当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

天津日帰り観光~南市食品街

2006.06.09 [旅]シルクロード旅行2007年 C(2) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真初めての天津駅!
意味もなく感動!天津だよ、天津!
地名だとは知らずに注文していた「天津丼」の天津!

旅行の醍醐味って、人との交流が大きいけど、こうした「新しい地に降り立った瞬間」のわくわく感だな、と。


写真

すごくきれいな街だ。
北京から電車で一時間半。日本で言うと、横浜か神戸といったところだろうか。
駅をでて、少し歩くと川(運河)にたどり着く。時計台のモニュメント。

写真

大きく弧を描いて両側に羽を開いたような形の橋。
電車の窓からも見えていたこの橋がすごく気になっていたので、ここを通って市の中心部に向かった。

写真

「こっちの方向で大丈夫かな?」と少し歩くと、賑やかな通りにでた。

写真

さらに少し行くと、歩行者天国になったショッピングストリート。
両側はブランドショップやデパートが並ぶ。

写真

トイレを求めてそのうちのひとつに入ったのだが、フォーマルファッションの階に売られているものが妙にどれも格好よく、前回も上海でパーティー用に一着買ったのだが、またここでも買いたいもの続出。チャイナカラーで素敵なシャツが多かった。ただ手持ち現金が300元くらいで、これ以上カードを使うのもやめておこうと思ったので、見るだけで断念。

写真

このまま歩いていると余計なものを買ってしまいそうだったので、タクシーに乗って「南市食品街」へ。

写真

中には、食品のお店やレストランなど。
他の都市から来た観光客もかなり混じっている感じだった。

写真

どこでお昼を食べようかさんざん悩んだ結果、「狗不理」に。
天津で有名なお店と聞いていたので・・・いろいろのれんわけしてるという話だったので、ここがその支店なのかどうか、今ひとつよくわからなかったものの。

写真

2階にもテーブルがあるみたい。

写真

こんなに食えん!

一人だとやはり中国旅行は食事に困るなあ・・・。一品頼むとそれでおなかがいっぱいになってしまうのだ。名物の包子を頼み、もしまだ入りそうだったら別の料理を・・・と思ったのだが、やはり量が多い(12個)。注文時に減らせないかと交渉してみたのだが、それはだめだった。結局7個食べてギブアップ。

写真

その後、南市食品街近くにあるはずの「旧城」(昔のまま家などが残っているエリア)に向かって歩いていたんだけど、きれいなマンションなどが立ち並んでいて、なかなか見つからず。方向間違えたらしい。

写真

ここは、市の建物だった(行政府だったか議会だったか忘れてしまったけど確か)。

写真

工事現場のような場所に囲まれていた場所には、どうやらマンションなど高層ビル群が立つらしい。「現代城」と書かれているところから、もしかしたらこのエリアも「旧城」の一部なのかな?と思っちゃったり。北京同様、ここも開発ラッシュだ。




コメント

どこもかしこも開発ラッシュだね@中国都市部
そういう生き生きとした中国に行けてよかったね^^

投稿者: おーば (2006.06.09 18:22)

おーば、
あんな巨大でパワーのある国の隣にある日本、
幸せなのか不幸せなのか、よくわからないですね。
(経済的には、アクセスしやすい場所に巨大な市場があって、おいしいんだろうけど)

投稿者: わだ (2006.06.10 11:09)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/10449475

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ