当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

Amazonギフト券で送金

2005.01.17 日記・コラム・つぶやき C(8) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真飲み会でお金を借りた。
「じゃ、明日会社で渡すから・・・」ではなく、ブラウザを開いてぴっと送金。手数料は無料。そんな風景が当たり前になっているのがオンライン銀行などの社内だ。振込みをすれば相手にメールも届くし、小銭をそろえる必要もなく、ちゃんとログが残る。

さて、それとは話が別なのだが、今回自分は「Amazonギフト券」でお金を払ってもらうという体験を初めてした。

ブログを通じて知り合ったある方に依頼されて、一冊、「徹底マニュアル」を送ったのだ。代金振込先として、一応自分のメインバンク(古巣)である三井住友銀行の口座番号を書いた。よく都市部にいる人は誤解をするが、都銀はどこにでもあるわけではない。念のため、使っていないが郵便貯金の口座番号も書いた。ソニー銀行の口座ももちろん持っているが、あれは完全に定期預金用なので、細かいお金のやりとりを行いたくない。

「しかし、振込にいくのも、正直面倒だよな・・・」
「たかが1890円を送るのに振込手数料かけさせるのも悪いな」

で思いついたのが、Amazonのギフト券で支払ってもらうと言う方法だ。

本は毎月何冊も購入するので、現金でもらってもギフト券でもらっても自分的には一緒。
メールアドレスさえ知らせれば、それで送ってもらうことができる。

相手側も、クレジットカード入力は必要だが、あそこならセキュリティ的にも個人情報保護という観点からも、比較的安心できる。いや、詳しくは知らないんだけど、そんなセキュアなイメージがある。グローバルスタンダードな基準で社内体制整えていそうだから・・・。

ということで、

・銀行振込
・郵便貯金振込
・Amazonギフト券

という、3つの支払手段を書いた。
相手が選んだのは3番目の「Amazonギフト券」だった。

お金の遅延は大嫌いなので ^^)(性分上)
アマゾンのギフト券をメールに送信いたしました。

というメールの直後に、Amazonからもメールが届いた。

Subject:●●●●●様からあなたにAmazonギフト券が贈られました!

Amazonギフト券をお送りいたします。このギフト券は、Amazon.co.jpで商品をお買い求めの際にご利用いただけます。このギフト券の贈り主については、以下をご覧ください。

ご注意: Amazonギフト券を使用してご注文なさるときに、以下のギフト券番号が必要になりますので、このメッセージは削除せず大切に保管してください。

Amazon.co.jpでのお買い物をお待ち申し上げています。

*******************************************

受取人: 和田さま
金額: ¥1,890
差出人: ●●●●●
ギフトメッセージ: まだ、本は届いていませんが
取り急ぎ送金まで

ギフト券番号 XXXX-XXXXXX-XXXX
有効期限 14- 1- 2006

Amazonギフト券の使い方は簡単です。

1. Amazon.co.jp(http://www.amazon.co.jp)にアクセスしてください。

2. 購入したい商品が見つかったら、[ショッピングカートに入れる]ボタンをクリックして商品を選びます。

3. 商品を選んだら、[レジに進む]ボタンをクリックし精算を開始します。支払方法をお選びいただく際にAmazonギフト券でのご購入を指定できます。このEメールに記載されているギフト番号を入力してください。

お手元のAmazonギフト券を使いたいが、ご購入なさる商品がまだ決まっていないお客様はhttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/redeem-gc/-/XXXX-XXXXXX-XXXXに移動してください。次回のお買い物でギフト券をご利用いただけます。(後略)

まだすぐに本を買うということではなかったので、とりあえず一番最後のURLをクリックして、ギフト券残高を登録しておいた。これで、次に買い物時に、それを使って支払いができる。アフィリエイトで獲得したギフト券も結構たまっているので、何か電化製品を買うという方法もあるだろう。

Amazonギフト券。

500円以上のお金を受け取る場合に便利だ。
メールアドレスさえ伝えておけば、こっちの本名も銀行口座も教えなくていいので。

メールアドレスで送金できるサービスとしては、イーバンク銀行のメール送金サービス「メルマネ」とかもあるけど、まだ必ずしも相手が口座を持っているとは限らないしね(オークションとかやっている人なら持っていそうだけど)。



コメント

この方法、小額決済にも使えそうですね!
勉強になりました!

投稿者: 山@SURV (2005.01.17 11:53)

早速 記事にしていただき
すごく参考になりました。

この金権が本当のお金に換金できると
便利ですよね。

そんな日がくるのかな?

そうすると、もっとネットでの
お買い物が便利になるのになあ。

そう思う
きたやまでした

投稿者: きたやま (2005.01.17 11:58)

山@SURVさん、
そう、何が小額決済に使いやすいかな・・・とずっと考えていたんです。アメリカだとメール送金は相当一般的になっているとも聞いたことがあるんですが。。。
ソニースタイルとか、他のショッピングサイトでもギフト券プレゼントというのがありますが、自分がしょっちゅう利用するわけでないところのギフト券もらっても困りますしね。Amazonなら、1500円以上送料無料というのと、本ならどこで買っても・・・ということで、受け取るほうとしてはありがたいです。

きたやまさん、
ですね!そうなると、電子マネーというあたりになってくるのかもしれないですね。Edyギフトというものがあるんですが、個人間で電子マネーをやりとりできるものではないので(まあ、そうなると銀行業務になっちゃうのかな)、もうちょいな感じもします。
http://www.edy.jp/gift/

投稿者: わだ (2005.01.17 12:11)

ストーカーみちるです
何かNIFTYSERVEのアクセスギフトみたいな感じですね。
(niftyには以前(今は知らない)nifty使用権を5百円単位で相手に贈るシステムが有ったのです)
今度オークションやるときにこれ使おうかしら…
勉強になります。

投稿者: みちる (2005.01.17 22:09)

アクセスギフトは、私も使ってましたが
約10年くらい前の話ですので
今はシステムが全く違うかもしれません。

ニフIDが解れば、送金出来るのが特徴でした。

高校時代に友人に貸した数万円を
社会人になっても、なかなか返してくれないので
アクセスギフトで返してもらったという事が
ありました。

投稿者: row (2005.01.17 23:40)

みちるさん、rowさん、
ありましたね!私も意味なく誰かとやりとりしたような記憶があります。単に使ってみたくて・・・。そう考えると、小額決済手段はそれなりにいろいろあるんですね。

投稿者: わだ (2005.01.18 10:10)

和田さんこんにちは

ギフト券の話しも、とても参考になりますが、和田さんのお話しの楽しく為に成るところは。。。

>よく都市部にいる人は誤解をするが、都銀はどこにでもあるわけではない。

こんな一文でも有るかと思います、転勤族で主人に付いて転勤してますが、ほぼ政令指定都市しか住まないにも拘らず、都銀まで遥か距離が有る事も多く、都銀って、本当の意味で中心にしかないなぁなんて何時も感じたりします。

ともあれ、ネットでお金や金券が動かせる事は、私にとってもとても便利なツールのひとつです。

投稿者: ☆のり☆ (2005.01.18 22:50)

☆のり☆さん、
自分は、うちの裏手はずっと田んぼという水郷地帯の出身なのですが、東京で暮らすようになって10数年、必要なものはそれこそ何でもそろってる環境に慣れちゃいました。
地元に戻るとやはりいろいろ不便で「東京って、ほんとすべてのものが極度に集中して存在してるよな」と思います。
でも、ネットで検索してものを買ったり、銀行振込とかできるようになって、その便利さの格差も、かなり解消されつつある気がしますね。

投稿者: わだ (2005.01.19 10:17)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/2601387

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ