当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

MacBook開梱~とってもシンプル

写真今日のタスクは5分の1も終わってないんだけど、MacBookが私を呼ぶので、お仕事中断。

大丈夫、明日があるさ(勤労感謝の日だけど)!
企画書の1個や2個がどうした!MacBookがあるさ!(なぜか強気)

写真

ということで、まずは箱を傷つけないように開梱していこう。
モニター業務遂行できなかったら返却だしね。

ほら、途中で服役の身になっちゃったとか、交通事故にあって両腕骨折とか、ひょんなことから、どっかのPCメーカーに再就職が決まったりとか。人生いろいろだし。

写真

どっちが上かよくわからないけど(それで鎌倉ハムを落とした事例)、
多分大丈夫だろう。

写真

おっと、びっくり。
最初これが何だかわかってなかったんだけど、よく見たらただの発砲スチロール。
なんでただの発砲スチロールがこんなかわいいことになってるんだ?? 
思わず捨てられなくなっちゃうじゃないか・・・。

中身は、妙~に少なくって、シンプル。
もっとケーブル類がごちゃごちゃ入っているかと思ってた。

写真

一個ずつ取り出していこう。
まずは電源ケーブル。

たぶん使い始めてからのレビューは、超初心者の自分、相当レベル低いものになりそうなので、せめてこの瞬間だけでも丁寧にレビューしとかないとね。

写真

なんかよくわからないけど、箱。
軽いので、別にデジモノが入っているわけではなさそげ。

写真

「Designed by Apple in California」と書かれている。
なんかデザインしたものが入ってるの?

とりあえず後で見ることにしていったん放置。

写真

かわいい発砲スチロールをのけると、半透明のビニールに包まれた本体がぴたりと収まっている。

写真

もう一個のケーブルも顔をだした。

写真

初めて見る端子の形だ。
とっても浅くて、「刺さるのか?」的なやつ。

これはいったい、何に使うものなんだ?
よくわからないので、放置その2。

写真

今、MacBookをご購入されると、もれなくおまけでついてくる「iPod nano」。
嘘です。本当に嘘です。

アップルのこういうの、見慣れていないと全部iPodに見えちゃうだけです。
多分・・・なんかのリモコン?

写真

さあ、いよいよ本体のお出まし!!!

写真

結構重量はある。
見た目がかなり薄かったので、ちょっと意外だった。

まあ、自分が990gのレッツラー(「Let's Note R3」)だからそう感じちゃうだけかも。

ちなみに、13インチMacBookのサイズ・重量スペックは下記のとおり。

高さ:2.75cm
幅:32.5cm
奥行き:22.7cm
重量:2.36kg

2.36kgか。
たまに仕事で持っていくという人ならいいと思うけど、自分みたいに常に持ち歩いて、ホットスポットで仕事するベドウィンタイプのモバイラー(♀)には、ちょい重いかな。

写真

注意書きは斜めに読んで、さあいよいよ対面!

写真

これがIntel Core 2 Duo搭載の新しいMacBookです!

写真

リンゴマーク部分がおしゃれ。
陥没したところが透明になってる。

写真

ところで。

この間のオリエンの時、目の前にMacBookがあった。
開けて中を見たくて仕方なかったんだけど、
開閉用のスライドスイッチの場所が見つからなかった。

マックユーザが大半の中、どう開ければいいのかわからず、ウゴウゴしてる姿をさらす勇気はなく、最後の最後まで手をかけることすらできなかった小心者Windowsユーザ。

写真

やっぱり見つからないぞ。。。
もしかしてこれって、

写真

強引に持ち上げちゃっていいのかな?
どうもいいらしい。

写真

開いた!

写真

中もとってもシンプルなデザイン。

写真

キーボード。

タイピングしやすそうな気もするし、へこへこした感じ(伝わる?)のような気もするし、よくわからない。まあ少なくとも、10.5型のモバイル用「Let's Note R3」よりは、幅もあって打ちやすそうだ(自宅ではいつも、マイクロソフトの立体的なキーボードを装着して使っている)

それで気づいたんだけどこれ、ワイド液晶なんだ。
テレビとかDVDとか見る用ってことなんだろうか?

このあたりのニーズがよくわかってないんだけど、TV視聴目的で活用されることも多いデスクトップならともかく、ノートってワイド必要なのかなあ。むしろ自分はいつも「縦方向」が欲しくて仕方ない人なんだけど。縦長がいいよ、画面は!(ピボット機能マンセーな記事

写真

正面から撮影。

写真

左斜め前から撮影。

写真

右斜め前から撮影。
本当に真っ白で、シンプル。

一瞬、あえてどこのメーカーのパソコンかわからなくするように、真っ白く塗りつぶしたパソコンのように思えてしまったほど。


写真

キーボードはこんな感じ。
割とソフトな感触の四角いボタンが並んでいて、本体とボタンの間の隙間はほとんどなく、埃とかも入りにくそうなのがうれしい。

写真

電源ボタン。
とりあえず、電源ONまでは問題なくできそうだぞ。

写真

タッチパッド。
なにか違うなあ・・・なんでだろう?と思っていて気づいた。
Windowsパソコンの場合、クリック部分が左右にわかれているんだ!

写真

カメラ内蔵。
ビデオチャットとかできる。
ほとんどやったことないけど。

前に、ホットスポット情報サイト仲間と「ビデオチャットしながら乾杯」ってのをやったことがある。「ホットスポットな新年会」の予行練習。おつまみ作りに消えちゃう人がいたり、黙々と缶を開ける人がいたりして、普段の飲み会とは違う楽しさがあった。

ホットスポットな新年会2004~ブロードバンド回線で、人は"一緒に"酒が飲めるのか?

写真

そして、とりあえずの定位置に乗っけてみた。
ここでいったん、一休み(長くなりそうだな~)。


> 続く
 
 
StartMac体験モニターさん大集合ブログ(他の方の到着報告記事をチェック!)




コメント

マックの本領は後ろ姿に有り と十年前おつきあいしていたマックユーザー(クリエイティブな仕事)が言っていました 最近になっていろんなPCをみてホントそうだなぁっておもいます。<ノートだとあまりわからないけどね

明日から名古屋に帰るけど あーモデムカード買って置けば(無くした)実家でもネットできたなぁとちょっと後悔
がんばって使いこなしてください。

投稿者: みちる (2006.11.22 23:54)

みちるさん、
> マックの本領は後ろ姿に有り と
ほー、そうなんだ!今度ちゃんと見てみます。MacBookも本当に無駄なものなくて美しいですね。
自然に使いこなせるようになるまで、頑張ります。

投稿者: わだ (2006.11.23 00:24)

はじめまして!
Start Macな方々のブログを楽しく拝見してマス。

ついにブツ到着ですね。
Macのある暮らし、楽しんだり困ったり、怒ったり?
してみて下さい。

私はiBook G4、14インチを使ってるんですが
やはり重くて(約2.7kg)外へ持ち出して使うには
勇気と根性がいるように思いマス。
パソコン以外にも荷物ありますし...

次、購入するとしたらMacBookと思っているので
使い心地レポート、楽しみにしてます。

投稿者: まんぼ (2006.11.23 15:41)

まんぼさん、
コメントありがとうございます。
まだ2日目ですが、なかなか楽しませてもらってます。

> やはり重くて(約2.7kg)外へ持ち出して使うには
> 勇気と根性がいるように思いマス。

そうですよね。
どのくらいかなあ・・・自分的には、日常的に持ち歩くパソコンの重量上限は、1.5kgですね。
デザインもよくて薄いので、持ち歩きたい感じはするんですけどね、MacBook。

投稿者: わだ (2006.11.24 01:34)

わださん、はじめまして。
Macレポ楽しく拝見させてもらってます。
初めてMacを使ったときの頃を思い出します。

液晶ディスプレイのやつは爆笑でした( ̄ー ̄)

さてさて、先日、私もMacBookを購入しました。
それで気になったのですが・・・
・・・箱空けるときの上下が逆なのでは?

わざとだったのならごめんなさいm(_ _)m
ついつい、ツッコミたくなってしまいました。

投稿者: あお (2006.11.24 08:45)

あおさん、
はじめまして。そういってもらえるとうれしいです。

> それで気になったのですが・・・
> ・・・箱空けるときの上下が逆なのでは?

あ、大丈夫だったと思います。
今回はちゃんと上下間違えず無事開けることができて・・・
と今の今まで思ってたんですが、そう言われると、上の発砲スチロールを持ち上げようとしたら、電源アダプターのケーブルだけ上で、大きな部分が下にもぐっていて変に引っかかったり、ちょっと変だったかも。
マック本体も、よく見るとこれ、上下逆な感じですよね。
ということは、もしかして逆だったのか!?
いやでも、マニュアル書いた箱もちゃんと上に乗ってたし・・・と思ったけど、これも写真で見たら、逆さまですよね。うーん、ちょっと自分で受けてしまうほど、見事に気づいてませんでした。ツッコミありがとうございます(笑


投稿者: わだ (2006.11.24 09:56)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/12783128

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ