広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

ブログで旅行を振り返る

2006.04.09 日記・コラム・つぶやき C(4) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真東京ホットスポット情報館のDB修正中。ExcelとHTMLいじり続けていたら、集中力がとぎれたので、自分のブログの旅行関連記事でも読み直して、ちょっと一休み。

 

中国旅行

最初の旅行レポートは、2004年7月に訪れた中国。
基本的にパソコン持参なので、現地からかなり小まめにレポートアップしていた。

写真

記憶に鮮明に残っているのは、到着初日の大雨。
裏路地のようなところで遭遇したのだが、生まれて初めて体験するような豪雨。それもそのはずで、翌日の新聞を見たら、車が完全に水没していた。海をはさんで反対側では、新潟で死者もでていた、あの大雨だ。


白馬岳

この夏は、イベントいっぱいだった。初めての山登りで夏の白馬岳
さすがにパソコンは持参できず、確かモブログ初体験だったかも。

写真登山してる人には笑われちゃうけど、なにせ山に登った経験って富士山くらい。なので、「まさか一番上まで来ると思っていませんでした!」と驚いていたっけ。

写真

思えば、写真を大量に挿入してのレポートを書き始めたのは、この頃だったのかもしれない。

この2泊3日は思い出いっぱいなんだけど、あとあと他の参加者から言われるのは、帰りに落ちた話。

「わださんの姿がいきなり消えて、あの時は心臓止まるかと思った」

と、引き上げてくれた人はそういうのだが、自分はそもそも落ちた記憶がなくて、気付いたら両手で道端を掴んでいた。幸いすぐ足がつく場所があり、どこまでもずるずる落ちてゆくことはなかったものの、重い荷物を背負っていると自分で上がることができないものなんだ・・・と実感(しばらく腕が痛かった)。

あれは居眠りだったのだろうか?
バイパスで自転車に乗っていても意識を飛ばしてガードレールに突っ込んでしまう自分。この先も絶対に車を運転してはいけないと改めて思う。


大阪でもモブログ

その秋、大阪に泊りがけで出張
たしかアフィリエイト本(ピンク本)執筆のための取材で、上新電機さんに行ったんだと思う。

ひとり旅行も、モブログしてるとコメントがもらえて楽しかったりする。

そして12月には再び大阪へ。
今度は、大阪アフィリエイターが集う大阪オフ会だ。自分は完全に部外者なんだけど、すごく楽しかった。うーん、あれからもう1年半近くたつんだな。ついこの間のことみたいなのにな・・・

写真
 
 
着ぐるみ着て、大騒ぎしていたのは。
 
 
その年のクリスマスは、山小屋で過ごした。リスがかわいかった~!なんでこの時のレポートはないんだろう?


韓国

春はソウルへ。
これは中国旅行にも一緒に行った大学時代の後輩が韓国企業勤めで、「今度の出張、よかったら一緒に行きませんか?空いている時間多いので案内しますよ」と言われ、くっついていったものだ。

写真

結論から言うと、相手が仕事で結構忙しく、ひとりでソウルや近郊をうろうろして過ごすことになったのだが、やはりハングルぺらぺらで地元に詳しい人がいると、晩御飯おいしいところで食べられて嬉しい!

ローカル電車に乗って、北朝鮮との国境を見に行こうとして、思い切り道に迷ったのが最大のハプニングだった。
 
 

与那国島

2005年のゴールデンウィークは、石垣島・与那国島へ。

写真

石垣島は、一緒にいった人がダイビングしている間、原チャリ借りて島を一周。

写真

こまわりがきくと、本当にあちこちまわれるので楽しい。

メインイベントはもちろん与那国島の海底遺跡(遺跡なのか自然の造形なのかはわかっていない)ダイビング。潮がきつくて、自分みたいな本数が少ない人が潜るべきところじゃないんだけど、なんとか無事に見ることができた。

同行者は中国・韓国と一緒に旅行したアクティブな人だったので、サンセットクルーズ、マングローブカヌーと盛りだくさん。原チャリ&ダイビング以外の時は、とにかくオリオンビールを飲みまくっていた。


博多オフ会

2005年初夏は、博多へ
この頃には、かなりモブログも板についている感じがする。

写真

感想は?と聞かれたら、「よく飲みました」としか答えられない。
ほんと、あの夜はよく飲んだ。。。飲みすぎた。。。
アシリエイト」にも大受けした。


LinkShare米国視察研修ツアー

この年の最大の思い出は、LinkShareに招待されて、視察研修という名目でNYに行かせてもらったこと。声をかけてもらえた大きな理由は、「ブログでのレポート力」だったみたいで、改めてブロガーでよかったなあ・・・と。

この時は、女性陣が「自分と夢子さん」という素敵な組み合わせ。
基本的にビールを体内で即分解して、たんぱく質やアミノ酸、カルシウムにビタミンなど、生体活動に必要な栄養素を作りだしてしまうような(?)2人だったので、朝の成田空港でまず一杯。飛行機に乗ったらすぐ乾杯。ホテルに到着したら、服も着替えずに、まずビール買出しという、なんか本当に飲んだくれたツアーになってしまった。

写真

ヤンキースタジアムでは、米国三井物産の「LUXURY SUITES」!!!

写真

ドレスアップしてのパーティー参加も、新鮮な体験でした。
(あ、でもあれは一度で十分・・・緊張した・・・)

写真


八丈島へ

ハイビジョンハンディカムのセミナーに参加させてもらったのをきっかけにブログをちょこちょこ訪問するようになった浜谷講師に誘っていただいて、八丈島へ。

写真

浜谷講師いきつけのお店の島寿司がおいしかった。

写真

プロがカメラを構えている姿、見とれてしまうほどに格好よくて、ちょっとゾクゾクっと。早く自分も買わなくちゃ!HC3。


宇都宮といえば餃子

写真

そんなこんなで動き回りすぎて、体を壊した2005年後半。
せっかくの機会だから、オーバーホール!と思って、PET検査を受けに宇都宮に行ってきた

写真

コメントで教えてもらった餃子が美味しいお店は、残念ながら閉まっていた。

その後、結果説明と再検査で宇都宮を再訪した帰り、中禅寺湖まで足を伸ばした。仕事を詰め込みすぎていたので、少し休まないとなと思い始めた頃だ。

いろは坂が混んでいたため、急遽一泊。ホテルの食事がおいしかった!
こんな無計画な旅が、自分は大好き。
会社を辞めたおかげでそういうことができるようになった、今の自由な環境も好き。


2005年2度目の韓国旅行

このあたりまで来ると、まだ思い出も新鮮。
なぜか韓国旅行が当たった。

応募した記憶もないのだが、どうやらキャンペーン中に商品をネットで購入して、自動応募になっていたようだ。

写真

めちゃ寒い時期だったけど、ソウル3度目ということもあり、地下鉄を使ってあちこちまわり、さらに高速鉄道に乗って釜山へも足を伸ばし、最後はフェリーとバスを乗りついで国際空港まで行った

写真


完全凍結、袋田の滝を見に!

アフィリエイトサイト仲間(+ASPの人とかECサイト担当者とか)で、初の泊りがけ旅行(結果として泊りがけになってしまった飲み会は何度かあるが)。

今年は珍しく凍結した袋田の滝を見に、バスで北茨城へ

写真

・・・ゴーゴーと水が流れていました


流氷ツアー

そういえば、このときのレポートはまだちゃんと書いていないな。
今年3月、流氷を見に知床に行った

写真

結論・・・見れなかったです。


そして春の京都へ

そういえば、ここも山崎蒸留所レポートしか書いていないぞ。
パーティーで知り合ったMさんにイベントに誘ってもらい、サハラさんと一泊二日の京都旅行。

写真

ウィスキー、久しぶりに飲んだけどおいしかった。
ニユートーキヨーのYさんも「今年はシングルモルト来るよ」って言ってたっけ。いろいろ飲んでみたい。

京都のバックパッカー宿「UNO HOUSE」も面白かったので、
仕事が一段落したら、レポートの続きを書こっと。
 
 
+++
 
 
おっと、息抜きのつもりが、1時間以上もたっている!!!
ということで、東京ホットスポット情報館のDB修正に戻ります♪



コメント

有名な和田さんのブログ、初めて読みました。臨場感があって、イマジネーションがわいてきます。今、私は「さすらいの旅」の途中です。「業界のプロ」として仕事すべく、面接が続きます。今後も、参考にさせていただきます。またお邪魔します。

投稿者: ライス小 (2006.04.10 03:02)

ライス小さん、
はじめまして。テーマも決めず好きなこと書いてるだけの、いわゆる「雑記」ブログです。
> 「業界のプロ」として仕事すべく、
おお、いいですね!「自分にはこれがある」と、誇りをもって全身で取り組める仕事をもつ「プロ」、自分も目指したいところです。まだその対象すら見えてないのですが・・・。
頑張ってください!

投稿者: わだ (2006.04.10 10:46)

17年の担当地域が上越地方で小蓮華当たりの地図だけみてました。「私の眼鏡が落ちてるのはこの辺。」と思いながら。「人ってこんなに歩けるんだ。」って思います。あんなに見事な崖落ちを見せた上無事だったわださんをみて、「やはりカリスマだな。」と改めて認識しました。その幸運が永遠に続くことを竹馬の友としては祈らずにいれません。それとも通夜で必死に吹き出すのをこらえる最期をみせてくれるのでしょうか・・・。でもまだ遊びたりないので長生きしてください。

投稿者: はりま (2006.04.11 09:08)

はりま、
そう、数日前に「蓮華温泉に向かっていたスキーヤーが」なんて事故をニュースで知り、久々に思い出しておりました。めがねはショックでしたよね。

> それとも通夜で必死に吹き出すのをこらえる最期をみせてくれるのでしょうか・・・。

↑今朝、電車の中で携帯でこのコメントを読んで大受けしていました。「この最期ならわだも本望でしょ」「天国で本人大笑いしてるよ」「それにしても・・・最期まで和田だったよ」「うんうん」なんてお通夜、ある意味理想ですね。
まあ、いつかずっと先のことってことで、これからもよろしくです。

投稿者: わだ (2006.04.11 18:02)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9503997

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、心臓や脳などの働きを断層画像としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法です。PET検査の普及により様々な病態の診断に役立つようになりました。このPET検査の最新情報を集めました。役に立てたらうれしいです。...(2007.07.15 03:28)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ