当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

Oisix生産農家見学ツアー〜“こだわり”野菜作り(3)

写真次に向かったのは、
無農薬・有機栽培に取組む飯田さんの畑。
既に田中さんのところでノックアウト状態だったが、こちらでの話も非常に濃厚。なんだか飽和状態になりそうなくらい。

ところで、この畑で作られているのは何でしょう?

写真

大根。
ここでは「有機栽培」についてお勉強。
有機JAS認証を受けるのは、非常に難しく、「2年以上前から農薬・化学合成肥料を使わない」など、その土壌・農法について厳しい基準がある。取得した後も、毎年検査があり、それをクリアすることが非常に手間のかかることなのだとか。

●その頃マミィさんは・・・

一例として、有機で認定されている畑に他の一般の畑からトラクターなどを持ってくる場合には、いちいち洗浄しないといけないという話があげられていた。雨が降った際、道路の水が畑に流れ込まないよう・・・などの指導もあるのだという。結果、150万とも言われている全国の農家の中で、認証を受けている農家はごく限られているのだと言う。

県別有機認定件数覧

写真

これは麦が植えられている。
小麦収穫用とかではなく、畑にすきこんで肥料とする緑肥用。他の畑であれば、この時期、緑肥を育てるのではなく、金になる作物を育てているだろう・・・とのこと。とにかく「土作り」に徹底的にこだわっている飯田さんの話は、熱い。

本当にいい土を作るため、いいと言われることは何でも試してきたと言う。

写真

「そんなにも大変な有機栽培を・・・」
「この辺では、変わり者だと思われているよ」

相当の異端児らしい。周辺の年配の農家の人達には「こっちに早く帰っておいでよ」と言われるそうだ。同時に若手からは、いろいろ質問や相談も受けるという。失敗したことは?との問いには、失敗なんて数え上げたら一晩じゃ終わらない、成功体験のほうがごく一部なのだと笑いながら言う。10年間の間、高い授業料を払ったことだってたくさんある。そして今、かなり満足できるところまできている・・・というようなことをいっていた(このあたり記憶あやふや)。

写真

生産者としては、大根と葉のバランスも非常に気にするそうだ。

そして消費者に、きちんと理解して欲しいことがあるという。
農薬を使わない有機栽培、どんなに努力しても虫が葉につくことだってある。
外側の葉に虫がついているなら、それをとって、内側の葉を食べる。
そういったことの理解・・・。

写真

満足げに、きれいに育った大根を眺める飯田さん。

写真

3本並べたが、見事なまでに揃っていて、虫のかじりもないきれいなみずみずしい大根。かじりたくなってくる・・・。

写真

「堆肥も見せてもらっていいですか?」と吉田さんが声をかけると、「堆肥を語らせたら一晩じゃ終わらないよ」と笑う。確かにすごかった。なんだか、大学の授業を受けているような感じにもなってくる。動物性、植物性原料をどう配分するか、炭素窒素比・・・どかどか押し寄せる話は、もうメモしきれない。理解できたのは、「人や動物とまったく一緒。どんな食べ物・餌を与えて、どうバランスよく上手に育てるか」ということ。
(注:このスリムで美人ぽい後姿は自分ではないです─念のため)

有機栽培に取組む人達との情報交換、勉強会のようなものがあったり、あとは本や専門誌など読んで様々な新しい情報も仕入れ、そして実践&試行錯誤している。そんな姿に浮かんだ言葉は、「求道者」だ。

写真

大根畑。

写真

こちらはサトイモ。大根畑もそうだが、ちょうど草むしりが終わった直後なので、きれいなのだという。
除草剤を使えば、朝の一時間くらいで終わる作業、それを使わない道を選ぶと、3人で2日間、ひたすら草むしりをしなくてはいけない。有機栽培ってそういうこと・・・。うーむ。

写真

こちらも、まもなくおいしっくすで販売予定のミニキャベツ。
有機栽培をしていると、虫の卵の産み方もよくわかる・・・と、蛾とモンシロチョウの卵の産み方の違いについて語る飯田さん。

写真

「早くしないと、ミニキャベツじゃなくって普通のキャベツになっちゃうよ(笑)」と言っていた。

写真

らっきょう畑に向かう一行。
うまくいってる畑と、そうでない畑がある。どっちを見る?両方見てみる?

写真

こちらが「高い授業料」と先ほど何度も話をしていたケースだと言う。
昨年新しく借りた畑。ここのところずっと上手くいっていたので、同じ方法・土でやったけど、結果はそんな甘くない・・・と。真ん中辺りが少し黄色っぽくなっているのは、成長度合いが今ひとつなところ。

写真

ところで自分、らっきょう畑初めて見たかも。こんな風になっているんだ!!

写真

抜いたらっきょう。香りがあたり一面にぷんとにおう。
ちょい前に、サハラさんのブログで見て「よし、今年は漬けよう」と思っていたばかりなので、興味津々。

写真

車で移動して、少しはなれた場所にある、うまくいっているラッキョウ畑のほう。
ほんとだ、わさわさ感が全然違う!同じ時期に植え付けしたものの、こんなに差が出る。離れたところに畑をわけて育てるのは、リスク管理でもあるのだという。

写真

「うちは、こっちのでお願いしますね!」と吉田さん&生産者連合デコポンの久野さん。

写真

畑を眺める三人。
目前に迫る「らっきょう収穫期」を考えているのか、顔がちょっと仕事モード。

そして、ここで飯田さんと別れて帰途についた。

いやー、勉強になりました。
吉田さん、久野さん、田中さん、飯田さん、
貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました!

微力ではありますが、
真剣にOisixアフィリエイト活動を支援したい、そんなキモチになってきました。


ってことで宣伝モードです。


Oisixアフィリエイト未提携の方、ぜひぜひ提携申請してみましょう。
LinkShare、A8.net、ValueCommerce、他・・・主要ASPどこ経由でも大丈夫です(確か)。
それぞれのASP毎にちょっとずつ条件違うみたいですが、LinkShareだと、おためしセット購入で期間限定55%のコミッションがでます。その後も通常コミッション30%とかなり高額なんで狙い目。


  ↑
商品リンクとか、

39image/100x100_5.gif
  ↑
バナーとかがある。

本人成果もOKなんで、この機会に「実質55%引き」でおためしセットを購入して、その体験レポートを書いてアフィリエイト紹介するっていうのが、説得力もあってGOOD。

よかったら、自分も体験レポート書いているので、ブログで記事書く人は、ぜひぜひトラックバックしてください!
 
 
+++
 
 
追記:肝心なことを忘れてました。おいしっくす吉田さんのメッセージ。


今回はたまたまお二人だけを招待してしまいましたが、

希望者がいたら、また企画します!

とのことです。
LS大見本市の時もそうでしたが、食べてもらえればアフィリエイト紹介に説得力が増すという強い自信があるとのこと。でも、なかなかそのためだけに一人でいろいろ購入するのも大変。・・・ってことで、後方支援として、アフィリエイトサイト運営者を対象とした「試食会」なども開催予定だそうです。興味ある方は要チェック。



コメント

感嘆。
今回のエントリには、度肝を抜かされました。
新たなブログ&アフィリエイトの可能性。
その大きな一歩。
ただもう尊敬。

投稿者: 山@SURV (2005.05.22 10:07)

おいしっくすの方も「アフィリエイトでも、産地まで見学に行っちゃうってのは滅多にない機会でしょう」と言って企画してくれました。
生産者の方々も、多分アフィリエイトって何のこっちゃだと思うのですが、「ホームページで、おいしっくすとおいしっくす取扱いの商品を紹介してくれる人達が生産地を実際に見てみたいというので・・・」との説明に、すごく熱心に時間をかけて丁寧に熱く説明してくれて、そのことが何より嬉しかったですね。

> 新たなブログ&アフィリエイトの可能性。

山@SURVさんは、いつも自分が文章にしきれていない「核」となっている思いを指摘してくれるから感動です。ご著書のECサイト事例分析とかがものすごく鋭くて濃いのも納得。

自分にとってのアフィリエイトは、初めて出会って「これはすごい!」と思った時からずっと変わっていないんです。
「売り手」「買い手」でお金とモノが反対方向に動いてゆくだけの関係ではない、新しい「企業」「消費者」の関係を作るきっかけ。個人でサイトを運営する「楽しさ」「満足度」「意義」をアップさせるスパイス。

でもまだ発展途上。

ブログは稼げるか?といったら、逆にアフィリエイトしにくい一面もあるんですが、「ブログ&アフィリエイトの可能性」はあると思っているんです。それを探っていきたいです。

そう考えると、商品力があってコンセプトが明確なおいしっくすが、「可能性を探る場」として最適だったりするんですよね。そんなレポートです♪

投稿者: わだ (2005.05.22 11:37)

Oisixの生産地にまで食い散らかしにいった管理人Wさんのブログはここですか?( ̄m ̄〃)

僕も誘ってほしかった>_<

ということで次回予約で^^;A

投稿者: でぃえら (2005.05.23 01:57)

人を芋虫かなにかみたいに・・・(^_^;。
次、きっとお誘いしますね!

全然関係ないけど、果物がりとか行きたくなったよ。幼虫だったころは、よく町主催の芋掘りに行ってました(100円だか500円だかの参加費で大量に芋持ち帰りができてお得なので、家族総出で参加していた)

投稿者: わだ (2005.05.23 02:14)

おお やっぱりわださん起きてた?( ̄m ̄〃)
今日は早く寝る予定が事情により,こんな時間に^^;A

果物狩りいいですねぇ
そういえばうちの周辺(といっても車で行かないとだめだけど^^;A)果物狩りスポットがあるらしいです( ̄ー ̄)ニヤリッ

それからうちの職場では年に一度芋ほりがあります.
まだ参加したことないけど^^;A

せっかくこんな辺鄙なところに来たんで一度くらいは行っておくか( ̄m ̄〃)

投稿者: でぃえら (2005.05.23 02:45)

今日の午後仮眠とったら、夜9時まで寝ちゃったんですよ。
明日は出社日だからちゃんと寝なくちゃいけないんだけど。
確かに、いろいろありそうだよね、そのあたり。

でぃえらさんとこツアー企画もいいね。
うち(金町)からだったら結構近いし。。。

この時期だと、
わらびとか採りに行きたいなあ。

ああ・・・思考散漫だ。やっぱ寝よう。

投稿者: わだ (2005.05.23 03:01)

ブログでのレポートの究極ですね。
感動しました!

投稿者: Key (2005.05.23 09:14)

実は直前にKeyさんの田んぼ記事を読みながら、
自分はこの後地元に戻ることとかあるのかなあ・・・と思っていたところだったので、なんかいいタイミングでの里帰りになりました。
(といいつつ、実家にも寄らず東京に戻ってきちゃいましたが)

投稿者: わだ (2005.05.23 09:46)

わぁ~、すごい見応えたっぷりの産地見学ツアーですね♪
個人的には生涯現役を目指して、5年後には山の民となり
田畑などを耕し【晴耕雨読】の日々を…なんて夢見ています。
もちろん、生産する厳しさは想像以上と思いますが。
oisixのお試しセットを購入後、まだレビューを書いていないので
「書こう!」とお尻を叩かれた感じです♪
それにしても、毎度毎度わださんのレビューには感服です。
「買い物嫌い」のワタシでさえ、買い物熱が発火してしまいました。

PS.先日漬けた「らっきょう」、らっきょうなら鳥取産に限ると言われ鹿児島産を漬けてしまったワタシは、鳥取産も漬けようかなと考えてたのですが、飯田さんちの丸々としたらっきょう見たら欲しくなっちゃった…。

投稿者: サハラ (2005.05.23 18:23)

サハラさん、
お褒めいただき、ありがとうございます!
いいなあ・・・素敵なライフプランです。サハラさんなら実現しちゃいそうですね。

私もらっきょう、予約しちゃおうと思っています。
http://www.oisix.com/Html.gift-W00003168_html.osx

投稿者: わだ (2005.05.24 00:14)

>実は直前にKeyさんの田んぼ記事を読みながら、

そうなんですか、ありがとうございます!

今回のレポートの中で、出身地のこととか、ご実家の畑のこととか、ある意味、以外な一面を見せていただいた思いでした。

>(といいつつ、実家にも寄らず東京に戻ってきちゃいましたが)

せっかくなので、次の機会には立ち寄られてみては?
(うちも、東京在住の弟と、奈良在住の弟が居ますので、ちょっとそんなふうに思っちゃったりしました。)

投稿者: Key (2005.05.24 11:43)

> 今回のレポートの中で、出身地のこととか、ご実家の畑の
> こととか、ある意味、以外な一面を見せていただいた思い
> でした。

昔住んでいた町の近くに偶然行くことになって、
ちょっとメランコリックになったのかもしれないですね。

今度近くに行ったら、
立ち寄ってみようと思います。
ありがとうございました。

投稿者: わだ (2005.05.25 04:07)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/4226449

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

ピーチかぶと、完熟小玉すいか マダーボールを見せていただいた田中さんの次は、飯田 幹雄さんの畑を訪問しました。 大根(葉切り) (2005.05.28 20:01)
次は飯田さんの育てるキャベツを見せていただいたのですが、畑までの移動の間、里芋もちょっとだけ見てきました! (2005.06.03 11:43)
次にまたちょこっとだけ見せたいただいたのは「ミニキャベツ」です。 (2005.06.03 11:44)
最後に見せていただいたのは、ラッキョウ畑です。 (2005.06.03 11:44)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ