スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

初日の夜は全聚徳で北京ダック!

2006.06.07 [旅]シルクロード旅行2007年 C(8) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真今はチャイナエアラインの飛行機の中。外は真っ暗。順調に行けばあと40分ほどで成田に到着予定だ。本読む気分でもないので、持参したパソコンでデジカメ写真を整理して、ついでなのでブログ記事も書くことにした(帰宅後アップ)。


今回は6月2日(金)朝9時半に成田をでてお昼頃、北京に到着し、6月6日(火)夜9時過ぎに成田に戻る4泊5日のコース。訪問地は北京のみで、異業種勉強会仲間の2人が北京駐在になっているので、それを他の仲間と一緒に訪問するという企画だった。

写真

自分は、大学時代の後輩で、最近よく一緒に旅行しているMと一緒。
というか、チケットをとらなくっちゃなあ・・・と思いながら直前まで何もしてなかった自分のために、Mが全部手配してくれたというのが真相かもしれないけど。

朝早いけど、もちろんビール。燕京の純生。前に読んだ本によると、中国の「純生」は生ビールじゃないとか書いてあったっけ。

写真

空いていたので3人席を2人で占有。
Mが成田空港で買った柿ピーをさっそくつまみに開ける。

・・・なんか、妙におっさん臭い写真だなあ。

写真

機内食。

M「つまみにはいいですね」
わ「うん」

小さな、鯛形の人形焼みたいなのもついていた。
製造元がうちの近所でびっくり。

写真

無事到着。

ホテルに着いたらすでに2時を過ぎていた。ホテルは地下鉄崇文門駅近くの新疆飯店(ノボテル)。天安門にも歩いていけて便利な場所だ。3日目のハイヤー手配だけ済ませた後、南方向に散策しながら、天壇公園に行くことにした。

写真

中国というか北京のすごく面白いところは、大通りから一歩踏み込むと、のどかな民家が立ち並ぶ風景に突入してしまうことだ。この場所も、市の中心地を走る大通りから細い通りに入って数分の場所。

家の前には朝顔やへちまが植えられていて、とても絵になる風景。

同時に、2008年のオリンピックに向けて・・・という要素も強いと思うんだけど、市街地整備が急ピッチで進められているのが、街歩きを始めてすぐにわかる。天壇公園の北側の門から北に向かって、地図に載っていない新しい道ができていた。よくあることじゃん、と言われそうだけど、その通りというのが、けっこう太くてまっすぐで「一体どれだけの民家をつぶしたんだろう・・・」という感じ。

脇では、芝生や街路樹を埋める作業が進んでいた。

写真

歩いている途中で、自分のバッテリーが切れてしまった。

「おなかすいた。つか、血糖値が下がってる感じ」

で、天壇公園北口近くの食堂に入った。
自分ら以外はほとんど客がおらず、従業員が全員でテレビを見ていたけど、入ってみたら冷房もきいていて結構立派なところだった。メニューは漢字のみで、「とにかくおなかにたまるものなら・・・」という観点で選んだひとつがこれ。こんにゃくみたいな食感の・・・麺? ごまやにんにく、ねぎがたっぷり入った、坦々麺風な汁で、うーん、微妙。生臭いというのがMの感想だったけど、確かにねぎの臭みが強かった気がする。

写真

そして天壇公園。
広い! ぎりぎりで見学できた天壇にも感動したけど、それよりも整備された公園の広さに驚愕していた。朝はここで、太極拳とかやってるのかな。

ちなみに、今回はいつもと比べて写真量が少ない。
ハイビジョンハンディカム『HDR-HC3』持参していたので、それをまわすことが多かった。

静止画にも切り出せるので、あとで家に帰ったらやってみよっと♪
(ちなみに今は京成電鉄で自宅に向かっている途中)

その後、天壇公園の南口からバス─徒歩─タクシーで、待ち合わせの北京飯店ロビーへ。
現地駐在のSくん、あと天津経由で北京入りしたUさんと合流。

海外での知り合い再会って、結構わくわくする。

写真

初日は北京ダック。
「ここはこのまま食べてください」と最初に皿に盛られた、皮のパリッとしたところの裏にこってり&とろとろした脂味部分。

顔が自然とほころんでしまうおいしさだった。

「でも飽きるよ」

と北京駐在組。うーん、飽きるほど食べたい!!!

写真

その後、たれつけて皮にまいて・・・という食べ方で、ばくばく贅沢に食べまくった。もうひとりの北京駐在者も仕事が終わって合流し、内蒙古の取引先の工場経由でやってきたもうひとりもやってきた。

東京の居酒屋で飲んでいて「遅れちまったな」なんて言いながら一人ずつ遅刻者が合流するみたいで、ちょっと不思議。10年以上前にであった学生時代の知り合いもいる。あの頃の自分達、将来、中国の北京であひるを食べながら、「仕事どうよ」なんて話をする時が来るとは思ってなかったよな。




コメント

私もたまに専門学校の友達と会うことあるよ。なぜか仕切り役は私なのだが^^;;
旅行じゃなく、川崎で会おうとか、今回は中華街にしてみようとかだけどね。
でも、学生時代の友達と近況について話すのはとっても楽しい。
・・・・あ、またみんなに会いたくなってきたな。また企画すっかな

投稿者: おーば (2006.06.07 05:05)

わださん!チャイナエアラインじゃないですよ~。

投稿者: あき (2006.06.07 19:10)

ダイエット中のはずのみちるです。
私の今晩のメニューは北京ダックでした 恵比寿と六本木に二十四時間やっている北京ダック屋があるんです7人で行ってあんまり飲まなくてお腹いっぱい食べて2400円

うーん私も懐かしい友達と行きたいなぁ今の友達と行くのも楽しいんだけどね<たまには実家に帰れということか?

投稿者: みちる (2006.06.08 00:25)

和田さん、うっかりしていました。
今回搭乗したのは、北京の航空会社、CA=中国国際航空=エアチャイナ です。(調べたらUAとはマイレージ提携していました・・)
ちなみにチャイナエアラインとは略称CIで台湾の航空会社です。
北京で飲み癖がついてしまったみたいで、家で一人で飲んでしまいました。。悪い癖がつきました(笑)

投稿者: 元旅行会社社員の後輩M (2006.06.08 01:28)

おーば、
昔の友人に会うと、自分が若返るよね。
そんな場を作る「仕切り役」ってすごく貴重だと思う。

あきさん、
あ、本当だ!!!
なんか完全にごっちゃでした。

みちるさん、
すごいなあ、日本で北京ダック。でも割と手ごろに食べられるんですね!

元旅行会社社員の後輩M、
自分も、なぜか一般海外主任者資格もってるんだけど、すっかり航空会社の略称とか忘れてるよ。お恥ずかしい。
家で一人飲みするようになった・・・は、30代独身女性の共通の習慣です。危険。

投稿者: わだ (2006.06.09 00:27)

わだちゃんへ、
まいどこんばんは。今さらながら初めて遊びにきました。
Wada>家で一人飲みするようになった・・・は、30代独身女性の共通の習慣です。危険。

確かに危険ですね(^^; うちの嫁はんと一緒かも。
自分は最近ストレスからか、夜中か早朝にコンビニ行ってお菓子を買うのが癖になってきました。太りだす予兆あり。危険。

投稿者: かったん (2006.06.16 02:49)

かったんさん、
ん?背の高いかったんさんでいいのでしょうか。

> 確かに危険ですね(^^; うちの嫁はんと一緒かも。

結構危機感あります。
ひとりでおうちで飲んじゃうのは昔からなんですが、
最近、量が妙に増えてきちゃってまずいなあ・・・と。

> 自分は最近ストレスからか、夜中か早朝にコンビニ行って
> お菓子を買うのが癖になってきました。太りだす予兆あり。

危険。
夜間外出禁止令が必要です。

投稿者: わだ (2006.06.16 06:00)

わだちゃんへ。
背の高い、おそらく同じ年のかったんです。

Wada>ん?背の高いかったんさんでいいのでしょうか。

たぶん外していないと思います。

Wada>最近、量が妙に増えてきちゃってまずいなあ・・・と。

ちなみに、つまみはどうなさっていますか。
来月めでたくご結婚される新婚さん宅に、ワイン片手にいきしょうか。

Wada>危険。
Wada>夜間外出禁止令が必要です。

いやぁ、やめられそうにないです。
# 特に、夜中のアイスクリーム
ストレスといっても人間関係ではなく、営業での受注実績が伸びずコミットメントを達成できない(→事業撤退)のではというプレッシャからと自己分析しています。

いろいろ考え過ぎなのでしょうか。
まぁ、最悪、事業撤退でも、自分の命取られるわけではないので。なるようにしかなれへんとは思うてます。

投稿者: かったん (2006.06.23 00:40)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/10424346

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ