当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

餃子梯子レポート in 宇都宮(前編)

2005.10.19 旅行 飲食店 C(7) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真宇都宮で餃子を三人前食べてきた。もちろん、餃子を食べに新幹線の往復券を買ったわけではないが、またしても大量の写真を撮ってきてしまったので、宇都宮餃子フォトレポートをアップする。(右写真は上野駅で乗車した「つばさ」)

写真
宇都宮駅に到着すると、窓の外に早くも餃子看板発見!
さすが餃子消費量日本一の街!!!

写真
東口に向かう通路の途中に、こんな横断幕発見。惜しい・・・11月5日&6日だったら宇都宮餃子祭りがあったようだ。名物があって「◎◎と言えば◎◎」と覚えてもらえる街というのはやっぱいい。

仕事帰り、餃子店を回った。しかし相手にされず、部下でさえ「餃子が名物なんて恥ずかしい」と取り合わなかった。しかし、「餃子を地元の“ファッション”に」と訴え続けた。

宇都宮餃子(宇都宮市)?「全国区」定着へ夢の軌跡(YOMIURI ONLINE)

写真
東口の地上に降りる。さて・・・地図で見ると駅から少しだけ離れた場所に「餃子の像」があったと思うのだが、この道でいいのかな???とあたりを見回していた、自分の背後にあったのがそれだった。何気なく振り返ったらあったので、思わず声をあげそうになってしまった。

前に友人がこの前でポーズを撮った写真を見せてくれたのだが、もっとひょうきんでコミカルな奴かと思った。・・・まあ、確かにその時の友人は、ひょうきんでコミカルだったが。

写真
なんというか、見方によっては、大きな貝殻を背景に立つビーナス像といえないこともないような。いや、無理がちょっとあるかな?でもどこかメルヘンチックにも芸術的にも見えるのは、全体が磨耗したような丸みを帯びた感じになっているからかも。(時が経過したらこれ、ただの餃子に足が生えている像になりそうな予感も・・・)

ここで写真を撮っていたら、近くで迎えの車を待っていたらしい背広のおじさんが「何があるんだ?」という表情で近づいてきた。

写真
満開の夕顔。昼顔?いや・・・ちょっと花の色が濃くて、葉の形が違うかな?

写真
昼間、所用があったところ。
ここでの話は、後日ひっそりどっかでブログになると思う(違うHNで)。

写真
夕方4時頃に用事が終わり、タクシーで益子さんから教えてもらった「宇都宮餃子共和国」へ。予想していたよりもはるかに大きな複合アミューズメントビルで、中にはパチンコ、ゲームセンター、カフェ、その他いろいろ入っていた。

写真
日の出みたいなマークは餃子の形だ。

写真
入り口。いい感じ♪

写真
レトロな看板やポスターがべたべた貼られている。中には、7つの宇都宮の餃子店と、他県の4つの餃子店が入っている。

写真
まずは、コメントでみにぃさんに教えてもらっていた「みんみん」で焼き餃子とコーラ。断酒中だが、ふとビールが飲みたくなった瞬間(餃子に甘いコーラはあまりあわなかった)。

写真
この日最初の食事。
ショウロンポウみたいに、中に肉汁がたっぷり入っていて、かじるとそれが飛び出してくる。おいしい!

写真


敷地内に何箇所かちょっとしたテーブルがあるので(その場所もデザインが凝っていて面白い)、好きなところに持っていって食べる。大阪にあった餃子のテーマパークや道頓堀極楽商店街もこんな感じだったっけ。

写真
次は何を食べようか・・・?

写真
松本楼の水餃子にした。

写真
塩味がちょっと強めのスープもおいしかった。
それにしても、まだ平日夕方の早い時間だからだろう。建物全体にほとんど人がいなかった。

写真
隣にはお土産売り場。
以前サハラさんからもらっておいしかった餃子のおかきがあったので、今週会う仕事関係の人へのお土産用にいくつか購入。おかきを買う前に、いくつか「これにしようかどうしようか」悩んだものがある。例えば・・・

写真
ご当地キティちゃんとか。
頭にかぶっているのはもちろん餃子。しかし・・・餃子と説明しなくてはわからんぞ、これ。

写真
同じく「餃子です」といわなくては、何者なのか微妙な餃子のキーホルダーとか。センスを疑われそうなので、これらはやめて、普通に喜ばれるだろう餃子おかきにした。

写真
そしてここですごいものを発見!
ラー油のコーナーに、わしたショップですら入手困難と言われている幻の「石垣島ラー油」があったのだ。既に友人と共同購入したので必要はないのだが、次からは宇都宮餃子共和国に行くという人がいたら、これを購入してくれるようお願いしてみよう。せっかくなので、宇都宮の有名餃子店の自家製ラー油を一本購入。ラー油料理を開発しなくては。



コメント

ギョウザ共和国の中の餃子店、いいですねぇ、レトロで。
「千と千尋の神隠し」の冒頭に出て来る食べ物屋への道中を思い出してしまいました。
あ、テーマパークだから当然ですか(笑)

投稿者: よし (2005.10.19 23:25)

よしさん、
> 「千と千尋の神隠し」の冒頭に出て来る食べ物屋への道中を
ああ、確かにこんなシーンがありました!
お客さんもほとんどいない時間帯だったので、まさにあんな感じでした。

投稿者: わだ (2005.10.19 23:33)

餃子キティをトレードマークにしてみようかな・・・

投稿者: キティ (2005.10.20 08:11)

なんと石ラーがこんなところに!!餃子共和国おそるべし!!

投稿者: 円海 (2005.10.20 16:21)

宇都宮は~、私の遠恋時代の玄関口さ。(現・旦那が金曜日定時退社で職場をでるとちょうど定時退社で仙台から新幹線で来た私を車で拾うことができる。)餃子はたべたことないし当時からあった餃子像は見たことないです。最近板橋まで日帰りした帰り、大宮乗換えでキティーちゃん餃子皿つきの宇都宮餃子を買ってお皿は娘のお気に入りです。

投稿者: はりま (2005.10.20 18:12)

私も今日、石ラー発見しちゃいました!池袋で。
また2人して、どうしてこんなタイミングなんだろうね。なはは。
宇都宮は定価のようですが、池袋は税込で900円オーバーでしたよ。。。

投稿者: たけにゃか (2005.10.20 23:56)

キティさん、
あ、まさにご当地キティさん・・・じゃないですか!!!

円海さん、
ですよね。びっくりしました。でも石ラーの写真を撮っている自分を見て、店員さんがびっくりしていました。

はりま、
なあんと!そんなロマンチックな思い出がある場所だったんですね。素敵だなあ。餃子の像は一生で一回は見ておくべき代物ですよ(大嘘)。これからまた大変になりますね。頑張ってください!

たけにゃか、
池袋にあったんですか!900円は高いですね。
石ラー目撃マップを今度作りましょう♪


投稿者: わだ (2005.10.21 00:14)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/6477114

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ