当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

[夏読書] 改名した作者

2004.08.28 本&音楽 C(2) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真週末なのでコミック。
これは「THE WORLD」というシリーズで、作者は「獣木野生」。この名前を知っている人は少ないかもしれないが、絵を見たことある人はいるのではないだろうか。実は元「伸たまき」だ。いつの間にか改名していた(正直、ちょっとショックというか、新しい名前に馴染めないというか・・・)

 
へえ、結構漫画読むんだ・・・
と言われることがある(堅物に見えるのかな?)。

でも、昔からムッチャ読む。
新宿や渋谷で飲んでいて終電を逃すと、すぐにマンガ喫茶に転がり込む(個室でリクライニングシートで熟睡できるところが多い)。昨年は、「マンガ喫茶連泊」で風邪をひき、自己嫌悪に陥ったこともあるほどだ。

ただ読むのは、週刊・月刊のコミック雑誌を買っていた頃(高校生まで)に馴染みのある作者のものが中心で、「新規開拓」ができていない。中学生に入った頃から好きだった青池保子の「エロイカ」シリーズなど、いつ作者が引退してもおかしくないものも多い。

ここ数年買ったものというと、清水玲子(「輝夜姫」)、萩尾望都(「残酷な神が支配する」) 、昔のものになるが木原敏江(「夢の碑」シリーズ)や名香智子。あと、最近テレビ放映も始まったが、浦沢直樹のMONSTERも夢中になっていた。花とゆめ派だったので河惣益巳森川久美(「南京路に花吹雪」など)、柴田昌弘和田慎二なども、相当買っている。

伸たまき(現獣木野生)も、高校生の頃に「パーム」シリーズではまった作者だ。
THE WORLDは、パームの登場キャラが全く別の役ででてくる「キャラブックス」で、昔からの読者には楽しめる。パーム後半では、地球環境(環境経済)などのテーマへの作者の関心が前面にでてきていたが、THE WORLDも奥が深い。作者は、たしか離婚し、子供をつれてオーストラリアに渡ったと何かで読んだ気がするが、そんな体験もあちこちに織り込まれているんだろうなあ・・・と思ってしまう。

ちなみに、パームシリーズから読み始めるのなら、「パーム(8) 星の歴史─殺人衝動」あたりがおススメ。



コメント

「へえ、結構漫画読むんだ・・・」
私も言われたことがある。社交辞令かと思ってました。

上記の作者のうち、「河惣益巳」以外の作者の絵が識別できるということは、私も結構読んだ方かも?

浦沢直樹のMONSTERはそのうち買おうと思っていたけど、結局アニメで見ています。
でも、手元にある作品数が一番多いのはなんといっても萩尾望都です。

投稿者: horse_eye_jack (2004.08.31 20:46)

すごいですねえ・・・。
浦沢直樹以外は、いわゆる少女コミックでしょう。
時々、萩尾望都の昔の作品とかムショウに読みたくなります。

投稿者: わだ (2004.09.02 21:23)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/1282397

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

Tramadol abuse. Tramadol maintenance. Tramadol side effects. Buy online cheap and fast tramadol. Tramadol.(2007.07.30 07:10)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ