当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

寝台バス初体験!(和田→ウルムチ)

2007.11.04 [旅]シルクロード旅行2007年 C(1) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真和田(ホータン)からウルムチまではバス。24時間かかるということだったので、少し料金が高い「豪華寝台バス」チケットを購入。

ホータンまでのバスがあまりにはずんで、首と肩がこってしまったので、本当にちゃんと眠れるのかどうか、心配。。。

写真

ホータンのバスターミナルも豪華!
といっても、単に待合室の天井がものすごい高いだけなので(上野駅みたいなもの)、無駄にでかい気もしないではないけど。

(日本の長距離バスの発着点って、東京も大阪も結構しょぼいから、中国人観光客とか逆に驚いてるのかも・・・)

写真

二段ベッドが3列、両側の窓のところと真中に並んでいる。


写真

運転席の横でくつを脱ぎ、靴下になってあがる。
むれて足臭になっていたらいけないなあ・・・と思って、ベッドの上で新しい靴下にはき替えたんだけど、まわりの人が誰もそんなことしてなかったので、あまり意味なし。

写真

中央列の一番先頭のところと、まんなかあたりにテレビ。
で、そのまんなかあたりに自分が当たってしまった。

ラッキーかアンラッキーかといったら後者で、
夜、暗いバスの中で、わずか1mの距離でずっと映画を見ていないといけないのは疲れる。
目をつぶっててもまぶしいし、あと2度ほど頭をテレビにぶつけた。

写真

上段はこんな感じ(私は下段にした)。
そんなに広くはないけど、それなりにクッションもきいていて快適だ。

ただ、自分の座高で頭が天井につくかつかないかなので、男性はちょっときついかも。

写真

窓側の上段は、上までぐるりと窓なので、かなり見晴らしがいいと思う。

写真

通路はとにかく狭い。
すれ違うなんてことは絶対にできない幅だ。

写真

枕がわりにもなるクッションがついている。
そのまま枕にするのはちょい抵抗感あったので、来ていたジャケットをこの上に広げて寝た。

写真

どうやら、任地異動があったみたいで、
自分より前のほうには、ばりっと制服を着た20代の軍人さんが3、4人。

ホータンのバスターミナルにも、同僚や上司らしき人が見送りにきていて、別れのシーンをビデオで撮ったり、最後は敬礼して送りだしていた。

バスに乗り込んだら、ひたすら携帯。
中国の携帯依存度は日本人とまったく一緒で、さらに「マナーモード」ということがないみたいなので、バスの中でもひっきりなしに電話やメールの着信音が鳴り響いていた。

ゲームもかなり充実してるみたいで、
バスの前方では、互いに覗きこみながら、携帯でのゲームに没頭していた。

写真

見送りの人たち。
さすがに、バスで24時間かかる場所というのは、地元感覚でもけっこうな距離なのだろう。

写真

そして街中を抜け・・・

写真

どこまでも続く砂漠を通り・・・

写真

夕陽を眺めながら・・・

写真

一体いつまで話し続けてるんだ!?
というか、充電がよくみんなもつなあとびっくり。

いやそれより、なんでこんな砂漠の中で電波が通じるんだ!?ということにもびっくり。
基地局のカバーエリアがすごい広かったりするのか?

写真

けっこう頻繁にあるトイレ休憩。
ちなみに、夜バスがとまって、てっきりトイレ休憩かと思って中にいたら、1時間も誰も戻ってこず、夕食タイムだったことに気付き後悔。

バスの中にいたのは、病気のおばあさんと、足が不自由な男性だけだった。
やっぱ中国語できないというのはこういう時に致命的だなと。

(その後は、私がバスに閉じ込められて出れなくなったと知った隣の女性が気を使ってくれ、「ダブルシー」とか、毎回教えてくれるようになった)

写真

タイツがちょっとちくちくしてあまり熟睡はできなかったものの、それなりには眠れて朝日を拝む。

写真

2日目のトイレ休憩は、完全に屋外。
岩山があって、左手のほうにまわりこむと男性用、右手のほうにまわりこむと女性用という感じなのだが、バスが女性よりのほうに停車していたため、どれだけ奥に行ってもバスから丸見え状態。

前日、ちょっとだけ自己紹介した女性と苦笑いしながら、適当なところで並んで用をたす。

写真

山は、上のほうがすでに冠雪していた。
位置的に、タクラマカン砂漠の南側に横たわる「崑崙(クンルン)山脈」だと思う。最高峰はチベット自治区との間にある7723mのムズターグ山とのこと。

写真

そしてまた全員が降りてゆくので、てっきりトイレ休憩かと思ってトイレットペーパーを持ってでようとしたら、運転手が「チケットを見せろ」という。

ん?

「ウルムチ?」
「そうだ、ウルムチだ」

なんと、いつの間にかついていた。
ガイドブックには24時間とあったが、実際には20時間くらいだった。

着いてみれば、意外にそんな長くはないバス旅だった。

写真

荷物も無事♪



コメント

hayurnie xpsn dfamont ahkizewdy ouvs oxjnk nkvyc

投稿者: haqxbt lkfhng (2007.11.17 16:10)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/16969731

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

レノヴァのトイレットペーパーを特集しています。レノヴァのトイレットペーパーはセレブに大人気の商品です。レノヴァのトイレットペーパーについて勉強しましょう。(2007.11.05 16:42)
格安夜行バスには他の交通手段に対してすぐれているところはたくさんある。主なところでは、運賃が安い、快適に乗車できる、時間を効率的に使えるといったことがあげられる。格安夜行バスの中にも、比較的長時間運行する路線ではビデオ映画が放映される。ただし発車後すぐ消灯するような路線ではビデオは使われない場合が多い。車内にはビデオ・テレビの音声は流れないので、音声を聞く場合にはマルチステレオ用の「ヘッドホン」を利用ます。格安夜行バスは確かに航空の割引運賃に押されることもあるが、基本的に1年......(2007.11.06 22:11)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ