当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

北京から天津まで~中国の電車

2006.06.09 [旅]シルクロード旅行2007年 C(4) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真友人とはここでお別れ。
後姿を見送って、北京駅へ地下鉄で向かうことにした。新疆飯店からは一駅なので歩いてもよかったのだが、この日は相当な距離を歩くことになるので、けっこう慎重。


写真

北京の地下鉄はとても動きやすい。
距離によって少し違うのかもしれないけど、普通に近距離なら一律3元。チケット売り場はスタッフがいるカウンターになっているので、地元の人達の真似をして、1元札を3枚差し出すと、ちっちゃなチケットがぽんとだされる。5元・10元札しかない時には、指を3本たてれば大丈夫。

写真

行き先も漢字表示でわかりやすい。
何分かかるかもちゃんと書かれている。

写真

写真

北京駅、立派!!!

写真

チケット売り場はたくさんあるんだけど、「ここでいいのか?」というのがよくわからなかったので、一番右手奥ににあるチケット売り場に行ってみた。ここは非常にきれいで、あまり人がおらず、もしかしたら、特別快速など専用の売り場なのかな?あとでガイドブックを見て確認しておこう(外国人用だったのかも)。

写真

チケット買うのに苦労するかな?軟座・硬座の区別とか何等の列車を買うかとかどう伝えればいいのかな?そもそも、チケットが午後の分まで買えないとかだったら悲しいなあ・・・なんて思っていたんだけど、一発OKだった。

天津と紙に書いて、「今天(今日)」とだけいうと、向こうが中国語で何かを言う。わからないという顔をすると、自分の紙に「10:30」と書いてくれた。「OK」そういうと、中国語で「30元」と言いながら、指で30を示す(パネルにも便名や発車時間、料金などが表示されるので問題なし)。

写真

すぐにチケットが発券された。
漢字圏っていいなあ。

写真

さて切符。
見方が一瞬わからないが、ちょっと駅内を見渡すと何が書かれているのかすぐわかる。基本的には、日本で新幹線のチケットを買ったときと一緒だ。「北京→天津」とある右側の「T535次」とあるのが列車名。駅でどの番線から発車するのかなど探す時のキーになる。その下には日にちと発車時刻、そして「02車下049号」(車は「牟」に似た簡体字)とあるのは、どうも「車両番号&座席番号」らしいことがわかる。みょう~に長いバーコードもついているが、特にこれが必要そうな場面には遭遇しなかった。

写真

駅の中に改札があるのではなく、駅の建物に入るときに、切符チェックがある。ちなみに「站」と書いて「駅」だ。

写真

北京駅に入るとこんな感じ。
まんなかの電子掲示板に、列車の便とどこから発車するか表示される。エスカレーターをあがったところにもちゃんと詳細があるので、軽く覚えて通りすぎてしまっても大丈夫。

写真

一応、近づいて写真撮影(デジカメってこういう時にメモ代わりになって便利♪)自分が乗るべき「天津行き10:20発のT535便」は、「2楼中央●票庁」(●は檜に似た文字)」からの出発なことがわかる。

写真

エスカレーターあがると、正面が「中央●票庁」右手が「第一候車室」左手が「第二候車室」となっていて、自分の乗る「T535」は、「中央●票庁」の「二楼正南側」のところに書かれている。

なんで、とりあえず正面に進む。
(もうこのあたりは感覚です/一瞬戸惑うので、最初30分は余裕持って動いたほうがよさそげ)

写真

中央●票庁に進むと、両側にいろいろお店もあって、飲物や食べ物、ちょっとしたお土産なども購入できる。

写真

あった!発見!
韓国もそうだったけど、「ホームで電車を待つ」というのではなく、出発時刻の少し前まではここで待つ形になる(もしかしたら長距離だけかもしれないけど)。なので、結構たくさんの人が、ホームに向かう階段の上で待つ羽目になる。

写真

これが何なのかわからないけど、気になったので撮影。お金を入れると一体何が見えたのだろう???

時間もあったので、

「地元の人と同じようなことをしよう」

と思って周囲の人の動きを観察すると、とりあえずお水などの飲物を買ったり、あと新聞を買ったり。そっか、新聞か!漢字で書かれているから半分以上は何が書かれているかわかる。暇つぶしに買ってみよう!と思ったら・・・

写真

「日本強占中国国宝」

という記事がいきなり1面トップ。
うーむ。

そういえば、同じ記事を、出発前に朝日新聞の一面で読んでいたぞ。日中戦争だったかそのあたりで、日本軍が持ち帰ってきた石碑かなにかが、皇居の中に国宝として保管されていて、一般公開もされていないといった内容だった。

「新聞を買う!」と決めてここでひいたらチキンなので、勇気をだして購入。

まじめに読んでみると、「日本の朝日新聞の報道によると」といった形で、朝日新聞の記事を受けて、中国でも一面記事としてとりあげた形になっていた。朝日新聞では、「中国に返還すべき」的論調にまで踏み込んでいなかったものの、暗にそれを感じさせる記事になっていたが(学者コメント等で)、中国側の記事はもっとストレートだ。

個人的には、日本にあってもさほど意味のないものな気がするし(よく知らないけど)、確かに「強奪」的な形で皇居に持ち込まれたものだから、返還していいものだと思うけど(ただ、中国─朝鮮半島の歴史関係に影響ある政治的遺物かもしれない)。

特に日本政府も日本の世論も「返還なんてとんでもない!」「これは日本の国宝だ!」と主張しているわけでもないと思うものだが(そもそも知らなかったよ、そんな存在!)、中国の新聞では、割と敵対的なトーンで書かれているような印象も受け(あんまちゃんとは理解できてないです)、このあたりが意識差なんだろうなあと。

まあ、確かに他にも相当国宝級のものが日本に持ち込まれている(=強奪されている)という現実、自分含め、あまり知られていない。韓国や中国を旅行すると「ここの黄金の柱は日本軍が・・・」などというガイドブックや説明版の記述を読み、「意識してないよなあ・・・日本人。つか自分」と思うことが多々ある。

同じ事実でも「持ち帰った」「強奪された」、このニュアンスの差は多分大きい(今回こう書かれていたというわけではないです/でも日本の新聞が「日本軍が強奪し・・・」とは、あまり書かないですよね)。

写真

そして、新聞片手に、ホームに下りてゆく。

写真

反対側には、上海行きの寝台列車が止まっていた。
二段ベッド。いつかこんなのに乗って旅したいなあ。

写真

各車両に女性の乗務員がいて、ここでチケットを確認。

写真

「02車下049号」は、やはり「2号車下49座席」という座席番号だった。車両が2階建てなので、「上下」表記がある。ちょっと自信なかったので、隣の席の女性にチケットを見せ、自分の席を指差し「OK?」と聞くと、にこにこしながら「そうですよ、あなたの席はここで間違いないですよ」と(多分)中国語で答えてくれた。

海外旅行のコツは丁寧に「聞く」ことだと思う。

言葉が通じなくても、たいていのことは「聞く」ことができると思っている(もちろん政治とか哲学とか、抽象的なことは難しいけど)。

そしてその次のコツは、聞いて教えてもらったら、誠意をもって「感謝」の意を伝えること。不思議なもので、好意・悪意は、カルチャーの違う国であっても、間違って伝わることはなく、「ありがとうございます。助かりました!」という気持ちは、言葉を超えて確実に伝えることができるものだ。

この時も、自分が最初に「自分はこの席でいいのでしょうか?」と聞いた女性は、道中ずっと自分のことを気にしてくれていたようで、天津駅に着いたときには、「あなたの目的地はここですよ。自分も降ります。あなたも一緒です」といったようなことを、わざわざ腕を触って注意を促し、言ってくれた。ありがたい!中国の人は親切だ!

写真

ちなみに、北京─天津の特快は、二階建てで、席は向かい合わせの6人席と4人席。6人席のほうはこんな感じで、テーブルにはゴミを乗せる用なのか、アルミのお盆のようなものが置かれていた(終点近くで、乗務員がゴミ回収をする)




コメント

なんか楽しそう♪ああ、中国行ってみたいなぁ~。特に開発ラッシュの今、どう様変わりしていくのか見てみたい(う~~~~早く旅行許可下りろ~~~~~)

投稿者: おーば (2006.06.09 05:14)

列車旅とバス旅は、けっこう楽しいよ。
国にもよるけど。
(いきなり停止して「昨夜の砂嵐で道が消えちまった・・・」「まじ!?」なんてことにならなければ)

投稿者: わだ (2006.06.09 15:51)

こんにちわ!北京&天津へ行きます。電車は快適そうですネ!バスより安心感もあるし、私も電車にしようかな??言葉が通じなくても、伝わる(分かる)ことって結構ありますよネ。私は中国語は出来ませんが、いつもどうにかなるのが我ながら凄いです(笑)言葉より度胸かしら?!また来ます!!

投稿者: ブタ子 (2006.07.25 12:40)

ブタ子さん、
はい、中国で電車に乗ったのは初めてだったのですが、快適でした。結構混んではいましたが、全席指定の電車だったので。時間に余裕を持って動きさえすれば、まったく問題ないなと思います。

> 私は中国語は出来ませんが、いつもどうにかなるのが我ながら凄いです(笑)

旅行慣れしてるんですね!
やっぱ自分も、度胸が一番だと思います。

楽しい旅行を!

投稿者: 和田@成田線 (2006.07.25 13:51)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/10447382

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ