当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

ツクモRobot王国のロボット(動画あり)

2007.04.24 動画編集 C(3) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

リンクシェア大見本市の目玉イベントのひとつは、ツクモRobot王国の「ロボット対決」。卓球台みたいな専用舞台の上にいろいろなロボットが置かれていて、サッカーやら鉄棒やら、いろんなパフォーマンスを見せてくれた。

ただ、右(→)の写真だけ見ても、
あまり強い驚きなどないかも。

「男の子ってロボット好きよね」
「うちも、いろいろせがまれて買って押入れがもういっぱい」

なんていう人も多いだろう。



↑この写真を見ても・・・

「最近のロボットって、私たちが子供の頃のと違って、けっこう高度なのよね」
「ちゃんと電池で動くようになっていたり・・・」

なあんて感想程度かもしれない。



↑コントローラー。

「ああ、リモコンみたいなやつ?」

ってことで、やっぱりこのロボットには「動画」が必須だ。

この動き、間近で生で見ると、
本当に口がぽかんとあいてしまうから。

来場者は、子供も大人も(特に大人のほうが夢中だったかも)、ぴったりと対決台に張り付いて、真剣に見つめ続けていた。

「こっ、これって研究開発のデモ用とかじゃないの?」
「市販されてるの?」
「何十万とかする奴なんじゃないの?」

みたいな感じで。

いやー、こんなのが市販される時代なんですね。
びっくり。

こういうのを「大人のおもちゃ」っていうんです、きっと。

ちなみに↑動画のロボットの左後ろに立っているのが、
ツクモロボット館の担当者にれいさん(妙に眼光鋭い人)。

コントローラーでロボットを操作している。
二台あれば、サッカーとかいろいろゲームして遊ぶこともできるようだ。



実演ありがとうございました。

ツクモRobot王国オンラインショップはこちら

ツクモRobot王国 オンラインショップ



コメント

きゃ~、素敵~~♪
ロボットが動いてる~♪

意外とスムーズに動くものなんですね。
側転もできるなんて、すげ~♪(ちょっと興奮気味)
これは、是非行って触ってみたかったです。

実はこどもにロボザック作らせてたりします。
(本当は自分が作りたい。)
ロボットブログ立ち上げようと思ったり、思わなかったり。

投稿者: たからにゃ (2007.04.24 21:17)

このロボットすごかったですよね~。
レビューツアーに同行させていただいているときに
この大車輪をやっているデモを見たんですが、
思わず、
「動画機能のあるカメラをお持ちの方は動画で!」
と叫んでしまいました。
このロボットのすごさはやはり動画!ですよね!
大車輪、後日UPします!

投稿者: mama (2007.04.24 22:01)

たからにゃさん、
> 意外とスムーズに動くものなんですね。
> 側転もできるなんて、すげ~♪(ちょっと興奮気味)
手足の制御が、なんかすごいんですよ。
「どういう体勢になってるか」とかも、
瞬時に測定できちゃうんでしょうね。
見ていても、びっくりするほどスムーズな重心移動をしていました。片足を後ろに下げてバランスとっているところとか、見事で!
いつかどこかロボット館があるところにいったら、ぜひ生で!

mamaさん、
大車輪もすごかったですよね。
あっちは、ハイビジョンビデオカメラで撮影していた気がしますが、おおっ!と驚いている間に撮りそびれた気もしてきました。これはもう、動画じゃなきゃ!ですよね。
大車輪の動画も楽しみにしてます♪

投稿者: わだ (2007.04.24 22:49)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/14834177

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

リンクシェア・ジャパン(花崎茂晴社長)は、「第5回アフィリエイト大見本市」を4月21日(土)有明TFTホールで開催した。「来て・見て・さわって・試して!」をテーマとし、初の試みとしてファッションショーや試着、物販などを実施。また、先輩アフィリエイトによるアドバイス・コーナーの設置や見本市ツアーを行った。...(2007.05.07 17:05)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ