スポンサーリンク

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種

2006.12.05 健康&ダイエット C(9) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真インフルエンザの予防接種を受けてきた。

いつ以来だろう?
高校生の時も受けたのだろうか?
少なくとも、上京してから初めてだと思う。

写真

向かった先は、戸越金座にある「和田医院」という外科。
前の夜からおば宅に泊り込み、朝10時に二人で病院に行った。

写真

どちらも全く病院に行き慣れていないので、なにか落ち着かないのだが、最初に問診表を書いた。

おばは、渋谷の東急ハンズの近くで小料理店を営んでいる。
決して若くはないのでインフルエンザ予防接種を受けて欲しかった。

インフルエンザ予防接種の話をするおばに、「自分も一緒に受けるから」そう電話で話した。思うに「おばと一緒に行く」ことでも名目にしなかったら、自分も受ける決心がつかなかったろう。

誰かと誘い合わせて行くというのは、いい方法だと思う。

写真

和田医院、けっこう空いている。
外科だからかな? 普段こないのでよくわからない。

ここには書かないが、待合室で待ってる時の、前の席の人の「いや~、切っちゃって・・・」話は、貧血になるかと思った(苦手なんですよ、そういうのすごく・・・)

写真

インフルエンザの予防接種、ここでは一回3,000円。
65歳以上になると、都からの補助がでて割引になるらしい。

インフルエンザ予防接種をめぐっては、受けるべきかどうか議論もあって、いろいろなリスクや実効性から「受けないほうがいい」派も結構いる。自分は専門知識ないのでよくわからない。

正直、効くかどうかわからない注射で痛かったりだるかったりすることを考えたら、
インフルエンザで3日間高熱出して寝込む確率を選択してもいいような気もしたりする。
正直、自分が普通のインフルエンザで死ぬとは思わないし。

ただもし、「今年はおばを誘って一緒に予防接種受けに行こう」と思っていたのに行きそびれ、結果、もし大流行でおばに何かあったら、一生自分を責めることになるだろう。

注射を打ってくれた女医さんは、なんと同姓同名。
問診表を見て「あら」「お互いいろいろありますよね」と微笑んだ。

先に受けたおばは、昔、インフルエンザ予防注射で寝込んだという話をしたら、すごく丁寧に、なぜそういうことが起こるのか、どういうリスクがあるのか、かなり時間をかけて説明してくれていた。

朝一番だったことや、混んでいなかったということもあると思うのだが、たかがインフルエンザの予防接種であそこまで時間をかけてくれるお医者さんの存在はちょっと新鮮。

写真

「注射、苦手で・・・」
「刺すときはそんなじゃないですよ。ただ液体が入る時の重たい感じが結構嫌なんですよね」

確かに。。。

ただ思ったより一瞬で、痛みもほとんどなかった。
その後、先生が打った場所をしばらく強くもんでくれ、絆創膏を張って終了。

写真

その後、発熱したり体がだるくなったり、注射打ったところが大きく腫れたりする人もいるみたいだけど、自分は全くそういう症状はなく、違和感はなし。

夜、おばとも電話で話をしたが、特に調子悪くはなっていなかったようなのでほっとした。

注射を打ってもらっている最中に聞いた。

「これから、結構インフルエンザ予防接種で混むんじゃないですか?」
「そうですねぇ、でも今が一番いい時ですよ。来週過ぎてしまうと少し遅いですから」
「来週以降だと、注射効果でるころに流行っちゃうということですか?」
「ええ、数週間かかりますから」


Q.14: インフルエンザ予防接種に望ましい時期はいつですか?

インフルエンザの流行は1月上旬から3月上旬が中心であること、ワクチン接種による効果が出現するまでに2週間程度を要することから、毎年12月中旬までにワクチン接種を受けることが望ましいと考えられます。(厚生労働省:今冬のインフルエンザ総合対策について(平成18年度)より)

写真

最後にこんな紙をもらう。

写真

ちゃんと、うがいと手洗いをするようにしよっと。
そろそろイソジンも買っておかないとね。



コメント

毎年、この時期以降から、
なかなかワクチンがなくて、
摂取できない人もいるから、
受けられる時に受けておいた方が無難です。

私は生まれてから一度も受けたことないんですけどね。
(過去にひきつけを2回も起こして、死にかけたんで。(^^;)

投稿者: sibuki (2006.12.05 03:12)

『うがい薬は風邪予防には役に立っていない
(水でうがいするのと効果がかわらない)』
らしいけど、、、イソジンはインフルエンザには効果があるのかしら?(^-^;)
ここ2~3年ぐらい、外出後と寝る前・起きてスグにうがいをするようにしたら、風邪で寝込んだりしなくなったよ。マメなうがいが大事のようです。

でも私、インフルエンザにかかったことないのよねー。
ガーッと熱が出て「インフルエンザかっ?!」と医者に行っても「風邪です。」ってね。。。

投稿者: たけにゃか (2006.12.05 08:18)

三千円 安!
私も副反応を学齢時に何回も起こしているので残念ながらパス…インフルエンザ本体の方が怖いんだけどね

投稿者: みちる (2006.12.05 08:22)

きゃああ、本届きました!ヾ(≧∇≦)ノ
どうもありがとうございます!

私も去年見事インフルエンザにやられて40度近くまで行ってしまったので、この記事を見て予防接種しようと決めました(笑)

ではでは~。

投稿者: 涓滴 (2006.12.05 08:34)

こんにちは、和田さん。

私も早々に受けました、子どもが居るので、殆ど小児科をホームドクター(家族かかりつけ医)にして居ると、今はワクチンそのものを人数分確保する為に、予約制が多いんです。

我が家は数年予約で打ってますが、重なる転居生活で打っても打ってもこれが私だけインフルエンザにかかるんですよ。

1年ごとに罹って居ます、流行に見事に乗るタイプで哀しいです。

それと、ワクチンの中に無い「変異型の新種が出てくるのが、年末の流行を過ぎて、皆が罹った後になるので、2月から春にかけては、ワクチンを打っていても効果の無い形に感染するリスクが増えてきます。

お互い(私だけかも)気をつけましょうね。

投稿者: ☆のり☆ (2006.12.05 09:49)

インフルエンザ予防接種まったくしてません。
病院に出入りしてるのに・・・(汗)

予防接種って病院によって値段が違うみたいですね。

投稿者: Ryu (2006.12.05 09:49)

sibukiさん、
そうですね、単純な人間なので「ワクチン不足」とかいうニュースが流れると、妙にそわそわしてしまうもので、受けといてよかったと思います。ひきつけですか!それは大変。

たけにゃか、
さすが!スポーツで鍛えていた甲斐ありって感じなのか。それとも生まれつき耐性があるのか。なんにしてもうらやましいです。自分も最近はそもそも人と接する機会が非常に低いので、あまり風邪もインフルエンザもひかないのですが、逆に免疫が落ちてる危険性もあるので念のため。

みちるさん、
やっぱ、結構副作用起こしてる人っているんですね。とりあえず自分、大丈夫だったみたいでほっとしてます。

涓滴さん、
お待たせしました。無事届いてよかったです。
40度はきついですね・・・今のうちがいいみたいです、受けるなら。

☆のり☆さん、
そっか、おこさんがいると、すごくかかりやすくなるわけですね。毎年かかっちゃう人もある意味レアな存在かもしれませんが。お互いに気をつけましょう。

Ryuさん、
私もこれが初めてです、強制じゃなく受けたのは。
小学校のころは、まだ予防接種全盛期だったので、三種混合ワクチンとか破傷風予防とか、軒並み打たれまくりましたが。
病院によって違うの、知りませんでした。自分が受けたところは、対応もよかったです、とっても(まあ予防注射くらいなら、どこでもいいとは思いますが)。

投稿者: わだ (2006.12.07 15:29)

わださんに負けじと!?自分も今日の午後にインフルエンザ予防接種してきました。なんとか泣かずにすみました。どうやら自分もまったく影響はないようですが。。。しっかりモミモミするの忘れてました。

PS トラックバック2回送っちゃったと思います。最初のは削除してくだしゃい。(汗)

投稿者: はら (2006.12.09 21:46)

はらさん、
これで安心ですね。
2,000円は自分が受けたところより安いです。
お互い、風邪引かないよう気をつけて冬を乗り切りましょう。

投稿者: わだ (2006.12.10 13:13)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/12938725

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

今年はすでに風邪でダウンしていました。どうもお腹にくるらしい今年の症状らしい・・・注射はいくつになっ(2006.12.09 21:37)
注射怖いけど、受けました!(2006.12.17 12:02)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ