当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

七夕は一年に一回の・・・

2005.07.07 日記・コラム・つぶやき C(9) TB(3) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真人間の何がすごいって、その想像力。昔、子供心に思ったのだが、星座に名前をつけたり、神話や民話と結びつけた人はすごい。

・・・だって自分、どう頑張っても水瓶とか大きな熊とかに見えないもん。点だよ、あれ。

まあそんなこと言っても嫌われるので、ちょっとロマンのある話。

七夕といえば思い出すのは、宇宙開発事業団が数年前に行ったあるプロジェクト。当時、友人が広報担当だったのでよく覚えている。

それは、七夕の日に、宇宙空間で2つの衛星をドッキングさせるというものだった。どっちかが織姫でどっちかが彦星。いろいろ打ち上げ失敗が続いていた時期だったこともあるのか、「ロマンチックだね」とメールをだしたら、胃が痛いというような返事が返ってきた気がする。

(失敗したら「一年に一回の七夕の夜に“出会えず”宇宙開発事業団またもや・・・」とか新聞ネタになっただろうから)

結果は見事ドッキングに成功

「七夕の夜に織姫と彦星を宇宙空間でドッキングさせるなんて、宇宙開発事業団もロマンチックだよね」

と言うと、こんな意見もあった。

「ドッキングって合体ってこと?・・・ロマンチックというより、直接的すぎて卑猥」

うーん、考えすぎな気がするんだけど。
 
 
+++
 
 
さて前置きが長くなってしまったが、そんな七夕の前夜に、ここ半年以上会っていない人からメールが来た。ホットスポット関連で知り合った若い男の子(いやもう20代後半とかなのかな?)。何かが普通の人じゃないんだけど、どういうわけだか普通に街中に潜り込んで一般人と同じように生活してしまっているような不思議な風情があって、いつか突然

「わださん、すみません。僕ずっとだましていましたが、本当は地球上の生物じゃなかったんです」

とか言われても、なんか納得しそうな感じ。
(ある意味、KASAIさんもすこしエイリアン入ってるよな)。

そんな非凡な彼のメールはやっぱり変わっている。
 

ところで突然ですが 七夕な明日 もし12時か13時ころ和田さんがご都合がよろしいようでしたら、恒例の(といってもまだ2年目ですが。。)自作うちわをお渡ししに行きたいのですがいかがでしょうか??
車で移動しておりますので 金町でもどこでもうかがいます。

 
 
恒例の自作うちわ?
 
 
そんな風習が、日本のどこかにあったのか?
そして、今日の昼、東京マージナル、金町までやってきたHさんと久しぶりの対面。

「なんで七夕に自作のうちわなの?」

パスタ屋に向かいながら話を聞いた。こういうことだった。

年賀状を毎年送り続けていても、それだけの関係になっちゃって全く会うことなく時間だけが経ってしまう人がたくさんいる。

確かにいるいる。でも年賀状には、「今年こそ会いたいね」とか書くんだよね。

じゃあ、一年に一回くらい、本当に会って話をする機会を作りたい。
それはやっぱり七夕しかないだろう・・・と。

おお、自作うちわはそのためのツールなんだ。

こういう「マイ慣習」を作っちゃうというのは、とても面白いし、なかなか会えない人と一気に会う機会をこうして作ってしまうという発想がやはり凡人じゃない。

ところでもうひとつ気になったことがある。
それはうちわの文様だ。

写真

グラデーションで薄くなってゆく青紫や緑の大小の円がいくつも重なり合っていて、そのいくつか濃くなっている中心部周辺に矢印が書き込まれている。幻想的な文様ではあるが、どう見ても「出会う」というよりは、一方がしつこく追いかけて、もう一方が逃げている、そんなベクトルだ。

「あ、それはプレゼンの時に作った図です。無線LANの基地局のまわりに・・・」

ここから先はロマンのない話なのですっとばすが、仕事のプレゼンを行うにあたって、その概要(というかコンセプト?)を示すために作った図だそうな。わずか10分ほどのプレゼンだったが、この図を作るのに、色合いなど悩んでものすごい時間をかけたため、「これだけではもったいない」と、うちわの文様に使ったとか。(矢印は電波らしい)
 
 
・・・やっぱ、発想がどこか非凡。
 
 
そのまま、近所のイタメシ屋でお昼を食べ、今日発売のハイビジョンハンディカム「HDR-HC1」の話とかして、Hさんは再び車に乗って、次の人のところにうちわを届けに向かった。

そういえば聞き忘れてたけど、
このために会社休んだんだろうなあ(笑)。

Hさん、遠方までどうもありがとう。
久しぶりに話ができて楽しかったです。
(某社のプレゼン図柄付)自作うちわ、大切に使わせてもらいます。



コメント

>七夕といえば思い出すのは、
>宇宙開発事業団が数年前に行ったあるプロジェクト。

これ、携わっていたエンジニアの人の話を聴いたことがあります。

>結果は見事ドッキングに成功。

リンク先に「ガス噴射装置の異常発生にプログラム修正で対応」とありますけど、そんな緊急事態を克服する様子は感動的でした。

投稿者: Key (2005.07.07 20:31)

すごい。
この人すごいです。

ものすごく心が純粋なのかも・・・。

だって、
「会わないんならそのまま会わなくて
いいじゃない。」
なんて言う人間が多い中、
年に1度”その日”を作ってしまうなんて。

ドラマ”電車男”を見た後なので
ちょっとダブらせて感動しやすくなっているかもしれませんが
でもこの人、やっぱりすごい。

来年も楽しみですね♪

投稿者: とことこ散歩 (2005.07.08 00:07)

Keyさん、
本当にこのあたりの話って、プロジェクトXですよね。宇宙開発事業団の人とか、開発・製造に携わっているいろいろな企業の担当者達とか、仕事に情熱をかける人達がいるんですよね、たくさん。

とことこ散歩さん、
実物に会ったら、きっとその印象がもっと強まるかもしれないです。メールもらった時「うちわ届けるのにわざわざこんなところまで来させちゃうのも悪いよなあ」と思って丁重に断ろうかとも思ったんだけど、そうしなくてよかったと話を聞いて思いました。自分も、ずっと年賀状の付き合いだけになってしまっているけどいつか会いたいなあと思っている人に、今度電話でもしてみようかなって思いました(でも唐突に昔の知人から電話があると、商品売り込みか宗教勧誘か、選挙応援依頼かと、一瞬びびることもあるんですけどね)
電車男見ました。コミカルなドラマなのに、あの応援シーンとか、何度もゾクゾクしちゃいました。

投稿者: わだ (2005.07.08 00:33)

わださん、こんにちは。
「念ずれば通ず」「思いは叶う」とかなりな思い込み派なのですが、
自作うちわを配って歩くお友達のことを読んだら、
『行動力』も必要なのねとあらためて思った次第です。
てことで、ゴーヤパーティは必ず実施しましょう♪

投稿者: サハラ (2005.07.08 12:15)

>一年に一回くらい、本当に会って話をする機会を作りたい。
それはやっぱり七夕しかないだろう・・・

心がズキッっときましたね~
私の結婚式以来13年間は
年賀状のやり取りだけですもんね~

年に数回は綾瀬まで出かけますので,
金町で会いたいですね。

投稿者: ぷにゃ (2005.07.08 18:08)

なんという素敵な方。
七夕の日にわざわざウチワを持ってきてくれるなんて。。

>どう見ても「出会う」というよりは、一方がしつこく追いかけて、もう一方が逃げている、そんなベクトルだ。

まさにHさんは矢印なのでは。。。と思いつつ、
でもそんなともだちわたしもほしいというかんじです。
すてきなウチワです。

投稿者: もさこ (2005.07.08 22:17)

宇宙はロマンの固まりですよね。名前が宇宙に由来しているからかもしれませんが、僕も昔から星座の伝説や宇宙開発に憧れを抱いてきました。何を隠そう、就職候補に宇宙開発事業団をリストアップしてたくらいです。

しかし、僕がエイリアン入っているって一体どこをみピポパレポポピプパポペピョ♪?
 

投稿者: KASAI (2005.07.08 22:21)

そういえばKASAIさんはマイクマンのほうが本当の姿でしたね ̄m ̄

投稿者: でぃえら (2005.07.09 11:36)

サハラさん、
次に会ったら日にち決めましょう!っていっても、それはゴーヤの生育次第か。ゴーヤパーティーなくして2005年の夏はありえない!くらいの気合で臨みます。

ぷにゃさん、
まさにぷにゃさんです。いつか会いたいなあと思いつつ年賀状かぎりになってしまっているのは。同時に一緒に遊んでいたのがとっても昔(小学生の頃)だから、会うと戸惑ったりもするのかなあ、いや多分すぐに昔の感覚になったりするんだろうなあとドキドキでもあるけどね。綾瀬はすぐです!是非次回!

もさこさん、
本当に素敵だなあと思いました。なんか自分も、こんな「マイイベント」考えてみたいと思ったりします。なにがあるかなあ。。。

KASAIさん、
そういえば、壮大なロマンを秘めた名前だったんですね。芸名?なんてからかっちゃあいかんですよね(笑)
しかし・・・笑わせてもらいました。

でぃえらさん、
マイクマンは、ピポパレ星雲の通称「マイク星」から地球にやってきたんです。普段は地球人の姿でひっそりと暮らしているのですが、夜19時をすぎると元の姿に戻るんです。

たまに孤独な影を感じさせるのは、多分、故郷の星への思いがこみ上げてくるからだと思います。
http://www.umisuzume.com/wada/wb0505-06/20050618_09.jpg

投稿者: わだ (2005.07.09 14:23)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/4868322

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

今日は七夕。 会いたいと願う人に1年に1度会える日。 ハタチそこそこの頃、サハラは小唄を習っていた。 「寅さんのおばちゃん」も同じ師匠のもとに通ってた。 おばちゃんはとてもきれいで、スクリーンの中にいる「寅さんのおばちゃん」とは違ってた。女優さんってほ...(2005.07.08 12:15)
8日に書けなかったので、ちょっと遅ればせながら、七夕ネタですぅ。 今年の埼玉県上空は曇っていて、織姫と牽牛の年に一度のランデブーは目撃できませんでした。残念。 今年はどんな願いをみなさん、かけたのかしらん? ●カンクリ さん の願いがかないますように! ●ぼっこしだいく さんの手作り笹飾り、プリティー! ●はる さんの七夕かざり、すごいよー! ●Sunbow さんの願いもかなうといいな。 ●ぼぅきち さんの分析、鋭すぎる。同感です。 七夕ってものすごくロマンチックな行事ですよね。笹に願い事を書いて...(2005.07.10 14:37)
一流のモデルが絶対知られたくない究極のダイエット法をあなただけに教えます106人のモニター全員がなんと!10日間で5Kgのダイエットに成功元 ファッションモデル・早乙女 唯 が語るカリスマモデルのスーパーダイエット!!しかも食べるのをガマンしなく......(2007.07.10 00:07)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ