当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

[夏読書] 旅をすみかに

2004.08.29 本&音楽 C(2) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真願わくは
花のしたにて春死なん
その如月(きさらぎ)の
望月(もちづき)の頃

花と月を愛し、旅をすみかとした西行の一生を辻邦生が描いた・・・これは多分「歴史小説」というジャンルになるのだろうか(伝記ではないしね)。

文庫本になってるんだけど、割とボリュームがある(718ページ)。
この夏、久しぶりに読み返してみた。

武家に生まれ、鳥羽院の時代に北面の武士(警護役)としてつかえ、23歳の若さで出家。その後、歌の世界に生き、東北や四国へも旅をしつつ、俗世から完全に離れて隠遁生活というのではなく、都の権力の近くにも身をおき、政治にも関わり続けた歌人。その歌と人生に魅せられ、西行を研究テーマとする人は今も多いと何かで読んだ。

満月の頃、桜の木のもと、散りゆく花の中で人生を終えたいと願うこの歌は、ボキャ貧で歌のことなんて露ほどもわからない自分にも、朗々とした力強さ、「美」の世界を感じさせてくれる。自分ならどんな時期がいいかな、なんてポジティブに考えてみたり。。。

西行花伝では、一の帖から二十一の帖まで、語り手が次々と変わりながらストーリーが展開してゆく。秘めた恋、信仰心、俗世の権力闘争、花鳥風月、都、山・・・。
山家集に収められた西行の歌を軸に、悩んだり、悟ったり、嘆いたり感嘆する西行の姿が、いろいろな角度から描かれている。歴史小説では、その登場人物の胸中の思いなどは、その時々の状況や発言から作家が推察して書いてゆくのだろうが、西行の場合、折々に詠んだ歌がその手がかりになっている。

歌とその解釈だけ読んでも、自分のように素養がない人間はきっと、「うーむ、どの辺がすごいのかようわからん」で終わっちゃっただろうものが、こういう風に歌人の生涯の中に放りこまれている状態で読むと、心を打つ。

おしなべて
ものを思はぬ人にさへ
心をつくる秋の初風

そういえば、いつの間にか秋の気配(いや今日は冬の気配すらするぞ・・・)。
夏の読書週間はこれでおしまいです。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


西行花伝
辻 邦生

発売日 1999/06
売り上げランキング 34,099

おすすめ平均
この月の光を知らなくては、物の哀れなど解るはずはない
とにかく熟読すべき必読の1冊!
美しい文章です

Amazonで詳しく見る4101068100



コメント

こんにちは、セレブmamaの junkoです。
このたびは、本のページへのリンクありがとうございました。
今後ともどうぞよろしく!

私も西行の句は好きです。
で、この記事に、リンクのお礼を兼ねて伺いました。
西行はややもすると、優麗で繊細なイメージですが、老境に至
るまでは、非常に随筆的な率直さで見たこと、考えたことを歌
に詠んでいますね。それが音読すると非常に美しい日本語の流
れに聞こえる。奇をてらわない潔さに惹かれます。

われもさぞ
庭のいさごの土遊び
さて生いたてる
身にこそありけれ

大人になると時間が過ぎるのが速いです!
後悔しないように生きなきゃと思うこのごろ・・・junko


投稿者: セレブmama junko (2004.09.01 10:37)

コメントありがとうございます。
西行の歌、もう一度じっくり読み直してみたくなりました。

投稿者: わだ (2004.09.02 21:26)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/1303521

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ