広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

中国茶を体験する会(4)

2006.04.19 参加レポート C(2) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真最後に、「これもお茶?」な茶葉登場。

細かくした乾燥青海苔って感じだ。初めて見た。どんな味なのか想像もつかない。

写真

驚いたことに、たったこれだけでいいそうだ。
どのくらい入れるかで味が全く変わるという。まずは上品な味を楽しむ。

写真

茶葉が開くとあら不思議。
こんなにきれいな若葉になった!

細かく砕いたかのようにも見えた小さな茶葉は、一枚一枚の葉っぱだった。

写真

これだけ飾っておいても、目にさわやか。
夏なら涼しげな印象を与えてくれるだろう。

味は・・・最初はうっすらほんのり甘く、確かに不思議な味。
たくさん茶葉を入れてだすと、かなり苦味がでてくる。

このお茶は「青山緑水」。
「一葉茶」と同じく、苦丁茶(クーテーチャ)のひとつだという。
(「一葉茶」は前に中国に行った時、血圧高い人用のお土産に買ってきたことがある)

苦丁茶(青山緑水)は、条形苦丁茶ではなく新芽のみのお茶です。 水色は緑色、開いた茶葉は美しく、新芽のみというのが目で確認できます。 苦丁茶は中国では一般家庭にも浸透している薬外茶です。 お味は名前の通り苦味が強いのですが、適量はほんの一つまみが一人分で、その量ですと口に入れた時は少し苦味を感じますが、喉を過ぎると微妙な甘味が感じられます。 苦味と甘味、どちらか判断を迷う不思議な味わいです。 青山緑水は中国では採取禁止とされていますが、何故かというと、貴重なものなので要するに国外へ出したくないのだと思います。 絶対お勧め!のお茶です。

確かになんか癖になる味だ。

写真

「好きが高じて」ついにオンラインショップ開設にいたった白川さん。
中国茶と茶器の魅力をたくさん語ってくれた。

楽しかったです。
ありがとうございました!

中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」
↑A8.netでアフィリエイトもしている/今ちょい管理画面ログインが面倒で素のURL貼ってます

↑忘れないうちにエントリーしておこう!     中国茶を体験する会(1)・・・白茶 中国茶を体験する会(2)・・・青茶 中国茶を体験する会(3)・・・プーアール生茶 中国茶を体験する会(4)・・・苦丁茶

コメント

わだブログのコメント初めてだったかな~(^^;。劇部もと副部長のがーこです。
中国茶美味しいよね!
(っても、がーこは中国茶より最近台湾茶にはまってますが。)

今のがーこのお気に入りは竹里館のお茶なの。HPもあるからもし時間があれば覗いてみて?
台湾にある台北で買った時には体調まで良くなってすご~い!!だったの。
安くはないんだけど(^^;。

投稿者: がーこ (2006.04.24 11:32)

えええっ!!!
びっくりしました。


・・・って、実は「もと副部長」と「がーこ」のハンドル名が一瞬自分の中で一致しなかったので、何を血迷ったか、ひとつ上の学年の副部長さんを思い浮かべちゃったんだけど、「台北」で「中国茶・台湾茶に詳しい人」といったら、同学年の副部長さんだよね。いやご無沙汰!懐かしい♪
今度あったら、お茶のこといろいろ教えてもらおっと。

コメントありがとう。

投稿者: わだ (2006.04.25 10:49)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9663862

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

ドウモ( ・∀・)っ旦 今回は、銘茶としての苦丁茶を紹介するよ♪ 取り上げるのは、青山緑水。 普段は、苦丁茶(一葉茶)をがぶ飲みしている私。今まで青山緑水については、飲んだことがなかったんだ。以前から興味はあったんだけど、今まであえて発注することは取りやめてい...(2006.04.19 18:36)
ドウモ( ・∀・)っ旦 今回は、銘茶としての苦丁茶を紹介するよ♪ 取り上げるのは、青山緑水。 普段は、苦丁茶(一葉茶)をがぶ飲みしている私。今まで青山緑水については、飲んだことがなかったんだ。以前から興味はあったんだけど、今まであえて発注することは取りやめてい...(2006.04.19 18:37)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ