広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

サントリーがアフィリエイト開始~シングルモルトセミナー(後)

写真§前編を先にお読みください

試飲会をかねた懇親会の会場は、「サントリー モルトバー DEN 赤坂」。表参道にも、駅すぐの所に一箇所と、骨董通りに一箇所、水槽が幻想的な「DEN AQUAROOM」があって、そっちは以前、何回か行ったことがあった。

写真

都会の「隠れ家」で、優雅なひとときを

そそるキャッチコピー。
なかなか女性だと一人で飲みに行くとかできないけど(もう少し年重ねたら大丈夫になるのか?)、もし自分が男の人だったら、絶対に「隠れ家」BARとか居酒屋とか何箇所か確保して、ふらっと飲みに行っていたと思う。
 
 
いいなあ~、男の人。
 
 
注:でも吉野家とか立ち食いそばとか大戸屋は普通に一人で入れます

写真

写真

なんと、今回のセミナー参加者用に貸切になっていた。
セミナーだけで帰った人もいるので、人数はそんなに多くない。

太っ腹だなあ、サントリー。

写真

全然関係ないけど、お店の前で「携帯レフ板」の見せっこ。
この手帳を持っているのは、もともと自分が携帯レフ板を買ったきっかけになった人だ。

素材は、キッチンのレンジ周りに貼り付けるためのものらしい。
私の「アルミ流し台シート」より、厚みもないし、強力かもしれない。

2007年は、グルメ系ブロガーの間で、「携帯レフ板」を手帳に仕込むという習慣が広がっていくに違いないと確信した。

写真

カウンターには、おいしそうな料理とボトルがずらり。
私は、Macモニターで一緒の永沢さんを追いかけてお店の一番奥のテーブルに行ったら、A8.net運営ファンコミュニケーションズ社長の柳沢氏もいつの間にか来ていた。

「いついらしてたんですか!?」
「先に着いちゃったんですよ」

写真

暗くてちょっと写らなかったが、輿水チーフブレンダーも来てくれていた。

写真

室元氏の発声で「スコール」乾杯。
一杯目は、輿水氏が好きなラフロイグのハイボール。

とってもスモーキー。
前にも飲んだことがあるが、ソーダ割りは初めてだった。

写真

写真

DENのオーナーズカスクもあって、そちらもいただく。

写真

響30年。
自分で飲みにきていたら、絶対に手はだせない価格だ。
(ちなみにサイトのメニューにも載っていないけど、響21年で2,625円になってる)

写真

大事に味わいながらゆっくりいただきました。
あ~、贅沢。

でも根が小心者なので、全部で2~3杯しか飲まなかった。
他のテーブルの人に後で聞いたら、高いものから順番に、ひととおり制覇したとか。やっぱそうするべきだったなあ。

写真

と、そこに輿水氏現る!
暗かったのと緊張で、ちょっとぶれぶれになってしまいました。残念!

後半、お開きになるまでたくさんのお話を聞いた。

永沢さんが質問されていたのは、いつごろ、どういう形で「ブレンダー」としての才能に気づき、開花させたかという話。その答えは、永沢さんのブログのほうに詳しく書かれている。

Modern Syntax : 「サントリーシングルモルトセミナー」に行ってきました。

私も、ここぞとばかりに質問しまくってしまった。

数え切れないほどの原酒の味や香りを、整理して頭の中でデータベースにしてゆく作業ってどういう風に行うのか、とか、「こういうウィスキーを作ろう」という新商品開発を、複数のメンバーで行うとき、そのイメージしているものって、互いに実はずれちゃっているということがないのか、とか。

ひとつひとつの質問に、とても丁寧に答えてくださり、またまたファン度アップ。

不思議なほどに偉ぶったところが微塵もなく、「山崎、値段高すぎて知名度低いよ」「ウィスキーなんてがぶがぶ飲むもの」みたいな超・直球発言が飛び出しても、穏やかに誠実に受け答えをされている姿が印象的だった(自分はかなりドギマギしてたけど・・・)。

写真

そして後半、「アフィリエイト向けセミナーなのになぜ」というような方も現れて(輿水氏もそうだけど)、普段飲めないウィスキー飲み放題というありえないような懇親会はお開きとなった。

写真

ファンクラブ写真みたいな一枚。
ああ~、なんか変な前髪になってるのが残念だ~、自分!!!

本当に貴重な機会でした。
サントリーのセミナー開催担当の方々、そして最後までつきあってくださった輿水氏に大感謝です。

ありがとうございました!


>でもまだ続く



コメント

さすがわださんです。
まじめなご質問が多かったようですが
私の方はおちゃらけた話ばかりで。。。

私もここぞとばかりにオーナーズカスクばかり
オーダーしていたのは内緒です。

投稿者: daizo (2006.12.22 20:26)

daizoさん、
本当に夢のようなひとときでしたよね。
たぶん、daizoさんのテーブルにいらっしゃっていた時間が一番長かったですよね。すごい盛り上がっているなあと、とてもうらやましい気持ちで見ていたんです。
またいつか、おいしいウィスキーを飲みに行きたいですね!

投稿者: わだ (2006.12.24 23:10)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/13028048

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ