当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

渋谷ではたらく社長の告白

2005.04.03 本&音楽 C(7) TB(11) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

渋谷ではたらく社長の告白多分誰にでもあると思うが、時に「何やってるんだ・・・自分!」と、自分の不甲斐なさや、無為に過ごしてしまった貴重な時間を振り返って、激しく自己嫌悪に陥ることがある。ついでに言うと、この後どうするべきなのか、道が見えなかったりすると、蛸壺(たこつぼ)入りだ。

そんな状況がここ数ヶ月続き、さすがに昨夜は煮詰まっていた。久しぶりに「東京天然温泉 古代の湯」でも行こうと思い、ちょうどAmazonから出版日当日に届いてた本が玄関にあったので、それをカバンに入れて送迎バスに乗った。

本は、サイバーエージェント社長の藤田氏が書いた2冊目の本。

渋谷ではたらく社長の告白

藤田 晋

アメーバブックス 2005-03-31
売り上げランキング : 1

おすすめ平均
経営者の素顔
起業の経緯
行き当たりばったり

Amazonで詳しく見る by G-Tools


自分は、98年から検索エンジンの広告営業部門にいたので名前は以前からよく知っていたが、強く興味を持つようになったのは、昨年のアメーバブログ内でのブログ「渋谷ではたらく社長のblog」を読むようになってからだ。サイバーエージェントのコーポレートサイト内で綴っていた日記も有名だったが、その頃はベンチャー社長日記ならではの気合の入ったものだった印象があったので、時にお茶目な社長ブログは、藤田氏やサイバーエージェントへの印象を変えた。

過去記事:アメーバブログ(2004.09.22)

本は面白い。ブログを読んでいても、人に読ませる文章を書くのが好きな人だということがわかるが、起業家としての半生を綴っているこの本も、気張りや誇張は感じず、読み物としてぐんぐんと読み進めることができる一冊だ。成功本ちっくなものは実は苦手な自分だが、説教臭さも、読んでいて疲れるような過剰に自信に満ちた成功法則のようなものもなく、淡々と「いったいこの短い期間に、なにがあったのか」が書かれている。「社長失格」もそうだが、単に著者の体験を知るということだけでなく、インターネットビジネスの幕開けという、特別な時期に、いったい最前線ではどんな動きがあったのかを知ることができ、ネット業界の人に限らず、興味深く読めると思う。

・・・と書きつつ、やはり単に読み物として楽しむという感じではなくなってくる人も多いだろう。だんだん最初に書いた「それに引き換え、自分は一体、何やってるんだ・・・」という気持ちが強まってくる。自分も読みながら、妙に感情移入して、エキサイトしてしまった(古代の湯で長風呂した後、生ビール飲みながら読んでいたためでもあるが)。

高校の時に起業家としての夢を抱いた藤田氏は、その後、大学時代にはバイトの営業マンとして高い実績を積み、新卒で入社したインテリジェンスを1年後に退職して会社を立ち上げる時には、社長からの出資申し出をもらうほどの評価を得ている。

99年くらいからの話は、自分もその頃何をしていたか思い出しながら読めた。オフィス移転の話が書かれていた。当時の社員数からみて、あまりにも広すぎる立派なオフィスに移ったため、当時の新オフィスを訪問した担当者はすごかったよ、あれは・・・と、帰社してから驚愕のオフィスの報告を他の人間にしていた。あれは続かないよな、なんて声もあがっていた。ガラスの城だよ・・・と、他のネットベンチャーの人と飲んでいても、話のネタになっていた。

自分も、「実際のとこ、どうなんだろう」と思いつつ、総合商社や大手広告代理店出身者が転職しているという話を聞くと、そんな人に(社長より年上の場合もあった)安定した身分を捨てさせ、転職を決意させる若い経営者の器は、半端じゃあないよな・・・と思ったりもしていた。

あれ・・・何の話だったっけ。

そうそう、そんなオフィス移転の話とか、ベンチャー企業が勝ち残るために最重要課題ともなる人材リクルーティングの話とかが、それらを経営者としてどう考えていたのかを読むことができ、非常に興味深い。

「告白」という書名は、後半、ネットバブル崩壊に差し掛かったあたりに入ると、そのニュアンスがわかるようになってくる。



私の心はずたずたでした。なんとかこらえてはいたものの、
本当は涙がこぼれ落ちそうでした。
人生を賭けて、命がけでやってきたつもりでした。
たった一つの自分のプライド─会社経営─それに全く自信を失くしてしまいました。
世界中で、誰一人として味方はいない。
孤独でした。

(中略)

そんな自分の生き方が本当に正しかったのか・・・。
自分の望んでいた人生はこれだったのか・・・。
そのことすらもわからなくなっていました。
28歳の夏の終わり。
私は行き場を失っていました。

多分、「いやいや、ああいう人は元々才能があって、自分なんかとは器が違うから・・・」なんて思う人も多いだろう。それは確かに器は全く違うよな、と自分も思うけど、そういう能力とか器用さとかじゃなく、「これがやりたい」という強い思いが、ものや人を動かすし、結果としてその人の人生を充実したものにする。挫折や失敗の話、葛藤なども散りばめられた本を読みながら、そう思う。

その点については、「自分には無理だから・・・」などと、言い訳できない。
なんとなく逃げている自分をちゃんと見つめないとなと思ったりする。
(先日その点を突いてくださったKさん、ありがとうございます・・・実はずぶりと深く刺さってました)

・・・ってことで、オススメ。
ブログをまず見て、「これは面白いかも」と思ってから買うってのがいいと思う。

渋谷ではたらく社長の告白
藤田 晋

アメーバブックス 2005-03-31
売り上げランキング : 1

おすすめ平均
経営者の素顔
起業の経緯
行き当たりばったり

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ああ・・・自分も頑張ろっと。
くさっていちゃあ、悩んでいるだけじゃあ、時間の無駄だよね。
まずは何がやりたいのか、真剣に考えてみよう。職探しはその次だな。


追記:同じくアメーバブックスの本では「イージー・ゴーイング」もオススメ(書評はこちら

追記:イージー・ゴーイング 山川健一氏の関連記事はこちら



コメント

>ああ・・・自分も頑張ろっと。
>くさっていちゃあ、悩んでいるだけじゃあ、時間の無駄だよね。

多分、自分の時間に無駄な時間はないんじゃないかなーとか思ったりしますけど、気持ちは重要でしょうね。

人それぞれでしょうけど、「がんばってなくて、これだけできちゃうの!」って感じなんですけどねー。

投稿者: Key (2005.04.04 12:07)

わださん、こんにちは。
同じ本を同じ時期に、まるで違うシチュエーションで読んでいました。
温泉入ったあと生ビール飲みつつ・・・がいいに決まってます(笑)
自分の記事の中に「ベクトル」という言葉を使ったので
あらためて意味を調べてみたら、【大きさと向きをもつ量】でした。
方向性が決まってもやる気や能力が達しないと、
自分の望む方向へ進んでいけないし、その反対も然りなんだな、と。
この本を読んで、「強い思い込み」ってピュアでいいなと思いました。

今のままでもすごいのに、も少しするとバージョンアップしたわださんが現れたりして。
それもまた、楽しみです♪

投稿者: サハラ (2005.04.04 18:26)

Keyさん、
そうですね。ただ何ていうのか、自分で地面にチョークで円描いて、その中でジタバタしてる感じはあって、気持ち的につらいってのはありますね。とりあえず、これと耳鳴りをなんとかしないとな。

サハラさん、
Amazonでも1~2位ですし、きっと今読んでいる人も多いのでしょうが(アフィリエイト・ポータルネットのあびるさんも読んでました!)、アメーバつながりのサハラさんと一緒に読んでいるというのは、なんか嬉しいですね。アメーバやってなかったら、多分ホリエモン本と同じく「へー、出したんだ。多忙な人だからどうせゴーストライターだろう」なんて思って終わっていた可能性高いので。
ベクトル大切ですね。自分も「方向」というイメージしか盛ってなかったですが、確かに大きさと向き、そんな風にならった記憶がぼんやりと・・・物理で。
バージョンアップつか・・・パフォーマンスアップ兼ねて、初期化したい気持ち。いや、でもバグが多いからやっぱバージョンアップが必要かな?(笑)

投稿者: わだ (2005.04.05 02:37)

私もあなたのように、心に突き刺さったものがありました。

投稿者: BON (2005.04.12 23:50)

BONさん、コメントありがとうございます。
しばらくダウナーな気分だったんですが、最近、自然と内側から頑張るパワーがでてきていて、なかなか快感です。
本に影響を受けたのは、結構久しぶりです。

投稿者: わだ (2005.04.14 14:44)

TB&コメントありがとうございます。
有名な方からコメントを頂戴できるなんて、ブログやってて良かったと思いました。

藤田社長もすごいけど、和田さんもすごいです。
ニートになってしまうと書いてありますが、いろいろなところに出向いて精力的に活動されているんですね。
ブログ読んでいると、勉強になります。
これからもがんばってください。

P.S.
すみません。ミスって何度もTB送ってしまいました。削除していただいて結構です。

投稿者: Leo (2005.04.14 19:53)

Leoさん、
こちらこそありがとうございます。
実は藍玉さんの「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」書名で検索した時にも訪れたブログだったので、ちょっと親近感わいていました。

こちらは単なるフリーランスみたいな人間です。
今後ともよろしくお願いいたします。

TB削除しておきました。
私も今日、知人のブログにTBトリプル打ちしてしまいました。

投稿者: わだ (2005.04.15 00:35)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/3544700

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

ここ数日、吐き気が続いていた。ふだん何を食べても、どんなに飲んでも「吐く」ことはなく胃は丈夫なのだと自分でも思っていた。ただ、吐き気で目が覚めることが数日続く...(2005.04.04 18:57)
気になる順位はここをクリック 藤田社長の「渋谷ではたらく社長の告白」を読んだ。 読んだ人皆が言っているけど、先が気になり一気に読んでしまった。 常に目標を高くあげてきた社長。 会社立ち上げ当時は、週に110時間働いていたというから驚きだ。 上場前の緊迫感 上場したらしたで、株価低下により株主からの非難 保有株式を社員に無償で配ってしまった結果、どこの会社の子会社にな�...(2005.04.09 20:59)
藤田晋「渋谷ではたらく社長の告白」を読んでみました。この本を読んでみると藤田社長がどれだけ頑張ってきたのかが伝わってきます。特に時間を決めて、仕事に打ち込む方法には感動しました。 例えば、「今日は0時まで働く」と決め、どんな仕事がはやく終わっても、その時間までは帰らないという方法です。こうすることによって、早く終わって暇になっても、何か仕事をしようと頑張ります。そうすることによって、常に仕事を見つけようとする努力する習慣...(2005.04.12 23:56)
タイトル:渋谷ではたらく社長の告白 出版社:アメーバブックス 著者:藤田晋 価格:1680円 著者の藤田晋氏は、サイバーエージェント社の社長。いわゆるIT社長だ。楽天の三木谷氏やlivedoorの堀江氏の影にかくれ、知名度は物足りなかったかもしれないが、女優の奥菜恵...(2005.04.17 00:40)
著者: 藤田 晋タイトル: 渋谷ではたらく社長の告白別にAmeba Blogを使ってるからって訳ではないのですが。。。 正直、藤田社長って、奥菜恵さんと結婚してから存在を知りました。 藤田社長のブログはここを使うようになってから読ませてもらってます。文章がとても読みやすいので、かなりお気に入りデス。この本が出るのも藤田社長のブログで知ったのですが、実は読むつもりはまったくありませんでした(^-^;&nbs...(2005.04.17 13:46)
先月発売された、サイバーエージェント藤田晋社長の告白本、 「渋谷で働く社長の告白」を、遅ればせながら読み始めました。 本日のエントリーは、まだ読んでいる途中にもかかわらず、 居ても立ってもいられず投稿しています。 まだ全部読み終えておりませんので感想は控えたいと思いますし、 読み終えても、恐らく感想はエントリーしないだろう、と考えています。 最初の数十ページを一気に読み進めましたが、 最初のページを読んだときから、既に胸が熱くなっていました。 感動という言葉は、あまりにも陳腐すぎ...(2005.04.27 16:00)
いつも応援ありがとうございます。今日は何位になっているでしょうか?------------------------------------------------------■今朝のカザフスタン:ウラルスク市:9時19℃:晴れ------------------------------------------------------また、ウラルスク市内ですご......(2005.07.09 20:24)
最近いやいや残業しなきゃとても終わんないよ、なんてどこの会社もみんな思ってますよね。 そういうオイラもそうなんですけど。 しかし!! 先週、古本市場で買ったこの本を読んだあとなんで、微妙に熱く頑張れております。...(2005.08.31 22:18)
最近毎日のようにFAUCHIONのアップルティー。 多分今まで買って飲んだものの中で一番ウマいかもしれない。え?ペットボトルで満足だなんて貧乏舌だと?放っといてくれ(笑) どこかでFAUCHIONの茶葉って入手できんのかぇ? それから、昨日会社の人から借りて読み始めた。.....(2005.09.02 16:53)
「渋谷ではたらく社長の告白」サイバーエージェント 藤田晋今日はこの本を読みました。なぜこの本を手にしたかは忘れてしまいましたが、すごくイイです。藤田さんといえば、「サイバーエージェントの社長」「元奥菜恵のダンナさん」「会社を辞めて独立したい!と言ったら......(2005.11.16 00:17)
blond, brunette blowjob (2007.07.11 23:34)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ