スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

ビール&泡をおいしく注ぐ実験 (1)高くから注ぐ

2006.11.15 フード&ドリンク C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真泡のないビールはまずそうに見える。縁まで盛り上がったきれいな泡のビールは美味しそうに見える。

「見た目」だけじゃなく、本当にそうなんだということを、今年6月のMONO-PORTAL体験&撮影ツアー≪ビール工場編≫で体験しました。

へ~!目からウロコ。

家庭でも缶ビールをおいしく飲むコツを教わったので、試してみましょう。
(これは今日の午後公開予定のMONO-PORTALお歳暮企画「テーマ2」関連記事です)

写真

まずよく冷やしたビールの缶を開けます。
ここまでは一緒。

別に「逆さまにして開ける」とか「よく振りながら開ける」とか、そんな裏技はありません。少なくとも、自分の家ではやりません。

写真

次に、いきなり少し高めの場所からグラスに向けて注ぎます。
最初、慣れないと目標を捕らえきれず失敗をしてしまうので、気をつけましょう。

写真

かなり勢いよく泡が立ちますが、大丈夫です(たぶん)。

写真

こんなもんでいいのかな?
このあたり、ちょっと記憶が怪しげなのですが、とりあえず、多いくらいの泡をたてていったん休止。

写真

泡が少し落ち着いて、量が減るまで待ちます。
じっと待ちます。
ビールの泡を眺めながら待ちます。

なんか、じれったいです。
く~っ!

写真

上のほうはカニ泡になっちゃってますね。
本当は、細かなクリーミーな泡がいいんだそうです。
そういや、ちゃんとしたところでだされるビールは、本当に泡がクリームのようですよね。

写真

まだじっとまってます。
指先が少しじりじりしてますね・・・。

写真

そうして今度は、グラスを斜めに傾けて、グラスの縁からしずかにビールを注いでいきます。

写真

うん、確かこんな感じだったと思う・・・ちょっと自信なくなってきた。
誰か、一緒にビール工場見学行った方で、追加アドバイスとかあったらコメントください。

写真

ゆっくりゆっくり、泡をつぶさないよう、
泡の層の下をくぐらせるように注いでいきます。

写真

入りました!

写真

ビール・泡比率、ちゃんと7:3になってるかな?
居酒屋で昔働いていたんだけど、泡が多いとマジ切れするお客さんいるんですよね。気持ちはわかるんだけど。

写真

うーん、でもちょいぶくぶくしちゃってるなあ。
すぐに消えちゃいそうな泡でもある。

もう少し、高いところから挑戦したほうがよかったのかしら?

写真

ということで、もうひとつの実験に移ります。

>続く


お歳暮をもらおう倶楽部★2006

↑新テーマ公開しました。トラックバックよろしくお願いいたします!



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/12695119

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ