当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

ハイビジョンハンディカム「HDR-HC3」購入レポート(2)

2006.05.16 生活雑貨いろいろ C(7) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真開梱作業中にこんなに写真撮るのも久しぶりかも。嬉しい気持ちが止まらない・・・。
ビデオカメラなんて実家にもなかったので生まれて初の所有物だ。
それにしてもちっちゃい。

楽天で「ハイビジョンハンディカム」を検索

前回も「これでハイビジョンが撮れちゃうんだ!」と驚く小ささだったけど、一年たたずにここまで!(なんかもったいない気もしちゃう程)

写真ちらっ。
上部のところがあまりにきれいで、触って指紋つけちゃうのがもったいない気がするほど。


写真で、何となくこんな持ち方しちゃったりして・・・。


写真あまりに美しくて触りたくないと思ってしまったのはここの部分。こんな材質を思い出させるよな


写真で、今まで他人のを触っていたときにはあまり気付かなかったんだけど、液晶画面の外側のブラックのところ、ラメ入り!静かにキラキラまたたいている!


写真いやー、なんか「帰ってきました」感だなあ。

昨年夏にひとつ前のHC1を持ってあちこちお出かけしていたので(ニューヨークとか八丈島とか)、すごく懐かしい感じ。


写真お約束なので「いっきに手のひらサイズ」ポーズで一枚♪


写真何度でも見とれてしまうのはやっぱここの部分。


写真いつまでもボディ眺めていても変人でしかないので、パーツに移ろう。電源スイッチとスタート/ストップボタン。親指で簡単操作。


写真バッテリパックを入れる部分。かなり奥に凹んでいて、大容量バッテリーをつけてもしっかり格納できる(一番大きいのだとちょっと飛び出るみたい)


写真さっそくダミーのをはずして、末弟r-パックを装着。


写真本当だ。全然飛び出してないというか、まだ余裕があるほどだ。


写真うん、ブラックでよかった♪


写真正面。
HC1ではレンズキャップだったので、毎回はずしたりはめたりがちょっと面倒だったけど、今度は楽チン。

フラッシュがレンズ上部についてて、下は内蔵ステレオマイクだ。


写真左横から見たランプ部。フラッシュボタンもここについている。


写真ん?このオープンつまみは?と一瞬本当にわからなかったんだけど(お馬鹿だ・・・)


写真これはテープ挿入場所。
HC1では下からの取り出して「三脚利用時に不便」と、数少ないマイナス点になっていたのだが、今回は上。いつも思うんだけど、これを開けた瞬間だけはなんか、SF映画でエイリアンかロボットが人の皮を破って中から飛び出した感じなんだよな(いい写真が見つからなかったのでとりあえずこの記事にリンク


写真真上から写真。
なかなか名前を覚えられない「アクティブインターフェースシュー」。

シューっていうと、ついシュークリームしか浮かんでこないもので(どういう意味なんだろう、「シュー」)


写真ガンズームマイクつけたり、フラッシュつけたり・・・?


写真羽開いてみた。


写真右側には、逆行補正ボタンや「シンプル」ボタン。「シンプル」ボタンは、とにかく何も考えずに撮る時にこれを押せばいいらしい。


写真外側がやけにすっきりしているなあと思ったら、なんとメモリースティックの挿入口やUSB端子がこんなところに隠れていた!これはびっくり。


写真こっちは最近サイバーショットでも使い慣れている、液晶画面左部のスタート/ストップボタンとズームボタン。


写真しかし──。
まだ何か非常に足りない気がする。。。いろいろと。。。


写真ん?これか!!


写真文字も目立たないので気付かなかったが、ここにも隠し扉があった。ちょっと壊してしまいそうで不安になりながらめくってみると、コンポーネントビデオケーブルやAV接続ケーブル、そしてACアダプターを接続する端子がひっそり隠れていた。


写真こういうベルトに隠れた部分も高級感ある。手のひらで下部を抱きかかえた時の感触がとても気持ちいい。


写真えっと・・・あと写真撮り忘れているのは・・・ステレオマイク部分。


写真あと底面。


写真右側面には(あれ・・・もしかしたらこっちは左?)カメラコントロールダイヤルとマニュアルボタンがある。フォーカスやAEシフトなど、よく使うメニューを割り当てて、いちいちパネルでメニューをかちゃかちゃ開かなくても左手で簡単に操作できるらしい。


写真そして充電中。
いきなり傷つけたら泣いちゃうと思うので、ヨックモックの箱にハンドタオルを敷いて置き場所作成。はっきりいって、インコの雛状態の扱いだ。最初に、何を撮ろうかな♪ 妄想が広がって仕事が手に付かない状態かも♪


ということで、しばらくは「HDV・ハイビジョンワールド・ブログ」でお勉強しながら、HDR-HC3生活を満喫します♪ 
 
 
楽天で「ハイビジョンハンディカム」を検索



コメント

まずは許可を得て、ホットヨガのインストラクターさんでも撮ったらどう???

投稿者: おーば (2006.05.16 05:27)

今、まさにビデオカメラが欲しくて・・・。(TT)
うらやましいですぅ~。

やっぱりSONYですね。
私は親からSONYのビデオカメラを
借りる事があるのですが、
使いやすいなぁって思います。

それにしてもちっちゃくなった割には、
説明書が増えてるのは気のせい???

投稿者: sibuki (2006.05.16 08:43)

おーば、
ハイビジョン撮影なので、間近であんな映像撮ったら、
めちゃめちゃセクシーになっちゃいます。

sibukiさん、
HC3は他のデジタルビデオカメラと比べて少々高いんですが(大きさも普通のだったらもっと小さいのあります)、映像が「4.5倍」分確かにきれいです。これ長い目で見ておすすめです。
説明書は一冊だけで結構薄いです(他のものはユーザ登録の案内とかサービスセンター一覧とかそんなやつでした)

投稿者: わだ (2006.05.16 12:05)

わ、リンクされている。 ありあとうございます。
かわいい近代美術館の作品も、わが血族の手にかかると
変なことになってしまい、困っています。

投稿者: G (2006.05.16 23:21)

Gさん、
コメントども!
いやー、あの路線は素敵すぎます。なにかが炸裂してます。

投稿者: わだ (2006.05.17 21:40)

ついに! HC3を手にいれましたね。
次は、編集!
週末から、天気があまり良くないようだけど、八丈島です。
そろそろ、ハイビスカスの花が咲き始めたようです。
HC3では、どんな色になるのか?楽しみです。

投稿者: hamapro (2006.05.22 14:05)

そうなんです!
買うと決めておきながら、なぜこんなに時間かかっちゃったのか・・・って感じなんですが、やっぱり、HC3買うと、すべてをハイビジョン化したくなっちゃうということで、相当な出費が予想されたんです。

> 次は、編集!

はい。まもなく発売開始になるtype Rのスペックとにらめっこ状態です。

八丈島懐かしいです!
レポート楽しみにしております。
http://blog.so-net.ne.jp/hamapro/


投稿者: わだ (2006.05.22 23:41)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/10090145

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ