことだし、今度中国茶パーティーしましょう。
値切って買った、茶器セットも登場させますんで♪
また、遊んでくださいね(-^^-)

投稿者: ふみ (2004.07.20 00:05)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/1000416

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

和田ブログの古い記事を読みました。やはり、一度中国に行きましたら「そして中国が好きになった。中国語を勉強したくなってきた。」という気持ちが自然に出てきますね。 ...(2005.01.09 00:40)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ