当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

蓮根と人参

2005.11.12 フード&ドリンク C(2) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真珍しく料理記事。
そして珍しく「蓮根」(蓮根とごぼうはまず料理することがないもので)。

これは以前、渋谷で小料理店をやっているおばの家で食べて気に入ったもの。簡単ということだったので作り方を教えてもらい、先週末初めて作ってみた。

写真
材料は、蓮根と人参とにんにく。それ以外は、サラダ油としょうゆ、好みで一味唐辛子など少々。

写真
まず、人参はすりおろす。一本使うかなと思ったんだけど、半分で十分だった(というか、半分すりおろしたところで手が疲れてやめた)。

写真
蓮根は皮をむいて薄くスライス。面倒だったので、スライサーでスライスした。変色しないよう、そのまま酢をちょっと入れた水に突っ込んでいく。

写真
にんにくはみじん切り。これは2かけらくらい使ったかな?

写真
少し大目のサラダ油を熱して、まずはにんにくを入れる。うーん、いい香り。

写真
そこにすりおろした人参を入れる。人参がすぐに油を吸い取っていった気がするが、水分も多いせいか、焦げ付くことはない。

写真
ちょっと炒めると、すぐに色が薄くなってくる。これはどのくらい炒めるべきかよくわからないんだけど、多分そんなに時間をかけなくていいような気がする。

写真
人参を炒めている間に、蓮根はやはり酢を加えたお湯でゆでる。薄めにスライスしてある場合にはこちらもそんな時間をかけなくていいと思う。普通に食べられる硬さになったらざるにあける。

よしよし、きれいな色になってる。このままでもおいしい。

写真
炒めている人参に加える。

写真

火はつけたまま、ざっくりまぜてゆく。
人参の色がだんだん蓮根にうつってゆく。

写真
こんな感じになる。蓮根は既にゆでてあるので、そんなに炒める必要はなく、しっかりまざったらOK。薄口醤油を適当にかけて味をつけ、終わり。好みで、ちょっと一味唐辛子やごま油を加えてもいいかも(私は香り付けにいいかなとごま油を加えたのだが、もともと味が薄いので、ちょっとしつこくなってしまった)

写真
盛り付け。
しゃきしゃきした歯ざわりがなかなか。色合いもきれいなので、お客さんが来た時に脇役やお酒のつまみとしてちょっとだしてもよさそげ(にんにくの香りが食欲をそそる)。



コメント

わださん、こんばんは。
すっごく、おいしそうです♪
現在、ダイエット期間に伴ない禁酒中なのですが、こういうお料理を見ちゃうとちょびっとだけ飲んじゃおうかな…なぁんて思ってしまいます。んにゃ、あと3日間はだめダメ!
明日の朝食メニューにします。でも、にんにくを炒めてる時の香りとごま油って食欲増進効果バツグンなんですよね……。

投稿者: サハラ (2005.11.12 23:21)

サハラさん、
禁酒してると、妙に「これでビールを飲んだら・・・」なんて料理に出会っちゃいますよね。自分の場合は餃子がかなり手ごわい敵になりました。
先々月サハラさんに送ってもらった
http://www.umisuzume.com/wada/wb0511-12/20051113_01.jpg
↑これもすごくおいしかったんで、レシピ参考にしながら作りたいんですよね。今度作ってみます!

禁酒がんばってください♪

投稿者: わだ (2005.11.13 00:57)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/7067123

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ