当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

携帯レフ板(2)

2006.11.07 生活雑貨いろいろ C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真板状でB5サイズのレフ板。
初めて見た。

ビニールでできた丸いレフ板で、周辺部に細いポールが入った折りたたみタイプのものは見たことあるが、こっちのほうが使いやすそう。片面がつるつるで、反対側は少し細かいざらつきのあるものになっている。

●楽天市場で「レフ板」を検索すると・・・? 

この大きさと軽さなら、書類などと一緒に持ち歩け、お店などでも使いやすそう。

「でも実際にはだしにくいですよ」

そりゃそうだろうなあ。
生まれてこの方、レストランや居酒屋でレフ板かざして写真撮影している「一般客」なんて見たことない。

それでも、これを使うことで、お肉料理だったりさしみだったりの一部がきらりと光を放ち、脂がのっている雰囲気やみずみずしさなどを表現できるようだ。

その場で実演してもらったが、うん、微妙な違いだけど、確実に何かが違う!!!
 
 
ってことで・・・
 
 
写真

さっそく、秋葉原のヨドバシアキバへ。

写真

本当だ!いろんなサイズがある。
B5サイズ2枚組みを買った。

買ったら使いたくなるのが人情。
他の場所で一人でやってたら、ただの「変な人」だけど、ここは秋葉原。しかもヨドバシの最上階のレストラン街なら、買ったばかりの家電製品を眺めてにやにやしてる同志もいそうだ。

写真

メニューにはまったくこだわらず、とにかく空いている店を探したら、蕎麦屋になった。

写真

「プロ使用 両面ついたて可能 光沢・梨地」と書かれている。
たぶんあのざらざらしたほうを「梨地」というのだろう。

写真

価格は税込630円。

写真

連結して使う時用の、プラスチックのコネクターのようなものもある。まっすぐつないで大きくしてもいいし、真ん中で折って、ついたて状にしてもいいらしい。

写真

お店の人の目を気にしながら、いろいろ角度を変えて写真撮影。

写真

こうして、ごにょごにょいじっていれば、購入直後であることを理解してもらえるだろう。その後、料理が運ばれてきた時に実際にかざして写真撮影したところで、

「ああ、買ったばかりで使ってみたいんだな」と思ってもらえるはずだ。

そして運ばれてきたいくらサーモン定食。

写真

あえて、「光沢」がありそうなものにしてみた。

しかし。

勇気がなかった。

結局、使えず。

(定食の後ろに写っているのがレフ板)
 
 
>続く
 
 
携帯レフ板(1)あるグルメブロガーの秘密兵器とは?
携帯レフ板(2)ヨドバシ・アキバで購入!初利用なるか?
携帯レフ板(3)トマトが光った!
携帯レフ板(完)なぜかフランクリン・プランナー登場



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/12593000

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ