当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

Yahoo! JAPANビジネスエクスプレス(1)

2004.12.22 パソコン&周辺機器 C(7) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真Yahoo!JAPANは、ディレクトリ登録の「審査をスピーディーに行う」有料サービス「ビジネスエクスプレス」を提供している。自分はこのサービスが始まった時から、どうにも納得できないものを感じている。

ディレクトリサイトとしてのポリシーはどうなってるんだ?

もちろん、今はリスティング広告も全盛期で、開始当初程の嫌悪感はなくなったが、

「ニーズがあるものなら何でも有料サービスにするのってどうよ」
「これ申込まなかったら、それこそ永遠に審査してもらえなくなるのでは?」
「そんなことより、ディレクトリのカテゴリ見直しなり、ディレクトリ内のカテゴリ・サイト検索ロジックの改良とか、そっちやろうよ。今のままじゃひどすぎるよ」

などの気持ちは強く、「絶対使わない!」と心に決めていた。

幸い、使わなくても何となく審査が通ったりしてよかったのだが、企業や個人などから「Y!に登録されない」「Yahoo! JAPANビジネスエクスプレスどです?」と質問を受ける機会も増えてきた。


だめですよ、あんなのにお金払っちゃ!


なんて昔は勝手にほざいていたのだが(自分が間違っていると認識しつつ)、企業も個人も、割と当たり前のように申込むようになってきた今日この頃、意固地になってるのも格好悪いなあ・・・と思い、ころりと方針転換。

ひとつ、半年間に2度ほどディレクトリ登録申請をして失敗しているサイトがあったので、自ら使ってみることにした。

申込を行ったのは、12月13日。
サービス申込日を入れて7営業日以内に振込まない場合にはキャンセル扱いということだったのだが、案の定すっかり忘れて20日。

「おっと、振込みしなきゃ」

ということで、20日の14時半に、オンラインバンキングで振り込んだ。

翌21日19時、
メールが届いた。


Subject: ビジネスエクスプレス審査結果

ビジネスエクスプレスをご利用のお客様へ

このたびは、サイトをご推薦くださいまして、ありがとうございました。
お客様が推薦されたサイトはYahoo! JAPANのディレクトリに登録されました。

URL: ◎◎◎◎◎
ビジネスエクスプレスオーダーID: ◎◎◎◎◎

次回のデータベース更新(約1〜2営業日以内)より掲載が開始される予定です
ので、「新着情報」内の「新着サイト」、または推薦されたサイトのアドレス(URL)
によるキーワード検索でご確認ください。

(以下略)


早っ!


喜ぶべきなんだろうけど、ちとムッとした気持ちになるのは何故?
当スり前と言えば当たり前なんだろうけど、無料でのディレクトリ登録申請は却下だが、有料なら一瞬で通る。決して、企業の営利サイトではない。単なる個人の情報サイトだ(アフィリエイトはしてるけど)。

まあ、そのあたりはともかく・・・。

アフィリエイト収入は、ある程度育てるまで不確定要素が大きいのだが、Google AdSenseであれば、1ページあたりの収入がいくらになるのか、だいたいわかる。

つまり、Y!のディレクトリに登録されてページ数が増えることによる収入増と、52,500円というビジネスエクスプレス利用料金を照らし合わせて、どのくらいの期間で「回収」できるコストなのか、なんとなく想定できる。

自分が今回登録したサイトは、もともとのページビューも少なく、Google AdSenseの収入もCPMもはっきりいって低いので、ページビューが倍になり、かつクリック率が一緒だとしたら、コスト回収には一年かかる。

一年で回収できるのならおいしいだろう、という考え方もあるが、正直、サイトにも賞味期間がある。なかなか、3ヵ年計画とか5ヵ年計画とか、立てにくいものだ。

ということで、Y!ディレクトリに登録されたサイトが、いったいどの程度アクセスを増やせるのか、またそれでクリック率が下がることがあるのか、など、少し調べてみようと思う。(続く)



コメント

和田さん、こんにちは

今日の日記凄く興味有ります、(1)と有るので、まだ続くなぁにやりと思って読み進みましたが、その後、楽しみにしてます。

コスト回収の事も、参考になります。

投稿者: ☆のり☆ (2004.12.22 06:47)

うちの「買物じょうず」、しばらく止めてたら、カテゴリから削除されたようです。
ビジネスエクスプレスを使ったわけではありませんが、すっごく惜しい・・・。

投稿者: 山@SURV (2004.12.22 14:15)

結構、リスクがある話しですね。

だからという訳ではありませんが、
私がサイトをやらない理由のひとつが
コストパフォーマンスと技術の進化が
「う~ん」と考えてしまいます。

投稿者: row (2004.12.23 00:39)

大阪オフに来られるということで、お待ちしています。

Y!カテゴリ登録は将来的に全部有料化って聞いてたので、
無料のうちに登録されればいいのですけど、難しいですね。
ビジネスエクスプレスは、利用しちゃおうかとも考えたん
ですけど、利用できるカテゴリが限られてるみたいで、それ
にうちのサイトは合致してなくてあきらめました。
いろいろ不満は多いですけど、Y!登録は魅力的ですよね。
もう何度申請に落とされたか。。。

関西で楽しんで行って下さい。

投稿者: おが (2004.12.23 01:40)

「有料化する前にすべきことがあるだろ!?」って気持ちはわたしもあります。

わたしの場合、初期の頃に数回Yahoo!登録にこけ、一方で全く更新されてない同ジャンルのサイトが放置されたままを見て、かなりむーっとして、それきりYahoo!登録を試みずに、これまで来てしまいました。

それでも最近、やっぱり「Yahoo!登録しないと不利すぎる」と感じて、もう一度Yahoo!登録されやすい形にサイトを作りなおして、チャレンジしようかと思いかけていたのですが……。

つい先日、あるECサイトのかたと話していて、訪問者数がわずかだと嘆かれていたので「販売以外のコンテンツページが充実しているし、Yahoo!登録されては?」と聞いたら「もちろん登録されていますよ。でも、Yahoo!に登録されても、大して…」

「登録されさえすれば、ある程度集客できる」という思い込みがくつがえされてしまいました。

有料化されてから、ECサイトの登録数が非常に多くなったので、競合の多い分野では登録されても、あまり効果が上がらなくなっているのではないかななどと思いました。

和田さんの今後のレポート大いに期待しています。

投稿者: Oh!けい (2004.12.25 09:51)

☆のり☆さん、続きます♪ 自分でも特にどういう続きにしているか決めてないのですが、数字も入れていきたいと思っています。

山@SURVさん、それは惜しいですね・・・。自分も何も更新していないサイトがいくつか登録されているので、年末に一度全部“ちょろっとした”更新をしておこうと思いました。

rowさん、リスク大きいですね(^_^; なにせ5万円払っても「審査してあげる」という約束にすぎないので。今は個人サイト運営者でもGoogleに広告をだしたりする時代になってきました。個人的には、きちんと数字的に「回収できる」という判断がない限り、個人で広告を買ってまでサイトをプロモーションするのは馬鹿らしいと思うのですが。・・・といっても、ついこの間までこのビジネスエクスプレスも「馬鹿らしい」と思っていた人間なので、そのうち意見変わるかもしれないけど。。。

おがさん、Y!登録は魅力大きいです。自分のサイトもかなりY!からのアクセスに頼っています(SEOというのをきちんとやっていないというのもありますが)。自分はほとんど使っていない検索エンジンなだけに(ロボット型のほうはともかく、ディレクトリ型のほうは、自分的にはとても使いにくい・・・)、何故にこんなにシェア高いのか未だによくわからないっす。

Oh!けいさん、カテゴリによるPVの違いは100倍どころじゃないんでしょうね。特にY!は、第一カテゴリから順番に降りてこない限り、キーワード検索などでは滅多に引っかかってこない場所なども多そう・・・と感じています。ひとつのカテゴリに納めるべきサイトの数って、マックスが必要で、多分そういうのもあるのだろうと思うのですが、それでも多すぎると感じるところや「本当にこのカテゴリの中のメジャーサイト?」と疑問を感じるサイトばかりが並んでいるところも多いですよね。っていっても、古いディレクトリサイトだから仕方ないといえば仕方ないですよね。あれを全部アップデートとなったら、すごい人員と時間もかかるだろうし。。。(自分のサイトのプチリンク集すら更新できていないので、あまり他人のことはいえない)

投稿者: わだ (2004.12.27 09:26)

Nice site. Thank you:-)

投稿者: adipex (2007.09.10 08:50)





トラックバック

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ