当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

仕事と人生に効く100冊の本

2005.12.29 本&音楽 C(6) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真クリスマス明けに、素敵なプレゼントが届いた。
配送の人も「Amazonからだけど・・・これはギフトみたいですね♪」と、ちょっと笑顔でそういって箱を渡してくれた。

箱を開けてみると、本当にギフトラッピング(初めて見た・・・)。

写真

本を贈ってくれたのは松山真之助さん。
自分も愛読している書評メルマガ「Webook of the Day」を毎日発行している方だ。

そうだ、本の本がでるって言っていた!
でたらすぐ買おうと思っていたのに、くれたんだ♪わーい♪

写真

カードを見るとメッセージ。

和田さんのご本も紹介させていただきました。P142です。素敵なご本に感謝を込めて。真之助


ええっ!?

久しぶりに、一人で声をだしてびっくりしてしまった。 いや、確かちょろっとだけこの間そういうことをおっしゃっていたような気がするんだけど、実を言うと、「まさか、そんなことはないだろう」と、本気にしていなかったところがあって。

写真


松山真之助さん

本のタイトルは、「仕事と人生に効く100冊の本」。

写真

松山さんだっ♪

最初に松山さんを拝見したのは、去年かおととしの夕方のニュース番組。
大企業の管理職を勤める傍ら、遠距離通勤途中に本を読み、毎日一冊書評のメールマガジンをだし、さらにはセミナー講師なども務める週末起業の実践者として紹介されていた記憶がある。

それよりさらに何年か前に、勤めていた会社の役員が書いた本をメルマガで紹介してくれたことがあり知っていたので(御礼メールをだしたような記憶もある・・・)、テレビで初めて実物を見て、「この人だったんだ!」と一人で喜んでいた。

その後、久米さんの「メール道」出版記念パーティーでお会いすることができ名刺交換をさせていただいたのだが、まさにこの写真どおりの人。

初対面1分後には「なんて暖かい穏やかな人なんだろう」と感じさせる、不思議な魅力のある人物だった。それが笑顔によるものなのか、まなざしなのか、物腰なのか、話し方なのか、何によるものなのかよくわからないんだけど、「こういう人の下とかで働いて、自分も近づきたいものだ」と思ったこともある。

先月は、松山さんが主催する勉強会「ジェイカレッジ」にも参加した。
その時の講師はメール道の久米さん。
パワーポイントの量も20ページとか50ページとかそんな量ではなく(確か80ページを超えていたような)、あまりに濃い内容に圧倒されてしまった。感想をブログで書こうと思いつつ、自分の力ではまとめきれなかった程。

来年はこの勉強会、できるかぎり参加して、知識吸収を図りたい。
 
 

書評を先に読むことで、本がさらに味わい深いものになる

本では、タイトルどおり、松山さんが選んだ本100冊が紹介されている。
Webookで紹介されていた時に興味を持って読んだ本もあるし、

「仕事が一段落したらこれ読むぞ!」

と思いつつ、そのまま忘却の彼方にいってしまったものも。(やっぱ、すぐ読まないとだめなもんですね)

なので、こうしてさらにセレクトされた100冊が(その中に自分の本が入っているというのがちょっと恐れ多いんだけど・・・)まとめて本で紹介されていると言うのは、すごく嬉しい。まずは年末年始を使って、この中から何冊か読んでみようと思う。

松山さんの書評は、それだけ読んでいても楽しい。
とっても軽やかな文章で、本の中のポイントをポンポン、リズミカルに掴み揚げて見せてくれる。

本の読み方は人それぞれだろうけど、自分のようにあまりビジネス書を読みなれていない人間だと、ただ頭からダラダラと読んで、消化不良のまま最後まで駆け抜けてしまうことも多い。でも先にビジネス書のマイスターのような松山さんのナビゲーションがあると、きちんと要点を理解し、しっかり味わって最後まで読むことができる。

本を読みながら浮かんできた松山さんのひらめきのようなものも、ところどころに挿入されている。

自分はブッククラブ(読書サークル)に参加したことはないんだけど、きっとブッククラブで仲間と本についてディスカッションする楽しみって、こんな感覚にも近いのかなと思ったりもする。

+++

インターネット時代で本が読まれなくなっているとよく聞く。
自分について言えば、Webookで松山さんが紹介する本を読んでみたり、あるいは友人がブログで「感動した」と書いていた本を買ってみたりと、以前より本を読む機会が増えた。

本屋さんで何となく買ってしまった本とか、流行の本とか買って失敗することはあっても、そうして誰かが紹介していてそれに共感を覚えて買った本にがっかりさせられることはまずない。

お正月に何かいい本ないかな?と思っている人に、
私はまずはこの本をオススメ。

仕事と人生に効く100冊の本
仕事と人生に効く100冊の本松山 真之助

秀和システム 2005-12-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記:今ここまで書いて思い出したのですが、
去年の夏に、松山さんの書いた別の本を読んでブログ記事にレビューを書いていました。

この本もオススメです。

[夏読書] 人生使い方次第(2004/08/27)

さらに追記:久米さんの「ブログ道」も発売になっていました!

ブログ道ブログ道
久米 信行

NTT出版 2005-12-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント

ん~、いいですよね~、そういうの(^^)

ちなみに、僭越ながら、僕もアマゾンのほうに「黄本」のレビュー投稿しておきました♪


投稿者: おざき (2005.12.31 09:26)

おざきさん、
レビューありがとうございます!
ちょうどこの本のレビューを書きに行った時に読ませてもらいました。とても嬉しかったです!

投稿者: わだ (2005.12.31 19:32)

あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いします。
相変わらずご活躍のようですね。

ところで、ご多忙中の所つまらない質問で恐縮ですが、
欲しい本がある時は、和田さんに連絡したほうがいいの?
和田さんにメリットある? 和田さんの手間がかかるだけ?

そんなにしょっちゅう本を買うわけではないのだけど、
こっちにメリット欲しいわけじゃなくて、
本なんかどこから買っても一緒だものね。
アフィリエイトってそんな感じなことでしょ。
質問アバウトすぎる?

気が向いて暇があったらでいいので、連絡ください。

さて、こちらは札幌生活今度の4月で丸4年経ちます。
毎日雪です。今年は少し例年より寒い気がします。
そろそろ転勤かな。

和田さんのブログもたまにみてます。
昔と変わらずポジティブにアクティブにご活躍のようで、
こっちも頑張らなきゃという気持ちにさせられます。
お体に気をつけて。更なる飛躍を期待してます。
もし東京に転勤になったらみんなで集まったときにでも
呼んでください。それではまた

投稿者: 札幌の木内悟です (2006.01.05 00:50)

あけましておめでとうございます!
今も札幌なんですね。今年は寒さが厳しいですねぇ。

自分に連絡というのではなく、自分のサイト経由でAmazonから購入したりすると私に紹介報酬が入るというものです。

例えばこの記事の中に書名からリンクを張っているところが何箇所かあると思うのですが、そこをクリックしてAmazonに飛ぶと「affiliateinde-22」という文字列の入ったURLのページが開くと思います。この状態で本を買うと、自動的に自分のアカウントに5%とか3%の報酬が入ります。

といっても、正直なところ、1200円の本一冊で60円とかいった程度なので、本紹介の場合、報酬が目的ではなかったりします。書評を書いて「誰か興味持ってくれた人いるかな?」といった気持ちなんですよ。なので、わざわざ自分のところ経由で買っていただく必要は全くないです。でもありがとうね!

ちなみに賢い買い物方法としえは、
奥さんにブログ作ってもらって、そこがAmazonのアソシエイトプログラムや、楽天のアフィリエイトやその他に参加して、リンクを貼り付けて、悟くんがAmazonとか楽天で何かを買うときには、奥さんのサイト経由で買い物をする。

・・・ってのがオススメです。
まあ、数%で大した金額にはならないかもしれないけど、ちりつもっていうしね。

早く東京に戻ってきてください♪

投稿者: わだ (2006.01.06 14:15)

はじめまして。だいごと申します。

昨日、この記事で知ったジェイカレッジに参加してきました。
わださんのブログにたどり着き、読まなければ知りもしなかったことですので、一言書かせていただきに参りました。
有り難うございました!

これからも、ご活躍をお祈りいたします!

投稿者: だいご (2006.01.08 00:01)

だいごさん、
コメントありがとうございます。
私もメルマガを見ていて知り参加したのですが、大満足でした。ジェイカレッジでいつかお会いできるのを、楽しみにしております。

投稿者: わだ (2006.01.09 14:57)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/7882811

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

今日が仕事始めの方も多いと思われるので、新年にふさわしい1冊をご紹介!尊敬する経営者で、企業におけるインターネット活用の伝道師でもある久米信行@縁尋奇妙さんが、名著「メール道」に続く第二弾を上梓されました。ブログ道著者:久米信行出版社:NTT出版価格:¥1,......(2006.01.04 15:20)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ