スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り

白州蒸留所そしていよいよ、蒸留所の見学コースもクライマックス。
「樽」が、原酒を抱きかかえたまま、長い時間静かに眠る場所へ。

白州蒸留所

貯蔵庫。
入り口に近づいただけで漂ってくる、

白州蒸留所

ウィスキーの香り。

白州蒸留所

「ウィスキーの香りはいやしの香り」
─森林浴と同等のストレス緩和効果を実証─

登山が趣味という人に、誰かが問いかけた。

「森林浴と同じように癒されるんですね」
「いや、こっちのほうが癒される(笑」

“飲み”好きな一行、香りで何かのスイッチが入ったようで、わくわく度アップ。
お酒苦手な人だと、ちょっとNGな場所かもしれないけど、自分達にとっては確かに聖地って感じだ。

白州蒸留所

貯蔵庫の外には、こんなディスプレイ用の樽も。
山崎蒸留所も、見学者向けにとても凝った、工夫こらされたディスプレイが用意されていて、「ビジターセンター・オブ・ザ・イヤー」なんていう賞も受賞しているそうなのだけど、白州もすごい。

白州蒸留所

暗くてちょっと上手く撮れなかったけど、足元から天井高くまで、大量の樽が横たわっている。すごい! こんなにたくさん貯蔵されてるんだ!!!

白州蒸留所

建物も大きく、いったいどこまで続いているんだ!?状態。

白州蒸留所

表側の板には(何か名前があったはずなんだけど・・・なんだっけ?)、作られた年号が書かれている。

白州蒸留所

さっき、足元から天井高くまでと書いたけど、それは間違い。
足元を見ると、その下にもまだまだ空間は続いており、
数え切れないほどの樽が積まれている。

白州蒸留所

一番奥のスペースの樽には「OWNER'S CASK」と書かれている。
そう、樽ごと購入できるオーナーズカスク用の樽だ。NAME欄が空欄のものは、まだ残っているカスク(樽)だ。

白州蒸留所

ちなみに「樽ごと買う」といっても、樽で届けられるのではなく、ちゃんとボトルに詰めて納品されるとのこと。その見本も置かれていた。

白州蒸留所

白州蒸留所

オーナーのサイン入り。
これまで特にオーナーズカスクの話を聞いてもそんなに惹かれてなかったんだけど、これを見たら「自分で樽買ってボトルに詰めて配りたい」という気持ちが芽生えてしまった。

人生の目標を立てろと言われてもなかなか思いつかず、ちょっと困っていたりする今日この頃。「オーナーズカスクを購入する!」とかにしちゃったりして・・・(そのためには、ちゃんと味の違いのわかるウィスキー党にならなきゃな)

白州蒸留所

個人・企業だけでなく、何かのクラブやチームで「記念」に購入してもいいようだ。
考えてみると、いろいろ面白い活用法があるかもしれない。

白州蒸留所

さわさわと、葉がざわめいている。
ハイビジョン撮影したので、映像を見ると、この時の空気を思い出すことができる。

白州蒸留所

この白州島原峡は
泉質豊かな水はもとより
澄んだ空気 広大な土地と樹海など
ウイスキーづくりに欠くことのできない
すべての条件がそろっています。

>続く:白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ



白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて
白州蒸留所(2)森に育まれるもの
白州蒸留所(3)蒸留釜ってちょっとセクシー?
白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽
白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り
白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ
白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター
白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11425820

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ