当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

薪能(たきぎのう)

2004.09.18 日記・コラム・つぶやき C(7) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真ずっと観に行きたかった薪能。銀行勤めの頃、JR浅草橋駅で成田山の薪能のポスターを見たのが最初のきっかけなので、かれこれ10年近く「いつか・・・」と思いつつ、その機会を逃していた。
数年前、友人が「土浦でやる」という情報をくれ、一緒に観に行ったのだが残念ながら雨。屋内になってしまった。


ところが、昨日、金町駅前で小さなリーフレットを見かけた。
なんとこの金町で薪能をやるという。場所は縛られ地蔵で有名な(多分)南蔵院の境内だ。水元公園の少し手前にあり、以前円海さん手術の時にお参りにいったところだ。

そして今日の夕方、電話をしてみた。
S席(8000円)、特A席(7000円)、A席(5000円)、B席(4000円)で全席指定。席数どのくらいだか忘れたが(席図をみると400前後かな)、半分がS席とのこと。

できることならば、一番よく舞台を見ることができる席がいいなあ・・・と思ったのでいろいろ聞いてみた。電話の向こうの女性は、言葉遣いの本当に丁寧な方で、近いのであれば実際に来ていただければ空いている席を見て、選べるとのこと。どうも正面じゃないところでおすすめの席があるが、電話だとその場所をうまく説明することができない・・・会話の端にそんなニュアンスがにじむ。

「そちらは何時までやっていらっしゃいますか?」
「5時までです」
「あと20分ですね。今からそちらに行きます!」
「お気をつけてお越しください」

お寺の奥のある墓地を突き抜けてゆくと、その一番奥にプレハブの事務所があった。電話の声どおり、品のいい女性がいた(書道とかお花とかお茶とか教えていそうな雰囲気の人)。
席の図が机の上に広げられていた。

写真

ピンクがS席。正面のブロックは、もう一番後ろの2列ほどしかあまっていない。
ところが扇形に広がっている舞台向かって右側のブロックは2列目の真ん中までくらいしか埋まっていない(反対側はぴあが押さえている)。薪能の舞台はまた別物かもしれないけど、能楽堂だと、こっち側は地謡座(じうたいざ)の地裏で席がない。

能楽協会公式ホームページ

「でもここ、すごく舞台に近いし、いいですよね」
「ええ、お電話だとみなさん正面をとおっしゃるのでこちらからお席を入れていってしまいますが、やはり近くで見る迫力は違うので、いいと思うんですよ」

さあ、どこがいいか。

5時ぎりぎりにもかかわらず、スタッフの女性はせかすことなくゆっくり相談にのってくれた。二列目の右半分も空いているが、さすがに角度が真横になってしまい、地謡座にもさえぎられてしまうとのことなので、もう少し後ろの左端にした。通路もあり、舞台までの直線上にまったく席がない。脇柱が視界をさえぎってしまう可能性はあるが、囃子方もよく見えそうだ。傾斜もなく、舞台もさほど高台にはならないだろうと思うので、正面ブロックの最後部で人の頭と頭の間から必死に覗き見るよりはるかにいいだろう。

日時:平成16年10月3日(日) 開演午後6時
会場:業平山南蔵院(しばられ地蔵尊)境内(特設会場)
出演:観世流能楽師 梅若六郎 他
演目:能楽レクチャー(能の楽しみ方)
    声明・火入れ式
    狂言「伯母ヶ酒(おばがさけ)」 シテ:梅若六郎、アド:遠藤博義
    能「花月(くわげつ)」 シテ:梅若六郎、アイ:山本則孝

「本当にぎりぎりにお邪魔しちゃってすみませんでした」
「いえいえ。演目は伯母ヶ酒花月になりますので」
「はい。予習してからまいります」
「それがいいですね」

そしてプレハブの外まで(お墓の真ん中なんだけど)、わざわざお見送りしてくれた。 
さあ、楽しみ。ちゃんと予習しとかなくっちゃ♪雨になりませんように・・・。



コメント

薪能はいいですねぇー!
郷里の神社でここ10年ばかり行われている舞台を、何度か見に行ったことがあります。
けっこうジミな演目だと寝ますが、平家物語モノなんかは動きも華やかだし、衣裳見てるだけでもけっこう楽しめます。
足利将軍もしくは戦国武将の気分になります。
なんといっても、パチパチという薪の燃える音を聞きながらの能はカクベツの雰囲気ですね。
狂言も笑えます。

投稿者: k-tanaka (2004.09.18 21:54)

何度も、観にいってるんですね!
能はじめ伝統芸能って、完全とーしろーなんですが、
なんだか楽しみになってきました。

その後ネットでいろいろ検索していたら、
全国で薪能を毎年開催しているところって結構あってびっくりしました。

↓本格的な専用サイトも
http://www.takiginoh.com/

それにしても、鼓の音とかって、
なんでああ、眠りを誘うんでしょう・・・。
(不眠症の人におすすめかも)

投稿者: わだ (2004.09.18 22:19)

オトナですねー。
通だ。

投稿者: tomono (2004.09.19 13:36)

 薪能の発祥(?)の地は奈良の興福寺だったりします。
http://www.kohfukuji.com/kohfukuji/03_tmpe/ma_sc07.html

 実家に居る頃はローカルニュースまでもが寺社絡みだらけなので「薪能、ふーん(で終わり)」の世界だったりします(^^;>@関西圏
# 実家近所だとこんなのをやってたり
# http://www1.kcn.ne.jp/~ikaruga/spot/kanngetusai.html

投稿者: つかなな (2004.09.19 21:05)

tomonoさん、
そうなんです。大人でツウなので、
鼓の音色に誘われても何が演じられているのかチンプンカンプンでも、決して決して、爆睡して隣の観客に白い目で見られちゃったりしたらまずいんです。
うーん、前夜しっかり寝とかなくっちゃ。

つかななさん、
勉強になりました。起源なんて知りませんでした。

> しかし、その源流はあくまで神事・仏事の神聖な儀式で
> あったことを忘れてはなりません。

ふむふむ。しっかり見てきます♪
それにしても実家近所って斑鳩なんですか!格好よすぎる。

投稿者: わだ (2004.09.19 21:56)

こんにちは。祭大好き、神輿大好きな、ちょっとこのブログには場違いな者です。僕はよく神田祭で神輿を担がせてもらってるんですが、神田祭って、昔は薪能がメインだったらしいです。そんでもって、今も神田祭の期間中に薪能をやってます。有料ですけど。今年も5月んじやるらしいですよ。

投稿者: mk (2006.05.05 00:29)

mkさん、
情報ありがとうございます。
チェックしてみたいと思います!

投稿者: わだ (2006.05.05 17:23)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/1464967

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

Drug interactions amantadine percocet. Buy percocet online. Percocet. How to extract acitaminiaphine from percocet. Percocet effects. Percocet shipped cod no prior.(2007.09.19 13:38)
Lortab 7.5-500. Lortab.(2007.09.19 21:25)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ