<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

飛行機に乗り遅れてしまった・・・

写真きっと、昨夜の雷のせいだと思う。

今現地時間の午前11時。本当であれば、西安発9時半の飛行機に乗って、上海に降り立っている頃かもしれないのだが、なんと乗りそびれた。

で、13時半発の次の便を待って、地下一階にある短時間滞在用ホテルのツインルームにいる。同行者はベッドで寝ている。

なぜ乗り遅れたのか。

理由は簡単で、目覚ましもモーニングコールも振り切って二人で朝寝したためだ。なんでかというと、夜中に「迫撃砲か?」というような激しい雷がしばらく鳴り響いていたためだ。半端じゃなかった。相当近くに落ちている。

で、寝不足になってしまった。

それでもホテルの人は「まだ間に合うよ」といってくれた時間に出発できたのだが、道が恐ろしく渋滞していた。雨のせいもあるのだろう。

空港についたらすでに離陸10分前で、当然だがチェックインも拒絶された。ただありがたいことに、特別な交渉することもなく、後の便にチェンジしてもらえた。

こんな時にラッキーなのは、落ち込んだり不安がったりせず、ポジティブというより単にあきらめの早い二人が旅行をしていることだ。他の人と一緒だったら、きっとタクシーの中で時計を見ながらイライラしていただろう。このふたりだとこうなる。

「乗れたらラッキーだね」
「だね」

そして仮眠をとる同行者。
上海語の挨拶を覚えようと真剣にガイドブックを読む自分。
ひとり渋滞にイライラする運転手。

空港でも割とポジティブだ。

「まあ、西安空港探索なんてする日本人なんていないし、いい機会ですよ」
「そっか? まあ、それもそうだね」
「なんにしても、きれいな空港でよかった」
「よかった、よかった」

イン・シャー・アッラーの心ってこういうものかもしれない。
(別に二人ともイスラム教徒じゃないけど)

ちなみに同行者は大学の時のサークルの後輩(自分が5年生の時に1年生)で、前職では大手旅行代理店のホールセールをやっていた人なので、英語もホテルも空港もトラブル対応も全然緊張感なくこなしちゃう、心強い人だ。

さらに、学生時代に一年間単身渡航で20数カ国をまわっていて、同じく一年間エジプト滞在を中心とする中東圏まわりをしていた自分と許容範囲がだいたい同じ。

「なんかこっちの路地入ってみます?方向的にはいけるでしょう」
「だね。大通り歩いていてもおもろくないもんね」

という感じで、他の人とだとひかれてしまう下町の路地なんかも問題なく進める。屋台や繁華街のちっちゃな食堂も大丈夫なので、なかなか楽しめる。互いにバックパッカー旅行は結構やっていて、それなりにトラブル体験もあるので、無謀というわけでもない。
5日間テントとシュラフ持参でただただ歩くというユニークなサークル夏合宿をしているおかげで、歩き続けることにも慣れている。昨日午後中心で28,000歩もいってしまったのもそのせいだろう。


・・・ということで、今西安空港内の一室なのだが、ここは本当に快適だ。アメニティもそろっていてバーコーナーもあり、三時間1ルームで150元(約2100円)。なぜか足つぼマッサージや美容院の部屋までそろっている。次から何か同じようなことがあったら、悩まずにこんな施設を探して利用しようと思う。

今度の飛行機には乗りそびれないようにしないとな。

西安空港にて
(写真は空港内ホテルの一室で中国カップ麺初体験の図)



コメント

キタ~ッ(>_<)!!と思わず笑ってしまいました。やはりWADA流には、乗り遅れ、時間間違いなんかがないと。昔、上海は空港が二つあって、トランジットが別々の空港だと「どっちだ~?」って大騒ぎになるので敬遠してたけど、今は統合されたんでしょうか?帰国時の乗り遅れに期待!!
でも、飛行機に乗れるか?のれないか?となったとき、旅慣れた人とそうでない人との差がでますね。「ん?ダメだったら次のるから、急ぎすぎないでいいよ」とタクシーの運ちゃんに言えたとき、「俺も大人になったなあ~」としみじみ思いました。まあ、中国で交通事故にあったら、日本みたいに救急車が速攻で来てくれるとは限らないからなんだけどね(^_^;)
それではお気をつけて。

投稿者: 円海 (2004.07.16 21:46)

西安には何度か行ったことがあります。
最後に行ったのは、もう6-7年前だと思います。
西安の街は大きい割に、まだすれていないくて気に入っていました。
今は、もう沿岸部の大都市と同じように、キンキラの
高層ビルが沢山建ってきているのでしょうね。
空港も、小さかったように憶えていますが、
これも立派になったのでしょうか。

投稿者: (2004.07.17 20:39)

コメントを書いたら、名前とか飛んでしまいました。
申し訳ございません。

投稿者: Sao_Paulo (2004.07.17 20:46)

円海さん手術後の一時帰宅時に、上野で待ち合わせして昼食の約束をしたのに、恐ろしく遅刻して入院患者を待たせたのは自分です。その節は本当にすみませんでした・・・。

飛行機乗り遅れは実は二度目です。
一度目は三年前にエジプトから日本に帰国する時で、空港に到着したら何の表示もないので「飛行機は?」と聞いたら陽気なエジプト人が飛行機が飛び立つジェスチャーをしながら「もう飛んでいったよ」と答えてくれました。時間変更になっていたのに、リコンファーム時に教えてもらえなかったのが多分原因なんですが、その時には航空会社の対応に真剣にマジ切れして、カウンターで1時間近く怒鳴り散らして営業妨害しました。その時「自分も大人(おばさん)になったな~」としみじみ思いました。
http://www.joho.st/egypt0107/diary.html#22

Sao_Pauloさん
私もよくわからないですが、今は西部経済発展の拠点として力を入れているところとのことなので、多分6-7年前と比べると、市の中心部とか郊外の新興エリアとか見違えるほどになっているのかもしれません。鐘楼の下あたりのショッピングモールには、高級ブランドショップがずらりと並び、空港もガラス張りのすっごくきれいなものでした。それでも、そんな一角をちょっと通り過ぎれば、中国っぽい小さな路地が縦横無尽に走っていて、スパイシーでおいしい香りが充満していて食べ物安くて、旅行者にも愛想よく対応してくれて、とっても居心地いい場所でした。

投稿者: わだ (2004.07.19 12:57)

中国茶ありがとう。早速鞠茶(?)試してみたらとても香りがよくておいしかったです。中からバラが出てきたよ。娘も「お花♪」と大喜びでした。(決して味わったわけではない。ビジュアル的に喜んでいた。)しかし、なかなかすごい旅だったのね。私からすると娘8ヶ月と一緒にハワイいったとき、予約したにもかかわらず、台湾から飛んできたチャイナエアラインのバシュネット席が取れてなくてカウンターに行くたびに抗議してくれて、「ああ、なんてたくましい、これくらいのたくましさがなければ世界に羽ばたけないのね・・・。」と思ったけどさらに上を行く人がいるのね。すばらしい。今回の経験をかてにまた私を(ハプニング満載の)海外旅行に連れてって!(航空券と宿ぐらいは手配するので)やっぱ英語少しでもやってフランス語と中国語を身につけたいと思う私です。

投稿者: あっちゃん (2004.07.22 23:34)

赤ちゃん連れハワイ旅行も面白かったよね!
行きの飛行機でおしゃぶりがなくなっちゃって、水平飛行になるまでわんわん泣いていたとき、自分の席が思い切り遠くになっちゃったので「いまごろ周囲の冷たい目にたったひとりでさらされて、生きた心地しないだろうなあ・・・」と真剣にどぎまぎしていました。
ちなみに今まであちこち海外に行って、「生きて帰れないかも・・・」と真剣に思ったのは、セブ空港合流の時の台風発生ハプニングです。わざわざ「○○○様ご一行様」のちらしまで作って空港で待っていたのに、あっちゃん乗せた飛行機が着く直前に上空で台風発生。飛行機は引き返し、管制塔は一部壊れ、市内に戻ろうと乗ったタクシーは、道路の水位上昇で「これ以上先にはいけない」と、停電した街中のスラムっぽいところで強制的に落とされてしまい、方向もわからないまま、濡れねずみのようにじゃぼじゃぼ歩き、ふと建物の間を見ると、路上生活者みたいな人が集団でこっちをじっと見ていて、生きた心地しなかった。
でもまた海外旅行しましょう♪

投稿者: わだ (2004.07.23 13:35)

そんなこともあったね~。セブ島につくはずが台風でマニラに着いたときはどうしようと思ったよ。無事セブ空港で会えたのも奇跡だったけど、空港から3時間くらいかかるステイ先に無事つけたのも奇跡だと思った。私は行きのバスで「この帰れなくなって休暇を延長することになるんだろうか・・・。」とマジに思ったよ。あ、今度自分のブログで海外旅行のこと書こう。

投稿者: あっちゃん (2004.07.25 17:20)

いろいろ思い出してきた・・・。
私はドイツ人からもらった薬で、人生最初で最後、のた打ち回るようなじんましん体験したっけ(あれ絶対、体の中にもじんましんできてた気がする)。
強烈な思い出だけはいっぱいで、リゾート体験の思い出がほとんどないのが不思議。
いや、あるある。あっちゃんがシュノーケルで沖合いを一人ぷかぷか浮かんでいて、その周囲をカヌーに乗ったおばさんがしつこく物売りしていて、私はビーチで寝ころびながら「・・・なんで沖合いでまで物売りにからまれるんだ、ここは!」と思いながら見ていた記憶。

ま、ハワイでリベンジしたからいいね。
海外旅行記事、楽しみにしてます。

投稿者: わだ (2004.07.26 00:24)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/976766

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ