当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

ザ・ペニンシュラ東京

2007.01.07 日記・コラム・つぶやき C(4) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真4日は人間ドック。

バリウム飲む気満々で行ったのに(あの台の上でぐるぐる転がったりするのが結構楽しい)、諸事情でリスケになってしまった。残念。せっかくなんで都内お散歩ウォーキング。仕事始めの日だったが、朝早かったこともあり銀座も閑散としている。

写真

日比谷公園に向かう途中に、建築途中の大きなビル。
もしや、これって・・・今年9月開業予定の・・・


「ザ・ペニンシュラ東京」?


よく歩いていたはずの場所なのに、なぜか気づいていなかった。
というか東京駅から汐留にかけての一帯はビル建築ラッシュだから、新しいビルが作られていても「これは何だろう?」と思わなくなっていたんだろうな。

写真

今年夏の開業だから当たり前だけど、もうかなりできあがっている。
この後は、内装が突貫工事状態で進んでいくんだろうなあ。


24階建て、都内最大級の広さを誇る47のスイートを含む314の客室からは、名立たるランドマークが織りなす東京の景色をご堪能いただけます。コンテンポラリーな中にも和のテイストをとりいれたエレガントな空間は、贅沢なくつろぎの時間をおとどけします。(公式サイトより引用抜粋

ザ・ペニンシュラと言えば、香港。
ザ・ペニンシュラ香港と言えば、チョコ。

私も10年以上前、香港に一週間程ひとりで滞在したことがあって、その時に行った。
「行った」と書いたのは「泊まった」ということを意味していない。

その時に泊まったのは、ザ・ペニンシュラ香港とは通りをはさんで反対側にある、


重慶大厦(チョンキンマンション)


知ってる人いるかなあ。
説明すると長くなりそうなので、説明はスルーしておこう。

「やっぱ香港といえばペニンシュラだよね」

と、重慶大厦で知り合った日本人と一緒に訪れて、チョコを買って、その紙袋を携えたままプールに入り込んで、ブールサイドのチェアでしばらくまったりとくつろいだ後、

「ペニンシュラはやっぱりいいねえ。満足満足」

と重慶大厦に帰っていった記憶がある。懐かしいなあ。

開業したら、ぜひ記念宿泊に行きましょう、おーば!
(しかし一泊いくらくらいになるんだろう・・・?)

写真

ザ・ペニンシュラとは関係ないが、その翌日は新宿オークタワーに入居している会社を訪れた。2003年1月竣工の新宿オークタワー、実は入るの初めてだ。エスカレーターエレベーターが建物から少し飛び出したような形になっていて、眺め最高。

写真

そして、乗り換えフロアの20階、かなり低いところからガラス張りで、この眺めがまたすばらしかった。

写真

いやー、眺めがいい場所っていいなあ。
一度でいいから、こんなところで仕事してみたかった。

(まあ、多分3日で見飽きると思うんだけどね)



コメント

「重慶大厦」に惹かれて出てきてしまいました。

ペニンシュラ・・・香港で私も「行きました」(笑)
でもって、同じく宿は重慶大厦、北京飯店。

その後、何度か通ううちになれましたが・・・
エレベーターを使う人にアジア・アフリカ系の人が多くて
最初の頃はちょっとビビッてたのを思い出します。
でも、私にとっては香港の普通のホテルに泊まるより
「海外に来たぜ!」と実感できる大好きな場所のひとつ
でした。

とはいえ、心では
「いつかはペニンシュラ!」
だったのですがが、いまだ果たされず・・・・(涙)。とほほ。

投稿者: mama (2007.01.07 12:13)

mamaさん、
やっぱりmamaさんは行かれていましたね!
あの独特な雰囲気は、癖になりますよね。スパイスの香りが漂ってました。
同じホテルの近くの部屋だったネパール人が、ベッドの上に商品を並べて古物か何かの売買をしていたので、いろんな人が出入りしていて、それも不思議な雰囲気になってて。
「いつかはペニンシュラ」と思いつつ、あのカオスな空間にも惹かれてしまう自分がいます(笑

投稿者: わだ (2007.01.07 12:50)

ちなみに私が泊まった香港のペニンシュラは1泊約7万円でした^^;
しかも香港返還前のクリスマスに行ったので高かった~。
クリスマスのイルミネーションは綺麗だった。
そこに2泊3日してしまいましたw
し、しかも香港空港からペニンシュラまではジャガーでの送り迎え。しかもプライベートの通訳つき。
到着した翌日好きなところに行けるフリーコース。まったくわからない私たちはとりあえず、観光名所を廻ってもらったあと、チャイナをオーダーで作ってくれるところに連れていってもらいました。
なお、初日の晩はペニンシュラ内にあるフランスコースの店でフルコース。みなさん、すごいドレスアップの中、うちらはスーツ姿・・・・・浮いてましたw
もちろんザ・ガーデンでのお茶も忘れず^^
いくらかかったかというと、私の会社入ってから7年分の貯金を全部散在しましたw
帰りもジャガー(革張り)で空港まで送ってもらい糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
いやぁ~。ホントお姫様気分でした。
・・・・・・二度とできないだろうなぁ~www

投稿者: おーば (2007.01.07 17:28)

おーば、
そういや、激しい豪遊したという話、前に聞いていたよね。「会社入ってから7年分の貯金を全部散在」はすごいなあ・・・かなり思い切ったね。一泊7万円かあ。うーん、今の自分には無理だ。東京はいくらくらいからなんだろう?
でも一生に一回くらい、そんなお姫様体験もいいよね。

投稿者: わだ (2007.01.07 23:06)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/13366427

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

9月1日にオープンだから、正確にはまだチェック出来てないわけだけど…。お使いを頼まれた帰りにプラプラと歩いていると…突然聳え立つ巨大ビル。 24階建て全てがホテル まだ工事中 お~ここかぁ、『 THE PENINSULA TOKYO 』 ってーのは。 ちょっと調べてみ.....(2007.07.31 16:39)
■ちひろ ちょうど通りかかったので写真だけでも(笑) 香港では、近くを通りかかったにもかかわらず (目の前にあるプラネタリウムは行ったのに) 有名と言われるチョコレートも買わずに通り過ぎました…。 9月1日にオープンしたばかり。 地下道からの入り...(2007.09.07 20:30)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ