当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

山崎蒸留所「山崎と食」(1)

写真さすがに丸一日ちょい経過して落ち着いたけど、20日は終始ハイテンションだった自分。盛り上がったのも当然だ。

ツアー同行者は「山崎は聖地!」と叫ぶ店員佐藤さん。その佐藤さんのバッグの中には、ごくりと喉が鳴りそうなSONY新製品ぎっしり(あのハイビジョンハンディカムも!)山崎蒸留所で待っているのは、そうそう簡単には飲めない「山崎」「響」、そして「山崎」にあう料理として創作されたスペシャルオードブル

山崎蒸溜所 来場証バナー

そりゃ、テンション高いさ!

写真

いろいろ訳あって朝からスリリング体験し、東京駅で一時間も待ってくれてた店員佐藤さん。京都の観光ガイドを読んでいた。

写真

ハイビジョンハンディカム「HDR-HC3」を触らせてもらったり(やっぱ小さい!)、ISO1000のサイバーショット「DSC-T30」で「ほら、手ぶれしないでしょ」デモを見せてもらい完全絶句したり(←店頭で見かけたら高画素モードでわざと手ぶれさせて撮影してみてください!)、隣の席の年配女性と、朝から缶ビールで乾杯したりしながら、午前中から相当なエネルギーを消費して京都に向かった(製品についてはまた後日)。

写真

で、山崎到着。

店員佐藤さんが歓喜の声をあげる。
 
 
「ここ、駅が山崎ですよぉ!!!」
 
 
きっと普段もウィスキーを飲んでいて、しかも「山崎が一番好き」という店員佐藤さんの感動は、自分なんかの比じゃないんだと思う。ホームから階段を下りてゆくところには、サントリー山崎の大きなポスターがあり、駅の看板はもちろん山崎。

駅舎はそんな大きくなく、駅前もこじんまりとしたロータリーなんだけど、いたるところに「山崎」の文字。店員佐藤さんは駅右手にあるコンビニにも目を向けた。

「デイリーヤマザキだっ!!!やっぱり山崎なんですねっ!!!」

このあたり、昨夜配信のメルマガにも掲載されていたので引用させてもらう。


さて、それはどんなところなのかというと。。。私の想像を絶していました。

「山崎」というウイスキーのブランド、「山崎蒸留所」という名前からして、
その土地が「山崎」という地名なわけですが、これが実際に行ってみると
びっくりします。

新幹線で京都まで行き、そこで東海道本線に乗り換え、JR「山崎」駅で降りる
わけですが、もう、駅の広告が大々的にウイスキー「山崎」になっているし、
駅看板は当然全部「山崎」なんですよ。駅前にあるホテルの名前にも
「yamazaki」という名前になっているし、近所の幼稚園も「山崎」幼稚園。
さらに駅前コンビニも「デイリーヤマザキストア」だったりして、駅についた
らもう「山崎」づくし! ウイスキー山崎のテーマパーク感覚になってしまい
ます。なんかディズニーランドに行くのに舞浜駅に降り立った時と同じ興奮が!

いきなりテンションが上がりまくるというか、期待が高まってしまいますね。

そして二人、ガンガンテンションあげながら、山崎蒸留所に到着。

写真

山崎蒸留所正面の看板を見た時の、
なんというか、見ている人まで幸せな気持ちになりそうな笑顔。

落ち込んだら、この写真見て元気になろっと♪

写真

そして製造工程見学。
実は前回は、写真を撮るのに夢中になっていたりで、半分くらい説明を聞き漏らしてしまった。今回は自分達だけのプライベートツアーだったのでじっくりお話を聞くことができた。

前回もすごく感じたんだけど、蒸留所の女性スタッフが半端じゃない!
こういうのを「プロ」って言うんだなと思う。

「お酒の知識がすごく抱負で、何を質問してもさっと的確で気持ちのいい回答が返ってくる」と店員佐藤さんがべた褒めしまくっていたけど、ほんと同感。「ソムリエの方がお酒のコトを教えてくださっている感じ」と。うんうん、そんな感じ。

前回の製造工程見学のレポートはこちら

写真

写真

ちなみに何故こんなにぶれまくっているかというと、左手でビデオカメラを構えたまま、右手でデジカメを撮影するという、かなり無理な挑戦をしていたため。ハイビジョン「HDR-HC3」だったら、ビデオカメラで撮影しながら、あとで静止画切り出ししても高画質なので、こんな苦労しなくていいんだけどね。

今回は1時間のツアーをずっとビデオカメラで録画し続けたので、後で時間ができたら、編集して保存ビデオを作ろうと思う。その時のBGMはやっぱり・・・

Nostalgia~PIANO STORIES IIINostalgia~PIANO STORIES III
久石譲 オーケストラ・チッタ・ディ・フェラーラ NOBUO YAGI


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「Nostalgia」かな。
(Amazonで買って以来気に入って、聞きまくっています)

>続く



コメント

駅も山崎なんだぁ~へぇ~。ホント山崎のテーマパークだね

投稿者: おーば (2006.04.22 11:43)

うん、なんか新鮮。

投稿者: わだ (2006.04.22 20:38)

今晩は、突然にトラバさせて頂きました…。
もう、行かれたのですね…羨ましい♪
私も一度行ってみたいのですが…頑張ってみようっと!

投稿者: 花餅屋の太夫元 (2006.04.23 02:11)

花餅屋の太夫元さん、
トラックバックありがとうございます!
なかなか楽しいです。近かったらもう一度行きたい気分ですね。街中で飲んだら、山崎2杯だけで1000円越えちゃうのかなと思いますし♪機会見つけて是非!

投稿者: わだ (2006.04.23 02:18)

なんとなくネットサーフィンしていたらたどりついたものです。

最近、JR山崎駅と高槻駅の間に島本駅ができたのですが、ソコの駅は、電車がホームへ入る際にサントリー・ウィスキーのCMソングが流れますよ★

周りには何もはい駅ですが、また山崎に行くことがあれば、音だけ聞きに島本駅にも足を伸ばしてみてくださいね。

投稿者: みじょ (2008.07.03 20:04)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9706059

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

某国産洋酒メーカー…京大阪の境にウィスキーの蒸留所があります…。 行ったことは無いが…名神高速を走っているとちょうど天王山トンネル付近で見かけるのですよね。 で…ご案内。 隣接したビール工場へ入ったことはりますが、今回はウィスキーの蒸留所。 『「山崎と食」〜一流シェフのレシピとシングルモルトのマリアージュ〜』 と言った企画で…そのメーカーの高級ウィスキー『山崎』の12年と18年とを、その�...(2006.04.23 02:08)
昨日はメルマガ作るのだけで1日を費やしたというか、撮影してきたハイビジョン・ハンディカムの映像を通勤電車の行き帰りでも見て、そこから静止画を切り出したりしていたので、1日以上費やしているのですが、とにかく金曜日は1日中文章をいじっていました。 かなりの文章量になってしまい、おつきあいくださった読者様には、本当に感謝するばかりなのですが、私としましては、あれでも相当、話を端折っているつもり。 サイバーショットの話については、これから自分のものなわけで、このblogにたびたび登...(2006.04.24 00:49)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ