当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

窓の防寒─2007年版─

2007.11.26 日記・コラム・つぶやき C(2) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真「できるものなら冬眠したい」と思う今日この頃。

築38年という公団団地の高層階角部屋の寒さは半端でなく、昨年から「窓に防寒ビニール」作戦をとっていた。

★防寒・結露防止用に便利な窓用「ぷちぷちシート」はこちら★

昨冬の記事を引用しながら、紹介したい。

写真

購入したのは、テーブルクロス用の透明ビニール。
幅130cmで、メーター単価1,180円(税込)のものを5.1m、合計で6,018円。

窓が3箇所あるので、それぞれ用にカットしてもらって買ってきた。
厚みが4種類くらいあって、2番目に厚いものにしたと思う。

この時は、「6000円あったら、小さなストーブもう一個買えるな」と思ったんだけど、実際のところ、この防寒ビニールを設置した直後から、暖房効率が目に見えてよくなった。

うちは角部屋ということもあり、窓面積の割合が大きい。
おかげで、夏は今でも「冷房なし」で大丈夫(今年はさすがにやばかったけど)

ところが冬は大変。

部屋の中を暖めても暖めても、ぐんぐん窓から冷やされていったし、隙間風も音をたてて吹き込んでくる状態だったので、防寒ビニールの効果は大きかった。

写真

厚みが多少あり、意外に重たい。
もう少し薄手のもののほうが、扱いやすかったかもしれないが、そう傷まないだろうから毎年使える。

これでよかったと思う。
数ヶ月吊るしていたけど、特に延びてしまうことも、穴があくといったこともなく、今年押入れからだしてきた時もぴんぴん。
特に拭いたりもしていないけど、問題なく使えるくらいきれいだ。

ビニールそのものが「寒さを通さない」というわけでもないと思うが、多分、窓とビニールの間の10cmほどの空間が「空気のクッション」みたいになるんだと思う。

写真

画鋲で仮止めした後、100円ショップで買ってきたキッチン用の隙間テープで止めてゆく。隙間テープ、なかなか粘着力もあっていい感じ。

昨年の反省点・問題箇所はここだ。
100円ショップで買ってきた隙間テープ、一瞬うまくいった気がしたのだが、すぐ後悔する羽目に。

写真

(+_+)

全部剥がれ落ちていた。。。

テープだけの力ではだめだったようだ。
結局、もう一度いちからやり直し。
テープで止めて、(本当はいけないんだけど)何箇所か画鋲でとめて固定した。

翌朝目が覚めたら、がばっと落ちていたのだ。

さらにこの隙間テープ、今年再び苦労させられた。

春に防寒ビニールをはずした際、下の隙間をとめていたテープは全部はがしたのだが、上は面倒くさくなって途中でやめ、ビニールはったまま状態で押入れにしまってしまった。

横着をしてはいけない。

その隙間テープは、今年はがそうとしたら・・・


べちゃべちゃ


になっていた。
不要歯ブラシに洗剤つけてこするなど、そのべちゃべちゃをきれいに剥がすのは苦労した。結局完全にきれいにはならず、最後は妥協したんだけど。


2007年は“ハトメ”を使ってカーテン状態に

そして2年目となる今年。
人は、命ある限り進化し続ける生き物だ。

同じ「防寒ビニール」を設置するにしても、昨年より便利にしなくては!


  • テープ・画鋲で貼ったり剥がしたりする手間をかけたくない
  • 賃貸なので、跡が残らない形にしたい
  • 来客がある時など簡単にはずせるようにしたい

で、ビニール上部に穴を開けて、ハトメで止め、ミニフックでカーテンレールにひっかけるようにしようと考えた。それだと上部・下部に隙間ができてしまうが、上はまあそのままでもいいし、下は何かで軽くとめればいいだろう。

写真

これがハトメ。
買ってきたのは自分じゃないんだけど、道具とハトメ100個で500円ちょっと。

写真

ビニールに穴を開けるのは、普通のパンチ。
これで、一度に2穴、20cm程度間隔で穴を開けてゆく。

写真

完成形!
カーテンレールの上に新聞紙が貼ってあるのは、うちのインコを放している時の「フン落下防止用」だが、うまいこと防寒ビニールの上手隙間対策にもなった。

写真

風景はビニール越しでぼやけてしまうが、まあいい。
今回はテープで上下貼りとめているわけではないので、ビニールをめくって窓際に立てば、いつもどおりの風景を楽しめる(富士山がきれいに見える季節です)

写真

下の隙間は、このくらいなら通気にもなるのでいいかなと。
あまりに寒い場合には、適当にところどころ塞ごうと思う。

(昨年「換気悪くなり危険」と心配してくれた人もいましたが、公団アパートの“気密性の低さ”は想像をはるかに超えます。ここまで窓をふさいでも、玄関や風呂場、あと台所の換気扇からびゅんびゅん風が吹き込んで、カーテンや扉を揺らすほどです)

写真

普段、自分がパソコン作業をしている南向きの部屋は、夏前にブラインドを導入したんだけど、こっちも「吊りカーテン式」なら大丈夫。

写真

防寒ビニールと窓の間にあるブラインドは、脇から紐をひっぱって上げ下ろしできる。

写真

今年もこれで、節約&暖かい冬を送ります♪



コメント

我が家でも先週当たりからサッシの下部にすき間君という
ハンドメイドの痩せたつちのこ状のものが配置されました。
結構効果はありますが幸いにして割と昔の建物にしては
気密性が高いので構造上のすき間を押さえられると
効果が期待できそうです。こういう努力にも楽しさを
見いだしながらやりたいですね!!

投稿者: ちはるちゃん (2007.11.27 11:09)

ちはるちゃんさん、
それは、なんかキュートで楽しそう。
同じ大掃除でも、しんどい作業になるか、楽しいお祭りイベントになるか、工夫次第かもしれないですね。「楽しさを見いだしながら」確かに大切だなあと思いました。

投稿者: わだ (2007.11.27 16:19)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/17193658

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

結婚したことで仕事が増えた杉浦太陽、そんな杉浦がある番組で『朝までカラオケしてた』と発言したがなんとそのカラオケでの二人のバカップルっぷりを捕らえた監視カメラの映像が出回っている(2007.11.26 11:04)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ