当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

凄い毛抜きに出会った話(2) REGINEツイザー

2006.07.21 生活雑貨いろいろ C(13) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真この「毛抜き」とは思えないような商品を作っているのは、精密機器メーカー。ネットプライスの商品紹介ページによると「精密機器などの細かい部品をつまむ本格的なツイーザーを開発した会社」だとか。

そんな凄い毛抜きの実力を、
さっそく試してみることにした。

写真

大きさはこのくらい。
今使っている毛抜きより、少し長い感じ。
先端のほうが丸く膨らんではいないので、どちらかゆうとスリムな印象を受ける。

写真

先端は少し斜めにカットされていて、
斜めに構えて肌に当てると、ちょうど肌にぴたっと水平になる。

写真

毛をまたぐように先端を当て、親指と人差し指で軽く押す。
ちょっと軽く力を入れただけで、先端はぴたっと吸い付くようにくっつく。

その時の感触がなんとも不思議。
金属じゃなくて、何か薄いゴムの膜か何かがかぶせられていたっけ?と思うほど、「ぴたっとくっついた」瞬間の弾力のようなものを、指先に感じるのだ。
 
 
あ、つかんだ♪
 
 
理由はわからないけど、指先でそう感じる。

写真

もう一度最初からやってみよう。
これが掴む前(クリックで拡大写真を是非見てください)。

写真

ぴたっ!

写真

すっ!

写真

もう一回、少し斜めから。
今度はちゃんと、一本だけをしっかり狙ってはさむ。

写真

両側から迫り来るステンレスの壁。
危うし、毛!
もはや逃げ場はどこにもない!

写真

完全にキャッチされてしまった。

写真

そのまま、特に力も加えず、真上に引き上げる。

写真

根元まできれいに取れている!(クリックで拡大)
\(^o^)/お見事!!!


・・・この後、ついつい腕の毛抜きに夢中になってしまった。


写真

先端は、刃物なみに鋭利なんだけど、
ちゃんとゴム製のキャップがついているので、持ち運び時も安全。

写真

化粧品ポーチに突っ込んでいても、
キャップ付きなら衛生的だ。

写真

これまで使っていた2本と比べてみる。
大きさはかなり違うが、キャップをすると本当に平らになってしまうので、収納は逆に楽だ。

これまで使っていた毛抜きも、奥の一本は先端部分の加工が本当に細かく、掴みが抜群で、とても気に入っていた。確か、地方物産展か何かで「伝統の金属工芸」「職人手作りの毛抜き」ということで購入した奴だったと思う。手前はスーパーで買った安物。見事なまでにすべる。

写真

拡大してみるとこんな感じ。
右側が愛用の職人毛抜きだ。

やはり先端の角度や作りが全然違っていることがわかる。

写真

写真

REGINE製毛抜き同様、先端はぴたっとくっつく。

写真

毛の掴みもよく、

写真

すっと抜ける。
 
 
ただ、
 
 
写真

これを一度体験してしまうと、確かにもう元の毛抜きには戻れなくなる。

写真

いやー、確かにイイ!!!
失くした時用に、あるいは用途別に一人で複数個買っちゃうという気持ちもよくわかった。

写真

以上、凄い毛抜きに出会った話でした。


icon
icon
確実にキャッチ!豊富なカラーが揃ったスイス製 REGINEツイーザー
icon

▼これもすごそうです


名剣の産地として誉れ高い ドイツゾーリンゲン発のツイザードイツ ゾーリンゲンNiegeloh(ニゲ...



コメント

ジョーバに引き続き、和田さん、体張りすぎ!

投稿者: T村K (2006.07.21 13:09)

T村Kさん、
> ジョーバに引き続き、和田さん、体張りすぎ!
いえいえ、ここで脇とかVライン(Vラインってわかります?)とか登場したら「体張ってる」ことになるのですが、むだ毛未処理の腕くらいではまだまだ・・・。

投稿者: わだ (2006.07.21 15:31)

わださん、こんにちは。
いやあ、わたしこれちょっと買ってみようかしらと思いました。
とげが刺さったとき毛抜き使いますが、
なかなかうまくつかめなくてもどかしいんですよ。
木造で古い家なのでよくとげがささります。
いい毛抜きないかなあと思いつつたまにしか
使わないので、忘れて・・・
で、また思い出して使うときに、いい毛抜きないかなあと
思うことのくりかえし。
お役立ちの情報ありがとうございます!

投稿者: たからにゃ (2006.07.21 16:16)

毛抜きのすごさより、毛を抜いている様子を写真に撮るわださんの写真技のほうが、よっぽどすごいと思ってしまう私…。

足じゃなくて腕なんですよね…
どうやって撮ったのか????
想像だにできません(^_^;

投稿者: いまいち☆ (2006.07.21 18:02)

こ、これは確かにすごそうな毛抜きだっ!!毛根まで抜けるのですか?(UPでみたけどわからんかった)

投稿者: 円海 (2006.07.21 20:15)

これは私も欲しい!!!
わださんのレビューを見て、すっかり複数買いする気が満々です(笑)
3個買わなくっちゃ♪

投稿者: しおっち (2006.07.21 20:26)

1つの毛抜きにここまでの写真とページ数をかける人は絶対にいないはず!
ちょっとドキドキ感さえ感じましたよ(笑)

やっぱレビューって欲しくなる。
私も書いたくなってきた・・( ̄▽ ̄人)

投稿者: yuu (2006.07.21 20:31)

たからにゃさん、
ああ、木材の棘とかささると痛いんですよね・・・とれずに放置するわけにもいかずで。眉とか用に買う人が多いみたいですが、あるといろいろ使えますよね。

いまいち☆さん、
このコメントを携帯電話で見ながら、しばし電車の中で考えちゃいました。「どうやって撮ったんだ???」と。で、気づきました。コメントの中でも「腕」と書いていますが、正確には「足」でした。絶対無理ですよね、右手で左手の腕の毛を抜きながら、もう一本の手でシャッターを切るというのは(笑

円海さん、
毛根までするりです。いい感じです。
私は眉毛はまったくそのままの人なのですが、眉によさそげです(結構長さもあるので)

しおっちさん、
おお、複数買い候補が!
でもあれですよね、こういうのって「一個だけ」は送料(全国一律525円)もったいなく思っちゃうんで、とりあえずいくつか買っておいてブログでレビューして、欲しい!といってきた
友達とシェアとかゆうのもありですよね(送料部分も分割負担で)

yuuさん、
お褒めいただき、ありがとうございます(^_^)
これは、入手すると結構レビュー書きたくなる代物かもです。ついでにいうと、今はもうひとつのREGINE社アイブローシザーズ(はさみ)のほうも欲しくなりつつあります。

投稿者: わだ (2006.07.22 09:42)

以前から気になっていた【毛抜き】
でも1,800円は・・・
と思っていましたが,購入する気になってしまいました!!

投稿者: ぷにゃ (2006.07.24 10:03)

この毛抜き、昨年購入していて、先日リピート買いしたばっかりなんですが、わださんのレポっぷりに頭が下がりますー。
まさにレビュアー魂を見た!!って感じです(笑)

いや、でも、この毛抜きいーですよね。
1800円の価値はじゅーぶん!

投稿者: ユウコ (2006.07.25 09:33)

ぷにゃさん、
確かに1800円は高いですよね、毛抜きで。
でまあ、価格のことはさておき、質はとてもいいです。もちろん国産でも、本当にすばらしい職人さんの作った金物ってあるのですが、この接着面の広さはかなり便利です。

ユウコさん、
さすがですね、すでに複数本お使いでしたか!
レビューほめていただき光栄です。生足(?)だした甲斐あります(笑
満足しています、この毛抜き!

投稿者: わだ (2006.07.25 11:26)

いや~聞きしに勝る毛抜きレビュー。ステッカムでとある方に、紹介されて

拝見したのですが、思わず書き込みしたくなりました。

ついこの前、素足で歩い

ていて、かかとに何か棘をさしてしまい、刺さっているのはわ

かっているのに、取れないもどかしさいたさ、毛抜き毛抜

き・・・・って毛抜きを探して、悪戦苦闘して夫にとってもら

ったことがあったものですから、この毛抜き ぜひほしいと思

いました。毛抜きがいかに優れものかほんとによくわかります

が、それをここまで表現伝達できるあなたに感動しました。

投稿者: mie (2008.01.19 01:49)

mieさん、
わざわざコメントまでいただきありがとうございます。
そんな風に言っていただくと、今後のレビューにも気合が入りますので。
この毛抜きは、ついレビューしたくなる久々のマイヒットでした。自分もまさか、たかが毛抜きをこんなに写真撮りまくって、記事2本も書くとは思ってませんでしたが、実際、逸品だと思います。

投稿者: わだ (2008.01.21 09:19)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11037081

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ