当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて

白州蒸留所これは先々月の話。
新宿駅を朝9時に出発するあずさ9号に乗って、白州蒸留所に行ってきた。
4月に山崎蒸留所へ行って「ウィスキーに合うオードブル」を堪能したばかり。こんな短期間に何度も蒸留所を訪れることは、一生のうちにもう二度とないだろう。

白州蒸溜所 蒸溜所来場証バナー


同じく蒸留所リピーターが知り合いにいた。
半年間に二度もご主人と白州蒸留所を訪れたウィスキー好き。同じ場所に二度も???と首を傾げるとこう言った。

「いやでもね、いいのよ!白州!」

どうも“森”らしい。とにかく“いい”らしい。
うーん、どんな感じなんだろう? 山崎とはかなり違うのだろう?

今回のツアーは5名。あずさ車内では缶ビールが配られたが、いやいや、ウィスキーを飲むまでは我慢我慢!
そして、小淵沢に到着。

白州蒸留所

小淵沢駅には、「サントリー白州蒸留所」の看板。
実は長野に遊びに行く時、何度も乗り降りしている駅なのに、気付かなかった。

思い出の駅だ。

20歳の時、グアムすら行ったことない「渡航経験ゼロ」の自分は、一年間エジプトに行くことを決めた。
カメラを持っていこうと、当時人気だったキヤノンの初心者用一眼レフ「EOS10」を購入。その記念すべき初撮影のために、わざわざ青春18切符を買って深夜に新宿で電車に乗り込み、まだ暗い早朝に到着したのがこの駅だった。

白州蒸留所

タクシーに乗ること10分ほど、「結構遠いなあ・・・」と思い始めた頃、白州蒸留所に到着。

白州蒸留所

通常の見学コースとはちょっと違うツアーだったので、まず通されたのが、なにやらVIP感漂うこのお部屋。今でも目に焼きついている、山崎蒸留所のディスプレイを思い出す、琥珀色のボトルがガラスケースの中に整然と並べられている。

そして反対側のテラスに目をやるとそこは・・・

白州蒸留所

緑に輝く世界。
すごい、確かに森の中だ!濃緑の森の真ん中だ!

突然どこかの別荘地にやって来て、テラスの外を眺めているような気持ちになった。

白州蒸留所

これは、ハイビジョンハンディカム「HDR-HC3」で撮影した映像を静止画に切り出したもの(ここから先、横長の写真はすべてそうです)。ハイビジョン映像でみると、木々が風に葉をゆすっているのも臨場感たっぷり。ゾクゾクするような風景。

白州蒸留所

ここ、実は「オーナーズカスク」専用の部屋。
ウィスキーの樽ひとつ、丸ごと購入してしまうというものだ。

オーナー候補の方が、購入することを決め、さてそれでは、どの樽にする?という最終決定をする際に、この部屋でテイスティングをするそうだ。

「この味も・・・そう、いいねえ」

なんて言いながら、グラスを覗き込む紳士の姿が目に浮かんでくる。
うーん、格好いいなあぁ!

会社の創業記念だったり、お店の開店パーティーなど、企業で購入するケースも多いという。企業理念なんかと絡めて解説できるような味・香りのウィスキーを選んだりするのだろうか。

サントリー「オーナーズカスク」

白州蒸留所

この部屋には、オーナーズカスク用のウィスキーが試飲用に並んでいる。ひとつひとつのボトルに、年代や味・香りの特徴、“余韻”、そして価格が書かれたラベルが貼り付けられている。

決して安い買い物じゃあない。

これを購入する人達は、きっとウィスキー党でこだわりもある方々なんだろうが、それでも、これだけの中からひとつ選ぶとなると、相当悩むことだろう。聞いてみると、かなり時間をかけて選ばれるオーナーも少なくないのだとか。

白州蒸留所

価格もさまざまだが、白州蒸留所の中で最も高額なオーナーズカスクはこれ。1981年のもので、お値段なんと26,000,000円!!! 小さな家買えちゃうよぉ! 試飲希望者も多いのか、このボトルはかなり減っていた。確かになめるだけでもいいから、体験してみたいよな。

白州蒸留所

「いや~」と、ついつい見とれてしまう一行。

白州蒸留所

あまりに別世界なお話と価格にちょっとうっとり&くらくらしながら、
緑色に輝く窓の外の風景をバッググラウンドに、26,000,000円のボトルを記念撮影。

白州蒸留所

自分も記念撮影♪

白州蒸留所

いきなりすごい洗礼を受けたあと、いよいよ“ウィスキーの森”白州蒸留所ツアーへ出発!

>続く:白州蒸留所(2)森に育まれるもの



白州蒸留所(1)森の香りに囲まれて
白州蒸留所(2)森に育まれるもの
白州蒸留所(3)蒸留釜ってちょっとセクシー?
白州蒸留所(4)炎の中で再生する樽
白州蒸留所(5)ウィスキーの眠り
白州蒸留所(6)ウィスキーに合うおつまみ
白州蒸留所(7)年代物のバーカウンター
白州蒸留所(8)お土産選びは楽しい♪



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/11425809

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

前々回にエントリーで書いた浦和のBar「Davecot」で頂いた、ウイスキーの事を書きます。日本のウイスキーで僕が好んで頂くウイスキーの一つである「白州」です。前回はアワードを受賞した「竹鶴21年」の事を書きましたが、今回ご紹介する白州 Bourbon Cask 1994は竹鶴と違っ...(2007.05.03 06:20)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ