当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

都内を自転車で走り回った時のこと

2005.10.10 日記・コラム・つぶやき C(8) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真今となっては、誰と一緒だったかも覚えてない。

どのあたりを走ったのか、何をしていたのかも、記憶はおぼろげだ。ブログがあったら、きっとすぐ記事にしてアップしていたのにな。

残念!

たぶん、「大喪の礼」の前夜じゃなかったかな。
ネットで検索すると、平成元年2月24日となっている。多分この頃だと思う。

追記:平成元年2月は、まだ高校3年生だったことが判明。ってことはその後だ。なんのイベントだったんだろ?(皇室関連ではあった気がする)

当時、儀式が執り行われる首都東京は、ものすごい厳戒態勢が敷かれていた。なんであんなに厳しいことになっていたんだろう?という気もするのだが、その当時の状況は、警察白書を見ると載っている。


警備情勢では、昭和天皇の崩御に伴い執り行われた大喪の礼に対し、極左暴力集団は、「大喪の礼爆砕」を主張して爆弾事件等を引き起こしたほか、右翼は、日本共産党の天皇批判活動等をめぐって暴力事件を引き起こした。大喪の礼警備は、過去最大規模のものとなったが、全国警察が総力を挙げて推進した結果、無事に終了した。極左暴力集団は、成田闘争重視の路線から皇室闘争を中心に据える路線に転換し、「三番町宮内庁宿舎自動車爆弾事件」等の「テロ、ゲリラ」を引き起こした。

過去最大規模の警備の策のひとつとして、
都内中心部への車の乗り入れの制限があった。

「へー、前日から車で都心に入れなくなるんだ」

大学で所属していたサークルの部室で、こんな会話が交わされたのだろう。

「自転車ならいいのかな?」

誰が言いだしっぺだったかはよくわからない。
なぜか、大喪の礼の前夜、厳戒態勢で車の乗り入れが制限されている都心を、サイクリングしようということになった。車が走っていないのなら、青山通りの真ん中だって、自転車でかっとばせるはずだと。

今ならわかる。


めっちゃ、迷惑だったということが。


でも当時は、学生のノリ。なんだかそれは最高のアイディアな気がして盛り上がり、当時自分は大学1年生だったと思うが、先輩達のそんな企画にくっついていった。結構寒い時期だった。渋谷だったか池袋だったか、どっかそのあたりのレンタサイクル屋さんで自転車を借りて、都心に向かって走り始めた。

気持ちよく疾走!できたのは確かだが、いたるところで警官に止められて、職質。ボディチェック。そりゃまあそうだよな・・・。過激派って顔の人はいなかったと思うけど、その行為自体は、あんま常識的ではなかったから。ポケットがいっぱいのジャンバーを着て、カメラアクセサリーをたくさん突っ込んでいた同行者の一人は、結構念入りにチェックされていた。

それでも、車が全く走っていない都内の道は、忘れられないほどに気持ちよかった。

途中で道がわからなくなっても大丈夫。
なにせ、いたるところ警官&機動隊だらけだから。

・・・というのは間違いで、話しかけると、ほとんどが他県の警官・機動隊からの派遣。言葉も思い切り方言。

それでも、楽しく話をしてくれた機動隊の人もいた。
赤坂近くだったと思う。関西弁の人だった。

日本中から、警官や機動隊が集まっているという話をした後、「でもこのあたりを担当しているうちんとこが一番強力や」という話になった。

「ニシナリ」で実戦経験してるから・・・確かそんなことを言っていた。
当時は大阪の西成区がどんな場所なのかもよく知らなかったし、暴動のことも知らなかった。単に「きっとすごい治安の悪い場所なんだろう」と思った。

これ以上は中心部に近づかないほうが安全・・・と言われ、その後どういう経緯だったかは忘れたが、「海まで行って、朝日を拝もう」ということになったような気がするが、結局、海まで行ったのかどうか、覚えていない。

白んでゆく空を見ながら、路線バスとパトカーくらいしか走っていない通りを、再び走りながら自転車を借りた場所まで走っていった。

普段は地下鉄で移動している都内が、あまりに狭いことにびっくり。「こことここって、実は接しているんだ!」など新鮮な驚きもあった。

いつかまた、夜の東京を自転車で走り回ってみたい。



コメント

すごい文字数だ!
感動した!

投稿者: 益子 (2005.10.10 03:05)

ブログ24、お疲れ様です。
本当は参加させて頂きたかったんですけれど
どうにもこうにも都合つかず、
ずっと覗かせていただいています♪

夜中の東京を自転車で走りまくり、めっちゃ楽しそうですね。
私もこの前夜のこと覚えています。
学生仲間と下北沢の王将で、餃子食べまくっていました(^^)

投稿者: OL主婦 (2005.10.10 03:10)

深夜勤務出勤で~す(爆)
これからラストまで見守りまずぜ~p(#^▽゜)q ファイトッ

「大喪の礼」のとき和田さん10代かぁ。
という自分も20代半ばで思い立って入学した専門学校の学生でした。
なんで学校が休みにならんのじゃとブーブー文句言っていつもと変わらない日をすごしてました。
場所は違ってもそれぞれの記憶に残ってる日ってあるものですね。
それにしても「若さってすばらしい!」って思いましたわこのエントリー(^O^)

投稿者: mameta (2005.10.10 03:45)

益子さん、
だんだん文章がだらけてゆくのが、自分でわかります。
いいです、こんなノリでラストまでいきます。

OL主婦さん、
わーありがとうございます。
王将で餃子ですか。それも若さ感じる思い出ですね。

mametaさん、
おお、一緒にブログりませんか??
> 場所は違ってもそれぞれの記憶に残ってる日ってあるものですね。
ほんとですね。いやー、青春の思い出です
(まあ何も大喪の礼を青春の思い出にしなくてもいいんだけど)

投稿者: わだ (2005.10.10 03:50)

お疲れ様です。
残すところあと5時間弱ですね。
きっといまもエントリー中ですね。

大葬の礼・・・ではないのですが前の天皇が亡くなる
前日に大学の課題のために赤坂プリンスの前の坂で
アルミケースを携えて大型カメラで赤プリを撮影していて
3分ごとに職務質問を受けた記憶が蘇ってきました。

建築写真の課題で「高さのある建物をまっすぐ撮る」
ってやつだったのですが、100mに一人おまわりさんが
立っているところに死体も入りそうなサイズの
アルミケースを抱えて行きました。
1年のうちいつでも良いのでやっておけばよかった課題を
ギリギリまで放っておいてそんな時期にやっていた・・・
そんなところは歳をとっても変わらずいつもやっつけ仕事
ばかりをしているなぁ・・と思わず振り返っちゃいました。

今回のこの企画も
「あの頃は24時間起きてエントリーがし続けることができた」
と振り返る日があるかもですね。
あともう少し、がんばってください!

投稿者: mama (2005.10.10 05:29)

自転車といえば、会社を辞めた後輩が、実家(東京→広島)まで自転車で帰って、それをblogに載せてました。

投稿者: おーば (2005.10.10 09:06)

あれぇ? 私、平成元年の3月に高校を卒業したハズ、、、
あのときそんな企画が実行されていたなんて初耳だわー。
( ̄□ ̄;)!! もしかして和田さん、知らぬ間に飛び級……?!

投稿者: たけにゃか (2005.10.10 10:47)

mamaさん、
それもすごい経験ですね!
なんにしても、思い出として残ってることがあるって楽しいですね。24時間ブログもいい記念です。

おーば、
なんかそれやりたいなあ・・・最近こもっちゃっているから、外にでていきたいんですよね。

たけにゃか、
確かに!ってことは大喪の礼じゃないよ。なんだっけ??

投稿者: わだ (2005.10.10 17:01)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/6330097

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

ネットアイドル「ま○18歳」ついに脱いだ!(2005.10.10 11:21)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ