<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪

白州蒸留所そして、濃密な蒸留所見学ツアーを締めくくるのは、ファクトリーショップ。ここでしか購入できないオリジナルウィスキーなどがあって、“限定もの”にすぐ目がくらむ自分にはたまらない場所。

白州蒸留所 白州蒸留所

「白州蒸留所」と書かれた箱に入った、ここでしか買えない、シングルモルトウィスキーのボトルをいくつか購入。

白州蒸留所

こんなのもあった。

白州蒸留所

ウィスキー愛好家のグループとかなのかな?
4~50代くらいの男性集団が来ていた。

白州蒸留所

謎?

白州蒸留所

スペシャル・ミステリアス・ウィスキー。
気になったんだけど、買い物に時間をとられ、ちゃんと説明ボードを読まないで来てしまった。

次に訪れることがあったら、お土産に買ってきたい(ここでも買える)。

白州蒸留所

ヴィンテージモルトと書かれた年代ごとのボトルも展示されていた。


+++


そしてその後、蒸留所近くにある“名水”尾白川渓谷の入り口を散策して、つり橋や澄んだ川の水の流れをビデオ撮影して、東京に戻ってきた。ハイビジョン撮影した渓谷の風景は、何度観ても飽きないほどに、本当に美しく、日本の自然って本当に素敵だなあと。

白州蒸留所+尾白川渓谷散策。

今回自分たちが連れて行ってもらったこのツアーは、
“森の蒸留所”と言われる白州を満喫できるものだった。

蒸留所の周辺には、他にもいろいろ観光できる場所があるみたいなので、夏休みの予定が決まっていない人は、白州まで足を伸ばして、澄み切った空気を思い切り吸い込んでくるなんてのもいいかもしれない。

子供連れなら、8月末まで、夏休みの特別企画もいろいろやってるみたいだ。


+++


そして、場所はいきなり自宅。

白州蒸留所

後ろに写っているテレビは、ワールドカップじゃないか?(懐かしい・・・)

白州蒸留所

これが戦利品♪

白州蒸留所

蒸留所の風景まで描かれた、白州でしか買えないもの。

白州蒸留所

白州蒸留所

ボトルにはナンバリングが入っていて、
首にかかった紙には白州蒸留所の説明が書かれている。

白州土産はこれが一番かも。
2本とも、人にプレゼントした。

白州蒸留所

こっちは樽出原酒
こちらは、オンラインショップでも購入可能だ。

オンラインショップといえば、8月15日からこんな記念ボトルが発売されるそうだ。ペンギンがかわいい(特にゴルフ興味ないけど)。ブレンダーズセットはちょっと気になる(詳細ページが見れないためってのもあるけど)。

白州蒸留所

「樽出原酒」は、先月いろいろあって久しぶりに帰省した際、お土産に持っていった。

白州蒸留所

母と一緒に1杯ずつ飲んだが、思ったよりずっとまろやかな味でおいしくいただけた。ウィスキー苦手な母も、「これはおいしい」と。

白州蒸留所

これも確か実家に持っていったと思うんだけど、食べずに置いてきてしまった。

白州蒸留所

ただの鮭とばではなく「ウィスキーの香りがしみこんだ樽材で燻した」もの。

白州蒸留所

これは何が入っているかというと・・・

白州蒸留所

樽材で作ったメモ立てと箸置き。
これは自分用だ。

白州蒸留所

こんなちっちゃいのに、ちゃんと文字もプリントされている。

白州蒸留所

箸置きは、何か小さなものを飾るのに使おうかなと思っている。

以上。
ちょっと長すぎでしたね・・・ごめんなさい。



白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて
白州蒸留所(2)森に育まれるもの
白州蒸留所(3)蒸留釜ってちょっとセクシー?
白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽
白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り
白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ
白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター
白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11425829

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ