当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

クチャ市内の観光スポットめぐり

2007.10.30 [旅]シルクロード旅行2007年 C(0) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真クチャは一泊二日だけの滞在なので、とにかく市内の観光スポットだけはまわることにした。今ひとつだった王府は前日まわっているので、残るはイスラム教伝道師のお墓「モナエシディン・マザール」と「亀茲古城」。

写真

「モナエシディン・マザール」はバス通りから離れているようだったので、タクシーを使った。市内は一律5元(75円)だ。日本感覚だったら安いのだが、1元(15円)のバスに乗り慣れてしまうと、なんだか贅沢な浪費のように感じてしまう。

写真

本当に静かな場所。
奥はモスクになっていて、中も見ることができるのだが、金曜日の夕方の礼拝の前で地元の人が結構いそうな感じがしたので、やめた。

写真

そこから亀茲古城へ。
ガイドブックには「西に歩いて10分」とあるものの、地図にはかなりアバウトな場所しかマークされておらず、とりあえず夕陽の方向に向かってゆくことにした(自分もかなりアバウトだなあ)。

写真

トルファンが「葡萄」の町だったとすれば、ここはポプラ並木の町。
こうした舗装されたきれいな通りの両脇にも、また細い土の道の両脇にも、まっすぐこの木が並んでいる。

エジプトもそうだったけど、埃が立ち込める街は、夕暮れがすごくきれいだ。

写真

ビデオ撮影していると、いきなり路地から羊の群れ。

写真

夕陽の方向に向かったのは間違いではなかったようで、ウイグル人のおじいさんとおじさんに道を聞きながらたどり着いた亀茲古城。・・・の跡地。

ガソリンスタンドの向かいの、空き地みたいなところにあった。
よく見逃さなかったなあと自分で自分をほめてあげたい。

写真

城跡にたつ石碑そのものが、なんか遺跡状態だ。

写真

ただ、その路地を少し奥に行ったらこんな風景も見られたので来た甲斐あり!

写真

ちなみに、クチャにはいろいろな交通手段があった。
まず自転車の後ろにほろ車がついたもの。

写真

こっちは荷台がついた三輪の車。
もちろん馬車・ロバ車もけっこう使っている人がいた。

写真

あとこれ。
どういう作りかよくわからないんだけど、見た感じは、原付に車体かぶせたみたいな?

これも、客を乗せて走っていた。
値段交渉をしていたので、たぶんそうだと思う。

まだどれも未体験なので、次にどっかでこんなのを見つけたら、
ためしに乗ってみようかなと。

>続く



コメント





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/16919848

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ