当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

中国茶を体験する会(2)

2006.04.12 参加レポート C(7) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真ブログをやってて、レビューを書いてて良かった!と思うことは多い。「モニターしませんか?」と声をかけてもらい、ちょうど購入検討中だったロデオボーイが今うちにある。

そして企業がブロガーに着目し始めた今、いろいろ面白い企画が始まりつつある。

例えばアフィリさん主催のこんな企画だ。

第1回 気になるアレを調査しませんか? ~中国茶器&中国茶編~

自分のレビュー記事をひとつ選んで(過去記事でもOK)応募する。その中から、中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」さんが選んだ「この人にうちの商品をレビューしてほしい」というブロガーさん賞品が提供される。

よく雑誌にも登場するアフィリさんの企画には、その他の企業担当者も注目をしているはず。こうした企画に積極的に参加することで、いろいろなチャンスが到来するかもしれない。


──ということで、中国茶体験会の続き。

写真

次は青茶。


一般的な総称として烏龍茶が青茶ですが、醗酵度合いで香り・味・水色も様々です。また地方で製法も異なり、青茶と言っても様々な種類があります。勿論代表的な青茶は、烏龍茶です。

写真

中国茶はアクもでる。
茶葉の上に浮き出た泡のようなものを、竹のへらでまわりに落としていた。

写真

この蓋が、タダモノじゃあない。
茶壷の中にはいる内側の部分の高さが結構あり、別に突起があるわけでもないのに、いったん蓋を閉めると、そのまま90度傾けても蓋が落ちない!!!

その秘密は、すべて手作業の精巧な茶壷の作りにあった。
隙間なくぴったりと密着するように蓋と本体が作られているので、お湯が入った状態になれば傾けてもちょっとやそっとでは落ちなくなるという。

写真

ふんわり開いた茶葉。
普段お茶を飲んでいて「茶葉を鑑賞する」なんて機会はない。今回は、煎れる前と後の茶葉をゆっくり観察&鑑賞できて面白かった。

「茶葉を見れば、これが手摘みのお茶ということがわかりますね」

写真

ふむ。
確かにきれいに一枚一枚がきれいな葉っぱの形をしている。
不思議なほどに、千切れているものもなく、葉っぱのまわりのぎざぎざまで鮮明できれい。

写真

そしてもう一種類。
ああ、このあたりはメモを取り忘れている。
こちらも青茶だった気がする。

写真

ちなみに、「恒福茶具」さんは、中国茶と中国茶器の専門店。店長の白川さんは、究極の急須「宜興紫砂茶壷」の魅力のとりこになった人で、「数えるのが怖い」ほどのコレクションを持っているという。(その度を越した収集ぶりをパートナーから責められるのを防ぐためショップを始めたという話も・・・)

今回の中国茶体験会では、この茶壷の魅力についてたくさん語っていただいた。「宜興紫砂茶壷」は、単にお茶を淹れるための容器というだけではなく、お茶の味をおいしくする道具でもあるのだとか。

写真

茶壷の先端から、きれいな弧を描いてお茶が茶海に吸い込まれてゆく。いやーお見事!

写真

お茶の成分を茶壷が吸い込んでいくので、ひとつの茶壷でいろいろなお茶を淹れることはせず、どの茶壷でどのお茶と決めているのだとか。長い間使い続けた茶壷にはそのお茶が染み込んでいて

「お湯を入れただけで、お茶がでてくる」

なんて話もあるそうな。
すごい!これまで中国や台湾行った時以外、特に関心持ったこともない中国茶器だけど、白川さんの熱い語りを聞いていたら、妙に興味が沸いてきた。


>続く
 
 
中国茶を体験する会(1)・・・白茶
中国茶を体験する会(2)・・・青茶
中国茶を体験する会(3)・・・プーアール生茶
中国茶を体験する会(4)・・・苦丁茶



コメント

一度本格的な中国茶味わってみたいな

投稿者: おーば (2006.04.12 05:34)

モニターさんだったんだね。なんか迷うところでもあったのかと思って心配してしまったよ、このシリーズ書き出し読んで。テクノなわださんに茶道も以外だったし。(書き出しから失礼?)
私は最近トウチョウウーロン(この場合の中国茶に含まれるのかやや不安。台湾産なので)が好きです。前は玉になったジャスミンが好きだったのですが、妊娠していらいなぜかジャスミンの花っぽい感じがいやになってしまった。ウーロン茶って真っ黒いのしかしらなかったけど、香港で白茶だったのか青茶だったのかを専門店でお手前つきで飲んでいらいはまってます。いつか中国に茶器セットを買いに行きたいです。最近は日本でもいいのがでてるんだけど、中国で買いたい。

投稿者: はりま (2006.04.12 08:40)

おーば、
おいしかったです。6月に中国行く予定なので、お土産お茶にするね(パンダのタバコとかじゃなくて・・・)

はりま、
私も同じくです。中国行った時、上海在住で商社に勤めてる後輩が「お茶を習いに行っている」というところへ連れて行ってくれました。そこで飲んだお茶をいただいて以来、興味がでて、日本に戻ってきてからもちょこちょこ買って飲んでいます。
茶器セットは、なかなか家であんな風に飲む余裕はないんだろうなあというのと「置き場所どうすん」という感じではありますが、ちょっと欲しくなったりもしますね。

投稿者: わだ (2006.04.12 09:04)

上海に行ってお茶を飲んだときのことを思い出しました。
普段何気なく飲んでいるお茶。中国茶器と中国茶。お茶を飲むまでのプロセスを味わいながら飲むと、うまさ倍増かもしれませんね。

投稿者: ムッシュ池田 (2006.04.12 21:21)

ムッシュ池田さん、
> お茶を飲むまでのプロセスを味わいながら飲むと、うまさ倍増かもしれませんね。
本当ですね。そう考えると、きっと他にも、本を読んだり何かで勉強したり、一日講習を受けるなどして、もうちょっと奥の世界やプロセスを知ったら、何倍も楽しめる世界っていうのがあったりするんだろうなあと思っちゃいました。

投稿者: わだ (2006.04.12 23:29)

先日はお疲れ様でした♪
(。。。って今ごろ^^;最近時間の流れが他人と違う。。。)

楽しかったですね、お茶会。
興味があって本とか読んでたけれど、なんか実際体験すると
やっぱり違います。

。。。ヤバイくらいに茶壷が欲しい今日この頃。
特に。。。あの【うさぎ】のヤチュ。。。

投稿者: みにぃ (2006.04.14 22:37)

みにぃさん、

> 先日はお疲れ様でした♪
> (。。。って今ごろ^^;最近時間の流れが他人と違う。。。)

そこがみにぃさんの素敵なところ。
先日ゆうか、先週なんだけど・・・とか、そういう突っ込みはなしで。

> 興味があって本とか読んでたけれど、なんか実際体験すると
> やっぱり違います。

同感。

自分、割と飽きっぽくてそんなに本腰入れて何かする人間じゃないのですが、思い切り開き直って、「いろいろかじってみる」ことを目標に動いてみたら楽しいかもと思う今日この頃。

投稿者: わだ (2006.04.14 23:41)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9543437

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ