広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

中国茶を体験する会(3)

2006.04.19 参加レポート C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真気付くと中国茶を体験する会から一週間以上が経過している。もう一本記事にしようと思って、アップし忘れれていたよん。

とりあえずアルバム代わりに写真だけ並べておこう!


「恒福茶具」では感動の味わいの中国茶をご紹介していますが、その中でも特にプーアル生茶にこだわりをもってご紹介しています。名前だけは有名なプーアル茶ですが、実はプーアル茶には熟茶と生茶があるとご存知の方は少ないと思います。(「恒福茶具」さんサイトより)

知りませんでした!
ということで、普段日本でも飲んでいる・・・というか、一般に販売されている「熟茶」と、「生茶」の飲み比べ。

写真

写真

全然色が違う!

写真

・・・と、そこへ和菓子が登場。
なかなかおいしかった(というか何も食べてない状態だったので、これで血糖値が戻った感じ)。でも普通、中国茶の会ってなにかお菓子とかでてくるものなのかな?質問しそびれた。

写真

写真

生茶のほうは、葉っぱもぴんぴん。
ひっぱっても切れない。
葉っぱが「生きている状態」で熟成させるそうだ。

生茶と塾茶、味が全く違う。
自分にはどっちもおいしくて、単に慣れの問題な気もしつつ「熟茶」のほうが馴染む味だった。「プーアール茶」っていう既成概念が強いんだろうな、自分の中で。今度もう一度、あらためて生茶を飲んでみようと思う。

写真

こっちが熟茶の葉っぱだったかな。

写真

コレは確か・・・「飲んではいけない」ひどいプーアール茶だった気がする。
腐葉土みたいなものも、かなり売られているのだとか。
確かに「これが本場のプーアール茶」とか言われたら、自分ら日本人には「そんなもんかな」と思ってしまう。

飲まなかったので味はよくわからない。
(勇気ある人達が飲んでいた─前に"腐敗プーアール茶"の話を聞いていたので、自分はなんとなく飲まず)

写真

色とりどり。


    >続く     中国茶を体験する会(1)・・・白茶 中国茶を体験する会(2)・・・青茶 中国茶を体験する会(3)・・・プーアール生茶 中国茶を体験する会(4)・・・苦丁茶

コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9663490

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ