スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

山崎蒸留所「山崎と食」(4)

写真「山崎と食」にご一緒させてもらった店員佐藤さんのレポートが公開されています。すごいです!
ハイビジョン映像から切り出した静止画を貼り付けていて、まるでビデオを見てるような気分。描写もすっごく細やかで、いろんなシーンを思い出しながら夢中になって読んでしまいました。

自分の姿に、ちょっと照れちゃいます。

写真「山崎と食」にご一緒させてもらった店員佐藤さんのレポートが公開されています。すごいです!
ハイビジョン映像から切り出した静止画を貼り付けていて、まるでビデオを見てるような気分。描写もすっごく細やかで、いろんなシーンを思い出しながら夢中になって読んでしまいました。

自分の姿に、ちょっと照れちゃいます。

他にも検索してみると、いろいろ山崎蒸留所に行かれた方のレポートがアップされていました。
同じ頃に訪れている人とかもいて、「もしかしたら前回の見学コースで一緒の人だったりして・・・」なんて思っちゃったり・・・。

のりみ通信:サントリー山崎蒸留所見学

リピート訪問されているそうです。気持ちわかる!写真がとってもきれいで、思い出しながら読んじゃいました。サントリーのCMのCDなんて販売されていたんですね、気付いていなかったです(ちょっと興味あり)。

時代屋:サントリー山崎蒸留所旅行

ちょっと前の訪問レポートなんですが、シングルモルト愛好者の会の方が山崎蒸留所を訪れた時のものみたいです。なんか高校生の修学旅行みたいなノリの写真が素敵すぎです。楽しそう。

UISGE BEATHA -ウィスキーの旅-

ウィスキーの専門情報サイトです。コラムがすごく面白いので、まだちょっとしか読めてないですが、ブックマークして、ちょこちょこ読みに行こうと思いました。ウィスキー好きな方って、なんか知的な人が多いなあと。

MOONSHINE:2006サントリー山崎工場(その1)

お店のイベントで訪れるってのもあるんですね。常連さんとかと一緒に行くのでしょうか?楽しそうでいいなあ。やっぱりここはあれですね、大人の遠足場所ですね、きっと。関係ないけど「関西経済倶楽部」の工場見学が、毎年必ずアサヒかサントリーになっているのがちょっと面白かったです(確かに製鉄所とかより楽しい)。

OverTechnology出張所:サントリーウィスキー山崎蒸溜所見学

1週間違いくらいで訪れていた方みたいです。いろいろ試飲&飲み比べしたとか。味って確かにこんなに違うんだと驚きました、自分も。蒸留釜の入れ替え作業中は、見学ができなかったんですね。



コメント

お疲れさまでした~。
これだけの濃い体験をした後に東京に戻ってこられたんですね~。。
いや~。。皆さんのパワフルさには本当に脱帽です(^^;

でもわださんとお話できて嬉しかった~~♪
一番聞きたかった謎が溶けてとても充実しました。
ありがとうございました~(*^ー^*)

投稿者: yuu (2006.04.23 06:50)

yuuさん、
そうなんです。遅くなっちゃってごめん。
でも会えてよかったです。MP4のことは、自分もちょっといろいろ実験してみて、記事にまとめてみます。

投稿者: わだ (2006.04.23 10:31)

わださん
はじめまして。トラバありがとうございます(^^)
そして、ブログ紹介してくださって多謝です!山崎蒸留所はハマりますよね~♪

投稿者: のりみ (2006.04.24 20:02)

のりみさん、
コメントありがとうございます♪
のりみさんの記事にコメントしてからトラックバックしようと思っていたのに、それをしもれちゃっていました。
山崎蒸留所、はまりますね!
あと、それ以外にもあちこち足を伸ばされているレポート、写真もとってもきれいで、読んでいたらすごく旅心をくすぐられました。

投稿者: わだ (2006.04.25 11:13)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9715768

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ