当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター

白州蒸留所おいしいウィスキーとおつまみと、こだわりランチでまったりしたところで、午後の見学コースへ。ここはウィスキー博物館。

白州蒸留所 白州蒸留所

白州蒸留所 白州蒸留所

白州蒸留所 白州蒸留所

ウィスキーの歴史中心に、3階まで展示が並んでいる。
公式サイトによると「アメリカの悪名高き禁酒法時代を紹介した展示」なんてのもあったようだが、ちょい時間も押していたので、やや駆け足気味に各フロアーをまわり、最上階へ。

白州蒸留所

ここからは、白州蒸留所を囲む山々がぐるりと見渡せる。
山な人が、指差しながら「あの山が○○で、昨年・・・」と解説してくれる。

そういえば、おととしのクリスマスは、しらびそ小屋でリスの写真を撮りまくっていた。「冬の装備が必要」と言われ、すごい着こんで行ったのに、雪が全くなく、「これじゃ、秋山ハイキングだなあ・・・ははは」と笑った一日目。翌朝目が覚めたら、雪が斜め45度くらいの角度で降っていて、見渡す限りの白銀世界。目が点になった記憶がある。

また山歩きしてみたいな。

白州蒸留所

そしてここが「うさぎバー」。
私はちゃんと予習をしないで訪れてしまったので、ちょっともったいないことをした。

遅ればせながら「うさぎバー」の歴史とは?ということで、Googleで検索してみると・・・。

びっくり。
検索結果の2、3行目はサハラさん、4行目は店員佐藤さん・・・と、同行者のレポートブログが並ぶ。

ここのサイトに、由来が書かれた額の写真が載っている。
それによると、バー「うさぎ」は銀座8丁目にあった老舗バーで、昭和30年にオープンし、文壇など各界の名士が集ってカウンターでグラスを傾けた場所なのだとか。平成12年に閉店となった後、そんなカウンターを譲り受け、白州蒸留所内に設置したということのようだ(BAR「白州」)。

きっと多くの人に惜しまれての閉店だったんだろうなあ。
開高健なども通っていたそうだ。

白州蒸留所

スタッフの女性が、説明をしてくれる。
完全に忘れてしまったけど、この席は誰々が必ず来ると座っていた場所・・・など。

白州蒸留所

すりガラスに、なんともかわいいうさぎの絵。

白州蒸留所

ここでもまたウィスキーをいただく。

バーなんて、昔、年上おじさまに連れられて行ったくらいなんだけど(で、「お酒の名前、全然わからないんです~」とか困った顔をしながら、普段飲めない高いボトルを指差す・・・と)、居心地のいいなじみのお店とか見つけられたら、すごくいいだろうなあ、と思っちゃう。

男の人っていいなあ、と。

白州蒸留所

自分もカウンターに座らせてもらいました。
椅子が結構高くてびっくり。おへそのちょい上くらいにカウンターがくる感じか。

白州蒸留所

長い間使い込まれ、磨かれてきた味わいがあるカウンター。
グラスを片手に、何を見るでもなく、このカウンターに視線を落とす。きっとそんな客もたくさんいたんだろう。ここを訪れて、懐かしみながらウィスキーを注文したりする人もいるのだろうか。

白州蒸留所

白州と北杜をいただきました。

このカウンターでも、白州蒸留所の海野氏から本当にたくさんのウィスキー作りにまつわる話をお伺いした。
「ウイスキーの話をしだしたら止まらないというか、すんごい情熱を注ぎ込んでらっしゃる方でした」と店員佐藤さんも書かれているけど、本当にまさに

情熱

がひしひしと伝わってくる人。
こういう人達が、代々の原酒を受け継ぎながら、長い長い時間をかけて造っているんだなあと思うと、ウィスキー、1滴たりとも粗末に飲んではいけないと、強く思ったりする。

白州蒸留所

これは白州18年。
滅多に飲めない長期熟成のシングルモルトウィスキー。

公式サイト

白州蒸留所

オーディオも撮影したんだけど、
時間が経ってしまって、なんで撮ったのか忘れてしまった。何かストーリーがあったような気がするんだけど・・・。

>続く:白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて
白州蒸留所(2)森に育まれるもの
白州蒸留所(3)蒸留釜ってちょっとセクシー?
白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽
白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り
白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ
白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター
白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



コメント

このオーディオセットはアレですよ。ウイスキー樽を材料にして作ったスピーカーセットです! 実際に音は聞けませんでしたが、ウイスキー好きにはたまりません!?

投稿者: 店員佐藤 (2006.08.17 13:23)

店員佐藤さん、
そうでした!ウィスキー樽のスピーカーセットでした!
それにしても、もう2ヶ月も経っちゃったんですね、あれから。こんなに昔のレポート書いたのは初めてです(ビデオ撮りじゃなかったら、書けなかったです・・・)

投稿者: わだ (2006.08.17 16:27)

まだ懐かしいって感じではありませんが、おお!そうそう!!
みたいな感じで楽しませていただきました。まだ暑くなる
前の白州。また気候の良いときに行きたいですね。

投稿者: 店員佐藤 (2006.08.17 16:54)

店員佐藤さん、
やっぱ、HC3最高です。
何度でもあの時の雰囲気を味わうことができて。
早く編集できるようになりたいです。

・・・って、ぜんぜんコメントレスになっていないあたりが不思議ですね。

投稿者: わだ (2006.08.22 22:05)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11425825

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ