スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

LinkShare米国視察研修ツアー(8)シンポジウム2005後編

写真そしてまたメイン会場へ。格好いい船がたくさん泊まっている。こんな船でサンセットクルーズしてみたい・・・。

ちょっと余談。先日、「いやー、仕事もアフィリエイトもそんな野心はないんだよね、生活できる分だけの収入があればいいし・・・」と語る自分に、知人が「何か目標を持ちましょうよ」とすすめた。


5年後にハワイにコンドミニアムを持つとか、早期リタイアして住みたい場所に移住するとか・・・。ふむふむと思いつつ、いくら考えても「ノートパソコンの買換え」くらいのプチ野心しか持てない自分だが、やはりそういう目標ってのがあるのは、張り合いになるのかもしれない。なんて思った瞬間。

写真

ちなみに、珈琲とかと一緒に置かれていたこれがすごく気になっていた。

写真

中に入っているのは、ティーバッグ。お洒落♪

写真

DealMakerが始まっていた。見本市というか商談会というか、各ECサイトが丸テーブルの上に自分のサイトのリーフレットや商品などを置き、それを参加アフィリエイト達が見てまわり、説明を聞いたりするというもの。

写真

こんな感じ。
人がいっぱい。

写真

リンクシェアジャパンもブースを作っていた。手ぬぐいがお土産になっていたのだが、英語では「とらでぃっしょなるすかーふ」と説明しているようだ。用途を聞いてくる人もいる。日本では軽い贈答品として馴染んでいるので、単なる布が一枚ずつのしつきで袋に入っていても当たり前だが、外国の人から見ると、何か特殊な用途のものだと思うのだろう。「これは普通にタオルのように使ってもいいものなのか」「イエス」「体とか洗ってもいいのか?」「イエス」

・・・なんか、納得したような納得していないような顔の米国人。日本文化は難しいかな。

写真

ひらがなとカタカナの違いをリンクシェアジャパンスタッフに聞いている人もいた。

写真

こちらは「FreeStyle Reward」。子豚がキュート。

写真

ユニークな電化製品や小物を扱っている「THE SHAPER IMAGE」。一日ツアーの時にシーフォートでショップに入り、かなり欲しいものだらけになっていたので、あとでサイトをチェックしなければ。ちなみに、今回招待されていながら渡米できなかった友人へのお土産はこれにした♪

写真

これは確か「PersonalizationMall.com」のテーブル。お金のなる木と題して、本当に1ドル札が折りたたんで入れられた紙の小さな封筒が木にぶらさがっていて、来場者が自由に持ってゆくという趣向になっていた。もしかしたら、10ドルとか入っているものもあったのかもしれない。

写真

これはネットでは有名な老舗オンラインフラワーショップ、「1-800-flowers.com」だ。

写真

お、デル!

写真

PETSMART

写真

Macy's

写真

AVON」ここでは、商品の詰め合わせみたいなものを紙袋でもらってしまった。太っ腹!

写真

あちこちのブースで見本やノベルティをもらっているYさん。遠くで他の日本人参加者と眺めていると、ノベルティを指差して、スタッフに何かを話しかけている。スタッフが笑顔で何か返している。そうすると夢子さんも笑って何かを話す。ふたりで商品をはさみながら何か頷いて、そしてYさんが御礼を言いながらテーブルを去ってゆく。

「ねえねえ、Yさん見事に会話してない?」
「いやー、あれは絶対英語じゃないと見ましたよ、Yさんのほうは」
「・・・すごいなあ。でも会話成立してるよ!」

本人曰く、「大丈夫。まったく問題なかった。通じるよ」とのこと。強い。強すぎる。たくましすぎる。多分誰よりも多く、ブースを回ってスタッフと会話もどきしていたと思う。(そのうちにブログに、戦利品の数々が並ぶはず・・・)

写真

はっぴを羽織る日本人チームメンバーの一人。似合ってる。

写真

続いている広間では、カクテルパーティーが始まっていた。

写真

テラスも相変わらず気持ちがいい。

写真

女性3人でビール乾杯!
左端はリンクシェアジャパンのマネージャー、初めて見るパンツスーツ姿のYさんは凛々しかった。

写真

乗船客が鈴なりの大型客船(遊覧船?)も通過していった。

写真

そして日本チームは会場を引き上げ、スペイン料理のお店に向かった。NYでも人気のお店だそうで、予約しないと難しいとか。オープンテラスになっていて、奥はとても暗くローソクの明かり。生演奏も入っていて、ムードも満点。

写真

飲み物はサングリアやワインなど。
今回招待されたアフィリエイター達、リンクシェアジャパンのスタッフ、そしてアップルの担当者チームでのディナー。

そしてホテルに戻り、Yさんの部屋で2時過ぎまでビールを飲んで過ごした。
長いような短いような全日程が終わった。


> 続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/4717348

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

朝、少し早めに起きて、ホテル近くのkmartでお土産を購入。その後、kmartから地下鉄乗り場のある地下街に出て、通勤客でごった返すなかをウロウロ。警官に加え、軍人らしき人たちも目を光らせていたのが、印象的。そのおかげで、もしかしたら、駅員や販売員しかいない日本......(2005.07.25 00:09)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ