スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

中国茶を体験する会(1)

2006.04.10 参加レポート C(12) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真目の細かな白い布、もしくは薄い紙で自分自身が足元から頭のてっぺんまで濾過されてゆく心象風景。幼鳥の頃から今日にいたるまで、何度も心の中に思い浮かべては、自己破壊しそうになる自分をクールダウンし、きわどいバランスを維持してきた。

そんな安全弁を少しずつ増やすことが、過去の記憶をデリートできない人間にとって大切なんだろうなあと思う今日この頃(HDDあまり積んでいない自分の場合、既にかなり記憶削除しちゃってるんだけど)。

「癒し系」に必要以上に惹かれてゆくかわいい友人、アグレッシブに何かを求め続けるあの人。たまに垣間見る満身創痍なその中身がちょっと痛ましいけど、傷なめあう趣味はないから、特に声はかけない。そう、今度、ジャスミン茶でも送ってあげようかな。
 
 
さて──。
 
 
本題は中国茶。
こっそりなアフィリさんに誘っていただき、「恒福茶具」さんの中国茶体験会に参加してきた。

恒福茶具」さんは、A8.netでアフィリエイトを開始している。アフィリエイトサイト運営者にも、ぜひ中国茶の魅力を体験してもらいたいということで、A8.netを運営しているファンコミュニケーションズと、「感想・体験談検索エンジン」を運営しているアフィリさんの共同企画として、実施することになったとか。

レビューブロガーを目指す自分、
こういう企画はめちゃ好きです!

写真

・・・なのにゴメンなさい。
千代田線の中で気持ちよく寝てしまい、15分も遅刻してしまいました。
(アフィリさんからの心配気な電話で目が覚めた)

会場に入ると、既に全員揃って説明が始まっていた。
中国茶の楽しみ方をまとめた資料も配布されている。

写真

真ん中のテーブルには、茶器が一式置かれ、「恒福茶具」の店長の白川さん(AllAbout取材記事)が、人数分のお茶を入れてくれる。

写真

最初のお茶は「白茶」。
あ、このお茶の名前をメモし忘れた・・・。


白茶は種類も生産量も少ないお茶です。新芽のみを利用してお味も端麗、香りも淡白と言えます。代表的な白茶は、白毫銀針(はくごうぎんしん)が有名です。

「それではまわしますので見てください」

・・・と参加者の間に回覧すると、実はすっごく時間がかかるのだということを、白川さんは最初の数分で悟ったと思う。

写真

ブロガーですから(笑
当然のように撮りまくります!!!
ろんぴさん、写真が本当に上手いんですよね。

写真

一挙一動が、カメラに収められていき、少々戸惑っていそう。。。
モデルでもない人がこんなにもカメラを向けられるのは、こんな場くらいだと思う。

写真

整然と並べられた茶器。
まずは温めるために、茶杯(湯のみ)や茶海(ワインサーバーみたいなやつ)にお湯を注いでいるところ。
写真を撮り忘れちゃったけど、茶葉を入れて抽出している茶壷(急須)の上にもお湯をかけて、温めていた。

写真

そして、まずは最初の一煎目。
味を均一にするため、いったん茶壷から茶海に移し、そこから今度は縦長の「聞香杯(もんこうはい)」に注がれる。

写真

で、こんな感じ。
こんな風にちゃんと中国茶楽しむことなんて普段ないから、ちょっとドキドキ。

写真

ぽこっという音とともに、おちょこ型の茶杯に淡い色のお茶が広がる。

写真

縦長の聞香杯は、お茶の香りを楽しむためのもの。

「これって、お茶を直接くんくん嗅ぐことがよくないとかあるんですか?」
「いえ、縦に長い作りで、香りをより味わえるんです」

とのこと。ふむふむ、それってこの間山崎蒸留所に行った時に聞いた、チューリップ型のブレンダーグラスと一緒なのかも。

「香りを味わう」

東西に共通の、上品で素敵な文化だ。

写真

で、モデル(?)のムーさん。
「私は顔出しOKだから」といっておきながら、こんな表情しちゃうところとかが面白すぎる。しかも、そんなにカメラを近づけてどアップで撮ろうとするろんぴさんもすごいぞ!

写真

実態は、とっても美人でまっすぐな性格の益子焼ショップの店長さんです。

で、肝心の香りとお味。

一番目なのでちょい忘れちゃいましたが、香りがとてもよかった。とても上品な味で、浄化されてゆく感じ。「お茶って葉っぱなんだよね」と思う、青々とした若い葉の甘さを感じる。一煎目、ニ煎目とだんだん味が変わってゆくのがよくわかるお茶だった。

写真

茶壷から取り出した茶葉(クリックで拡大!)。
うーん、こういう瞬間ですね、1cm接写可能なサイバーショットDSC-M2の威力がでるのは!じわりじわりとM2オーナーを増やし続けている自分だけど、今回は隣席のファンの女の子をM2洗脳!(かなり成功したとみた)
 
 
情熱店長のお店「恒福茶具」はこちら!
 
 
> 続く
 
 
中国茶を体験する会(1)・・・白茶
中国茶を体験する会(2)・・・青茶
中国茶を体験する会(3)・・・プーアール生茶
中国茶を体験する会(4)・・・苦丁茶



コメント

業者さんが日本に輸入する中国茶って、日本人の好みにあわせちゃって、現地の感覚で言うとやや下品な味のお茶であることが多いのだけれど、このお茶はかなり良さそうですね。DSC-M2のせい(^_^;)?

投稿者: 円海 (2006.04.10 10:43)

円海さん、
私は全く詳しくないのですが、そんな話もいろいろされていました。実際、「だめな(つかやばい)プーアール」と「本当においしいプーアール」を比べるなんてこともやりました。
自分みたいな素人には、濃い~苦い~お茶だとなんか「これがきっと中国茶ってもの」という感じがしちゃったりしてしまうのですが、やっぱちゃんと本当においしいものを飲むというのは大切ですね。
公安のお話とかちょうど読んでました。
再来月、2年ぶりに中国に遊びに行きます♪

投稿者: わだ (2006.04.10 10:59)

お茶にもよるけど、本当に良いお茶は雑味がなくすっきりしていて香りがあります。日本人は大抵サントリーのウーロン茶から入っているので(あれはあれで私好きですけど)どうしても雑味の入ったお茶を中国茶っぽいとして買い付けてしまうんですよね。町中のお茶屋さんでは色々飲み比べさせてくれる所もあるので、店主相手にまずいものはまずい、下品なものは下品とはっきり意見をいうと、とても良いお茶を出してくれる事がありますよ(^_^)

投稿者: 円海 (2006.04.10 14:48)

円海さん、
確かに「日本人がイメージする○○」が基準になってしまっているものとか、イメージが狭いまま固定しちゃっているジャンルってありますよね。カレーしかり、麻婆豆腐しかり。趙陽さんに連れて行ってもらって本場の四川料理を食べた時は、ほんと、目からウロコでした。
短い人生、機会を見つけておいしいもの食べて飲みたいと思いました。

投稿者: わだ (2006.04.10 23:35)

最近、いろんな所で解説付きのおいしい飲み物を飲んでいるような気がします(笑)。

ほんとにおいしい中国茶でしたね。どうしてだか、いつも場所を間違えてしまうワタシの方向感覚を矯正してくれる効能のある中国茶をゆったりと探したいなぁ、なんてことを思ったり思わなかったり(幹事のアフィリさん風♪)

投稿者: サハラ (2006.04.11 09:09)

サハラさん、
イライラ気分をすっと沈めてくれるお茶を見つけたいですね。特にそういう成分がなくても、条件反射でこれを飲めば落ち着くといったお気に入りがひとつできたらいいなと。

投稿者: わだ@携帯 (2006.04.11 15:54)

サハラさん、
イライラ気分をすっと沈めてくれるお茶を見つけたいですね。特にそういう成分がなくても、条件反射でこれを飲めば落ち着くといったお気に入りがひとつできたらいいなと。

投稿者: わだ@携帯 (2006.04.11 16:13)

サハラさん、
イライラ気分をすっと静めてくれるお茶を見つけたいですね。特にそういう成分が入ってなくても、条件反射でこれを飲めば落ち着くといったお気に入りがひとつできたらいいなと。

投稿者: わだ@携帯 (2006.04.11 16:16)

こんちは~。
土曜日はおつきあいいただきありがとうございました♪

詳細なレビューに超感激です(笑)
いつもながらのさすがな文章に、レビューブロガー魂を見ましたよ!

>イライラ気分をすっと沈めてくれるお茶

こういうキャッチフレーズで売り出したら結構売れそうな予感w

投稿者: アフィリ (2006.04.11 18:36)

アフィリさん、
素敵な企画を本当にどうもありがとうございました。
今晩続きの記事をアップして、新企画の告知も一緒にさせていただきますね。

投稿者: わだ (2006.04.11 18:40)

わださん、こんばんわ~
わたしが登場してますね!
わださんのカメラだと、何だかキレイですね~。
どこの美人さんかと思いましたよw

お茶、美味しかったし楽しかったですね♪

投稿者: ムー (2006.04.12 04:12)

あ、ムーさん、
ごめん、事前許可とってから公開しようと思っていたのに、すっかり忘れていた(つい美人さんだとその作業がもれてしまう)。よく考えたら、拡大写真もそのまま載せちゃっていました。こっちは落としますね。

お茶おいしかったです。

投稿者: わだ (2006.04.12 09:06)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/9516040

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最近、サハラが欲しいモノって何だろう…。 どこまでも歩くことのできる頑強な脚力とか、あの水着をかっこよく着ることのできるクビレとか(くれぐれも想像しないでくださ〜い 汗)、あのホテルで優雅にオーダーのできる英語力とか、パソコンワールドの理解力とか、それを勉強する持続力とか、そもそも、その能力とかとか。 なにかモノが欲しい時って、そのモノ自体が欲しいワケじゃなく、それを使って「なりたい自分になれる」ことを手に入れたいんだな、きっと。明治神宮の初詣のよ...(2006.04.11 09:10)
私は… もともとはコーヒー党で、近所にあるコーヒー豆専門店で豆を買って、自分で煎れて飲むのが好きだったんだ。 ところが… とある、お世話になっている方が、私に、中国茶について、ちょっとだけ教えてくれた。 そのときから、私は、中国茶の魅力に惹かれちゃって、中国...(2006.04.17 13:35)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ