当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽

白州蒸留所そしてまた、車に乗って広い敷地内を移動。フロントガラスの向こうに、たくさんの樽が積まれている場所で停車した。

白州蒸留所

ここは一体?

白州蒸留所

リチャー。
最後の一文字を書き忘れてしまったような、変な名前。


30~40年間使われてきた樽は、内面をもう一度焼くこと(リチャー)で樽材成分が熱分解を受けて、樽のもつ熟成力がまた蘇ります。

へー!!!

いや確かに山崎蒸留所でそんな説明があったけど、
本当に蒸留所内でその作業をやっているとは・・・。

白州蒸留所

車から降りたら、もうそこには“燃える樽”と、身のこなしが格好いいスタッフの方。
そういえば、蒸留所に来て、作業をしている人というのを見たのはこれが初めてだったかも。

手袋をはめた両手で樽をくるくると回転させながら、時々、ふちの部分にひしゃくでみずをかけたりして火をコントロールする様は、これぞ職人技。うーん、格好いい!!!

白州蒸留所

樽の下には、車輪のようなものがついた台があり、その上で樽がころころと回転させられている。
火がころころと中で転がりながら運動しているようにも見える。

白州蒸留所

時々、炎がものすごく大きくなる。
うーん、これで蘇るのかあ・・・一体、誰がそんなことを発見したんだろう。

白州蒸留所 白州蒸留所

奥に置かれた樽から水を汲んで、ふちの部分にかけている。ふち部分を焼かないようにするためとか。

白州蒸留所

手前では、実際にリチャーされた樽の板の見本を見せてもらった。真っ黒焦げになってるだけに見えるけど、この焼きを入れた部分の厚みコントロールが熟練技のようだ。

白州蒸留所

確かに・・・真っ黒に見えたけど、実は表面から数mmだけだ。

白州蒸留所

さあ、これで火が消えますよ!といわれて、樽を見ると、ひしゃくを大きく構えて今にも勢いよく樽に向かって振りかぶる姿勢。あわててビデオを構えようとしたんだけど、本当に一瞬で間に合わず。

白州蒸留所

次の瞬間、白い水蒸気がしゅわーっと。
近くにいた警備員の温和な笑顔が、「残念でしたね~」とこちらに語りかけている。

うん、あんな一瞬とは思わなかったです。
撮りそびれた・・・。

リチャーしたばかりの樽を、ころころ転がしてこちらに持ってきてくれた。
さっきまで大きな炎をあげていた樽、まだ水蒸気がしゅわしゅわと立ち上っている。

白州蒸留所

ん?水蒸気・・・と思ったものは、ただの水蒸気じゃない!

「わー、ウィスキーの香りだぁ!!!」

どこか甘い、首から上をくすぐるような香り。

白州蒸留所

奥のほうには、リチャー待ちの樽がいっぱい。
自分が生まれた頃に作られた樽達。この後また数十年、ウィスキーを熟成するためにひと働きするんだね!

>続く:白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り



白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて
白州蒸留所(2)森に育まれるもの
白州蒸留所(3)蒸留釜ってちょっとセクシー?
白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽
白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り
白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ
白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター
白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11425818

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ