当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

サハラ文子著「ワタシきれい天然生活」

2005.12.01 本&音楽 C(15) TB(5) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真30代に入って初めて学ぶことも多い。そのひとつは自分の人生を少し楽にしてくれた。

会うべき人とは会うべき時に自然と出会う。
チャンス、仕事、知識、そして本なども。
ぼーっとしていたら自分だけ機会を逃して損するのではないか?と、無用な焦燥感を感じる必要はないことを知った。

アフィリエイトを通じて知り合ったサハラさんもその一人。
そして彼女の書いたこの本もそう。

会うべくして、今出会った本だなと思う。
サハラさんとこうして知り合っていなくても、書店に並んでいる表紙を見つけ、手に取っていたんじゃないかな。
そして買ったんじゃないかな。
ついでに著者のブログを見に行って、コメントをして・・・やっぱり結局知り合いになっていたような気がする。

写真

ワタシきれい天然生活
著者:サハラ 文子

どういう内容なのか・・・うまく説明するのはちょっと難しい。
カテゴリ分けしにくい本だ。

食べ物のこと、愛着のある道具のこと、観葉植物のこと、生活のアイディア、アトピーのこと・・・エッセイといってしまえばそうカテゴライズされるのかもしれないが、日々の出来事やいろいろなマメ知識が書かれているように見えて、テーマはその向こう側にある、そう「思想」のようなもの。

日々が自然が人との出会いが、いろいろなものをいとおしいと感じる著者の姿がある。

やりたいことは山のようにあって、それができる喜びにあふれている日々。そういうことが、今の自分にとって当たり前の日常です。 けれど、時々ふっと思い出すのです。 ずっと家から出ることもできなかった頃のことを。 数ヶ月ぶりに外出したら、季節が変わっていたことを。 駅まで歩いていけたときの感動を。 今できているすべてのことが、当たり前じゃなかった頃のことを。 (本文より抜粋)

つらい日々を越えてきた人ならではの、ある種非常に敏感な感性が、本の隅々に満ち溢れている。読んでいると、心がぽっと暖まってくるし、同時にキュンと締め付けられるような気持ちにもなる。

個人的に強く感じたのは、「自分をもっと大切にしよう」ということ。
そのためには、自分自身を愛してあげないといけない。
これって結構、難しかったりするんだよね。

誰でもいろいろ抱えて生きている。自分もそう。まるで牛が何度も食べたものを胃から戻して噛み直し続けるように、いつまでも同じことを考え続けてしまう。高校生の頃は、精神状態が不安定になった時だけ耳鳴りがしていた。今は一日中、止まらない。苦しくなってお酒を飲む。止められなくなって、時にアル中なんじゃないか?と思う時もある。誰かを殺そうとしている夢、殺される夢を見て、目覚めた時にはなんかもう、自分などどうでもいい気分にすらなってくる。

そんな気分がピークに達してしまったら、この本を開いてみようかな。
ふっと心地よい風が吹いてきそうな気がする。
自分にももっと「心地よい暮らし」ができるはずだと思えてくる。

著者が撮影した素敵な写真も多数収められている。
それらをパラパラッとめくりながら、手がとまったところから読み始めてもいいかも。

うーん・・・書評になっていないなあ。
何でこんなにうまく表現できていないのか知りたい方は、とりあえず本屋さんで立ち読みしてほしい。そうしたら、自分が書きたいことが、わかってもらえると思う。


+++


ちなみに、写真を撮影したのは世田谷の砧公園内。
おととい、著者のサハラさんと、おととい世田谷美術館を訪れた。
目的は「宮殿とモスクの至宝 V&A 美術館所蔵 イスラム美術展」だ(←よかったです!)。

「天気がよかったらサンドイッチを持っていって芝生の上で食べよう」

と言っていたサハラさんは、ワインボトルを一本持ってきていた。

写真

紅葉が風に舞う11月の砧公園。
足元には一面の落ち葉。

テーブルの上にちいさなクロスを広げて、重めな赤ワインで乾杯。
これも、そうそう得ることができない、心地よい時間。
以前の自分の生活の中ではなかったものだ。

写真

木の実なんか転がしてみる。
風は冷たいけど、やわらかい陽射しがあたためてくれる。

写真

気づくと、ワインボトルの陰が緑色。
なんでだろう・・・と持ち上げて理由はわかった。中身が空になっていたのだ。

「この写真を撮るためにわたしたち、ボトルを空けたんだよね!」

そういって、昼間から公園でほろ酔い加減の二人は大笑いする。

写真

気づいたらサハラさんの洋服にとまっていたサトクダマキモドキ。
思わずサイバーショットDSC-M2で接写!

サハラさん、出版本当におめでとうございます!
これからも仲良くしてやってください♪
(そして明日からちゃんと早寝します・・・お肌は夜作られるんですよね!)



コメント

素敵な時間を過ごしたんですね!
公園で昼からワイン・・・私も大好きです♪
写真もとっても綺麗です。
ところで、サハラさんの本、速攻アマゾンで予約したのに、まだ手元に来ない。早く読みたいな。。。

投稿者: TUNKA (2005.12.01 08:42)

ただ昼間から芝生でワインを飲みたいがために,美術館ツアーを計画したとかはないですよね? ̄m ̄

投稿者: D (2005.12.01 11:43)

TUNKAさん、
公園で昼からワインは、お花見とか除いたら初体験でしたが、
癖になりそうですね。ビールよりゆっくり酔えていいかも。

Dさん、
いえいえ、夜の牛タン飲み放題を楽しむための「プレ飲み」として公園芝生ワインを企画するため、美術館行きを決めた次第です。

投稿者: わだ (2005.12.01 14:32)

わださん、こんにちは。
先日は、昼の部、夜の部ともに楽しかったですね。
ピクニック大好きなんです♪
これからの寒くなる季節でも防寒をしっかりして
お天気が良い日に、また出かけたいですね。
川原で焚き火もいいです。

「本」のこと、ご紹介ありがとうございます。光栄です。
アイツはブログがなかったら生まれなかった本です。
こうしたやりとりのひとつひとつが詰まっているんです。
こちらこそ、これからも仲良くしてください。また!

投稿者: サハラ (2005.12.01 14:37)

ついに和田さんもケンチが魔女や私たちと出会った約10年前に言い出したI LOVE ME 主義にたどりつきましたか。でも夢で殺されてるのは私じゃないですよね(^_^;)?

投稿者: 円海@ILOVEME (2005.12.01 20:09)

サハラさん、
知り合いだからというのではなく、本当にいい本でした。
愛読書にさせていただき、ちょっとずつ実践していきたいと思います。

円海さん、
なかなか難しいですね、I LOVE MEは。

投稿者: わだ (2005.12.01 21:07)

昼から美術館でワイン・・・・・いいですなぁ~。。。。人のこと言えないけどw

>お肌は夜作られるんですよね
もっと早く寝ようね(;^_^A アセアセ・・・

投稿者: おーば (2005.12.01 21:29)

自分を愛せない人間に他人は愛せない。自分を愛した上で、自分を愛するように他人も愛そうというのが、かの魔人のとなえたI LOVE ME主義です。彼は出会い頭にこれを言ったために、一目おかれ、そのあと酔って電柱を昇ろうと、絶叫して車道を走ろうと「でもいいところもあるし・・・」と言われ許されて来たうえ、女性と別れる時も「ほら、俺ってI LOVE MEだから」とほぼ逆の使い方をしてきれいに別れ続けたという・・・和田さんも、今日は飲むとやばいかもというときは、まずI LOVE ME主義について30分語りましょう。皆尊敬してくれて、あとは何をしても大丈夫です(^_^;)

投稿者: 円海 (2005.12.01 23:15)

自分を愛せない人間に他人は愛せない。自分を愛した上で、自分を愛するように他人も愛そうというのが、かの魔人のとなえたI LOVE ME主義です。彼は出会い頭にこれを言ったために、一目おかれ、そのあと酔って電柱を昇ろうと、絶叫して車道を走ろうと「でもいいところもあるし・・・」と言われ許されて来たうえ、女性と別れる時も「ほら、俺ってI LOVE MEだから」とほぼ逆の使い方をしてきれいに別れ続けたという・・・和田さんも、今日は飲むとやばいかもというときは、まずI LOVE ME主義について30分語りましょう。皆尊敬してくれて、あとは何をしても大丈夫です(^_^;)
追伸:私も病に倒れてからは、寝る前に必ず自分の体に「今日も1日ご苦労様」と声をかけていたわるようになりました(^_-)自分の体って最後の最後まで自分につきあってくれるものだから、大切に感謝しながら使わないとね!!

投稿者: 円海 (2005.12.01 23:19)

おーば、
> もっと早く寝ようね(;^_^A アセアセ・・・
うん、<太字>互いにね</太字>。

円海さん、
うーん、それできれいに別れられるんですね。
体は大事にいたわってあげようと思いました(今晩もちゃんと自炊、でも2日分の予定で作った青梗菜炒めをつい全部食べてしまった・・・)


投稿者: わだ (2005.12.02 00:39)

青梗菜いためはもたれないし、太らないから。でもカタツムリのように緑のウ○コがでそうだ。あの乱れた(性的な意味はない)生活でPETで何もでなかったのは野菜と魚が主食だからだと思う。炭水化物と甘いもの(最近は執着なくなった)LOVEの私は太るんだよ~。

投稿者: はりま (2005.12.02 09:06)

やっぱ魚は大切だね。
食べなくては・・・。

投稿者: わだ (2005.12.02 16:44)

すっかりご無沙汰しています。
ぷれこです。サハラさんのところから飛んできました。
ココログにいらしたとは……。
世田谷美術館で打ち上げ♪ 贅沢な時間ですね。
心のこもった書評ですね。
サハラさんも『ワタシきれい天然生活』も果報者ですね♪

投稿者: ぷれこ (2005.12.02 19:36)

すみません
2個TB送っちゃいました。
お手数ですが、1個削除してください。(汗)
韓国から明日帰国ですね。
気をつけて帰ってください♪

投稿者: はら (2005.12.14 22:05)

ぷれこさん、
コメントありがとうございました!!!実はこの翌日にサイト運営者のイベントがあったことで混沌としちゃっていて、実は読み落としてしまっていましたぁ!ごめんなさい。あとでお伺いします。
贅沢な時間でした、本当に。ああいう体験の積み重ねが大切なのだと、限られた時間を大切に使っていくことなのだと、家でごろごろネットばかりしていてはいけないと、しみじみ感じた1日でした。

はらさん、
韓国から帰ってきました。
了解です。あとで消しておきます♪


投稿者: わだ (2005.12.15 16:31)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/7408591

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

お友達ブログとしても(2005.12.02 20:00)
サハラにとっての彼女 の存在を定義するのは、ちょっと難しい。 友達といっていいのかな。年下だけど先輩。そして尊敬する女性。彼女の話すことは時々宇宙語のようだけど、次に会うときまでその宇宙語を自分なりに訳しておこうと思ったりもする。 晴れた日の昼下...(2005.12.04 10:34)
サハラさんと会ったのは、ちょうど書籍化が決まった頃だと思う。とても元気のある方だ(2005.12.06 15:12)
アメーバブックスから、サハラ文子さんのワタシきれい天然生活 が12月1日発売になりました。素敵な彼女のワタシきれいドットコムblogもおすすめです。なんといっても文章がいい。まさに彼女の人柄を表しているのではと思う。読んでいただければきっと感じることができますよ......(2005.12.14 22:00)
アメーバブックスから、サハラ文子さんのワタシきれい天然生活 が12月1日発売になりました。素敵な彼女のワタシきれいドットコムblogもおすすめです。なんといっても文章がいい。まさに彼女の人柄を表しているのではと思う。読んでいただければきっと感じることができますよ......(2005.12.14 22:01)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ