当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

カシュガルの観光地「アパク・ホージャ墓」

2007.11.02 [旅]シルクロード旅行2007年 C(3) TB(0) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真日曜日は、カシュガルで大規模なバザールが開かれる曜日。ただ先にバザール行っちゃうと体力使い果たしそうだったので、その前にカシュガル市内の観光地のひとつ「アパク・ホージャ墓」に行ってみた。

写真

これはチェックアウト前のホテルのバスルーム。
服はひと組しかないので、ドライヤが備え付けられているホテルに宿泊した際に洗濯することにしている(乾燥してるが気温も低いのでなかなか乾かない)

写真

ホテルは、日曜バザールに歩いていける場所。
さらにアパク・ホージャ墓までも2kmと近い。

写真

てくてく歩いていこうと思ったが、日曜バザールの続きなのか、通り沿いに野菜などを売る露店が並び、日曜バザールに向かう人波(&タクシーやバスやバイクや馬車や荷車や・・・)に逆流して歩いてゆくのも大変そうだったのでバスに乗った。

写真

バス車中から撮影。
人と車が“もみ合いながら”進んでゆく風景は、中国ならでは。
(これまで3回ほど、接触事故の現場に出会った)

写真

「アパク・ホージャ墓」は、きっと市内でも中心的な観光スポットらしく、観光客目当てのモノ売りが結構いた。自分に絡んできたのは6歳くらいの女の子とその妹らしき子。

「ちょうちょ」
「いちげん」

と日本語で言いながら、ちょうちょがついたヘアピンを売ろうとする。

最初にこやかに「いらないよ」「不要(ブーヤオ)」といいながら通り過ぎようとするが、前をブロックしつづける。久々に体験するしつこいモノ売りだ。そのうち、抱えているリュックやジャケットにピンを強引にくっつけてきた。

「いらないって!」
「プレゼント」

うーん、ピラミッド周辺の物売りの子供たちとまったく同じパターンだぞ・・・。
西安でも、花売りの女の子がこんな感じだったなあ。

ピンをはずして返そうとすると、今度は相手が逃げ続けるのでこちらが追いかける。
旅行者は、それが続くと面倒になって、小額のお金を払ってしまうのだ。

ちょっとかわいそうかなと思ったけど、逃げ足の遅い妹のほうを強引に押さえ込み、背中にぴんをくっつけた。

「ノー!わかった?」

子供相手にちょっと大人げないが、このままだと前に進めないので、少し厳しい顔でにらみながら言うと、女の子は小さくうなずいて、そこからは追いかけてこなくなった。

ここくらいかな。
観光客向けモノ売りをしつこいなと思ったのは今のところ。
(自分の場合、世界ワーストクラスのエジプト観光客ゴロが基準になってるというのもあるんだけど)

写真

観光地そのものはよかった。
16世紀のイスラム教指導者の陵墓だが、それ以外にもモスクがたくさん併設され、陵墓も拡張を繰り返されてきているらしい。

写真

中は撮影禁止だったが、色鮮やかな布をかけられたひつぎがずらり並んでいた。
ものすごい派手でびっくり。

写真

建物脇にはこんな看板。
漢字を読む限り、上から物が落ちてくるかもしれないので注意してくださいということみたいだが、漢字が読めない欧米人は、

「Be careful, no falling」

を読んで、何を思うのだろうか?

写真

たくさんのタイルが貼り付けられていて、
本当にきれいだった。

写真

ひとまわりして、全体を撮ろうとしてはじめて気づいた。
ビデオ撮影は禁止されていた。

・・・ごめんなさい。
(しかし、チケット売り場の前なり、入口付近にたてておけばいいのに・・・)

写真

滅多に見ない、日本語が書かれた看板。
全体的に意味不明だが、特に最後の(アドレス)はどこから来ているのか本当にわからなかった。

写真

並木道を歩きながら路線バス乗り場までやってきて、ここからいよいよ日曜バザールに!

写真

見えてきました♪


> 続く



コメント

帰ってきたら是非レコチャイへ
中国語を一緒に勉強しましょー

投稿者: かずしげ (2007.11.02 23:00)

> 服はひと組しかないので、

「!」のち、納得♪

投稿者: サハラ (2007.11.06 13:53)

かずしげさん、
まじで中国語勉強したいんですよ。
昨年もそう思ってそれきりになってしまっていたので、今回は絶対に!

サハラさん、
一組しかなかった服のうちズボンのほう、旅の半ばで股下がすれて5箇所ほど穴が開いてしまい、買い換えました。2泊3日の九州旅行には2組持って行ったりするんですけどね(笑

投稿者: わだ (2007.11.09 22:58)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/16947694

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ