広告なし2

<スポンサーリンク>

当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト

スポンサーリンク

古都「西安」で食べ歩き

2007.11.07 [旅]シルクロード旅行2007年 C(4) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

写真中国で「古都」といったらここ西安。昔の名前は長安で、碁盤の目状態の京都のモデルになっている都でもあり、日本からも遣隋使・遣唐使が送り込まれている。

数年前、始皇帝陵など主だった観光地は訪れているので、今回はお土産など買いながら、まったり市内散策をすることにした。

写真

市内散策というか、食い歩きというか・・・。

写真

最初に食べたのがこれ。
巨大な餃子の皮のようなものに、お客さんのリクエストでニラや肉やいり卵などをはさみ、それを油たっぷり入れた平たい鍋で焼く。

写真

焼いたものを包丁で4つにカットする時の音と、人だかりに負けて買った。味はそんなについていないので、主にニラの味。油もすごかった。

写真

食べてめちゃめちゃ気に入ってしまったのはこっち。
一個1元(15円)の柿子餅。

写真

確かに見た目が柿そっくり。
もちもちした食感と、まんなかあたりからとろっとでてくる餡が最高においしい。

今日どこかで見かけたらまた食べたい。

写真

包子の名店にも入ってみた。

写真

二階もある大きなお店なのだが、店内はほぼ満席状態だった。

写真

湯気をもくもくとたてるせいろを、店員がつぎつぎ運んでくる。
頼むほうも、4人でせいろ4つとか頼んでいるので、机の上に高々と積み上げられる。

写真

私が頼んだのは三鮮なんちゃら包子。
鶏肉やニラなどが入っている。

たしかに、鶏肉なのに肉汁たっぷりでおいしかった。
ただ自分にはちょっと塩辛かったかな。

写真

清真寺院(モスク)を中心とする通り一帯は、国内各地から集まってきている中国人観光客でいっぱいだった(地元の人は柿子餅を持ってにっこり記念写真とか撮らないと思うので)。

日本で言うと、まさに京都って感じなのかもしれない。

写真

ひととおり食べたので、清真寺院へ。

写真

同じ場所に二度来るのもなんだけど、前回ここの中の静寂さがすごく気に入ってしまったので。そういえば、あの時は、併設されているマドラサ(学校)の前で、(たしか)カイロに留学していたことがあるという地元の人とアラビア語でちょっと話をしたっけ(カイロには世界各国からイスラムを学ぶために人が集まる有名な大学がある)。

写真

つい撮ってしまったが、
このあたりのお土産は、よく見てみると面白いものが結構ある。

写真

そこから革命公園へ。
旅行先で公園を訪れぼーっと眺めているのが好き。

特に中国は、若い人からお年寄りまで、公園に集まっていろいろおしゃべりしたり読書したり運動したりしている人の姿がたくさん見られる。

写真

トランペットの練習中。
まだ覚えたてなのかもしれない・・・というような音色。

なんか妙に応援したくなってしまうような真剣さでふいていた。

写真

「八路軍西安辧事処記念館」へ。
前回、来そびれたところなのでリベンジ。

デイパックにずっとつけていた日本&中国国旗バッチは、念のためはずして訪れた。

写真

写真

当時の部屋がそのまま残っている。
こっちに来てから、抗日戦争を舞台としたドラマとか結構見続けているので、いろいろなシーンとだぶった。

写真

ちなみにこれは、昨日6日のレポートだ。
今日7日は、中国最後の夜になる。

「最後の一泊をどこにするか」

いろいろ考えた結果、この記念館と続く建物にあるユースホステルに泊ることにした。予約も済ませ、この後ホテルの朝食をとったら、荷物を持って移動する予定だ。

写真

中国には、今たくさんのユースホステルが作られている。
西安だけでも何箇所もある。

写真

夕方むかった先は、大唐芙蓉園。
2005年にオープンした、巨大なテーマパークだ。

前回宿泊したホテルのすぐそばなんだけど、当時は荒れ地みたいな場所と、あとごちゃごちゃっと民家が集まった場所などがあった記憶がある。

写真

よくわからないまま、園内を巡回する有料の乗り物に乗ってしまったんだけど(ポイントポイントで降りて歩きまわることができる)、正解。

写真

ありえないような広さだった。
既に2万歩以上いっていたので、全部歩いてまわったら大変なことになるところだった。

唐の都が再現されているのだが、いやー、中国ってやっぱスケールがすごい。こんな規模で再現しちゃうなんて・・・。雰囲気的には、中禅寺湖に江戸時代の町並みを再現しよう!といって、周辺にあったお店とか旅館とか家とか全部とっぱらって、周辺一帯を全部テーマパークにしたような感じか?

唐の都はともかく、2005年以前にこのあたりにあった街は、どこへいっちゃったんだ?とちょっと気になった(もしかしたら、池の周辺なので、広大な空き地だったのかもしれないけど・・・うーん、この敷地で街中でそれはない気もするなあ)

写真

なんだかんだで長居して、19時半から始まる水上のショーも見た。

写真

池から水をカーテン状に吹きあげて、そこに映像を映し出すというもの。
こういうのを見るのは初めてなんだけど、水そのものをかなり立体的にふきあげているので、映像も3D状態になり、また広い範囲で行われているので、戦闘シーンなど左から右へ、右から中央へとキャラクターがどんどん飛び移り、迫力ものだった。

写真

写真だと伝わらないけど、なかなか見事。
さらに、下から巨大な炎をあげたり、後方から放射線状にビームを大量に発したり、花火を打ち上げたりで、楽しめる。

写真

園内には、意外にも食べるところはそんなになく、池の周辺のショップでは、例のカップめんを売っていて、その場でお湯も入れられるようになっていた。

入場料やらその他でけっこうお金もかかるところなので、これは嬉しい。

写真

そういえば、サハラさんが言ってたラー油、かなりメジャーみたいで、ホテルの隣にある小さなスーパーにも並んでました。パッケージが微妙に違う3種類あって、6.8元(102円)、7.6元(114円)、8.6元(129円)。荷物が許すようだったら買って帰ろうかな(でも割れたらかなり大変な代物でもある・・・)



コメント

おお~!長安!!
三国志好きなので感慨深いものがありますな~
なお、トランペットじゃなくてサックスですぞw

投稿者: おーば (2007.11.07 13:01)

いやぁ~~、ずっと、自分も中国旅行をしているかのような
気分で楽しませてもらってました♪
英語を含め、外国語はどれもダメ……な私には、
海外旅行は夢のまた夢なんですよね~~。
(;´Д`A ```

隣に座ってクレヨンでなぐり書きしつつ、
私のパソコンを横から覗き込んでいる娘が、
茶色い人形(!?)たちの写真を見て、
『(゚▽゚*)あっ!かっわいいねぇ~~♪』と指さしてました。
……(* ̄m ̄)プッ……うん、母も、あ~いうの、けっこう好きよ。
親子の趣味の一致を確認した瞬間でした。(≧m≦)ぷははっ♪

あとしばらく、どうぞお気をつけて♪(o^-^)尸~~

投稿者: ちあき. (2007.11.07 16:38)

> サハラさんが言ってたラー油、かなりメジャーみたいで

あー、その写真のラー油です~。すっごく感激!!! 
中国ではちっちゃなスーパーでも売ってるのですね~♪
我が家が愛用しているのは「大豆を発酵させたトウチ」が入ったもので、パッケージに黒豆って書いてあるやつです。

投稿者: サハラ (2007.11.07 22:51)

おーば、
あ、そうだ。トランペットは形違うよね。
三国志とか、神坂智子のシルクロードシリーズとか、世界史の教科書とか、いろいろ読み直したくなります。

ちあき.さん、
この茶色い人形たち、あとで知ったんですがタダの素焼きの人形じゃなかったんです。なんとお湯をかけると、勢いよく股間からアーチ状に・・・という奴で。
買いそびれてきちゃったのがもっとも悔やまれる品でした。

サハラさん、
スーパーでまとめて買い物を・・・と思っていたら、つい最終日に行きそびれて、買えずに帰ってきちゃいました。今度、御徒町で探してみます。

投稿者: わだ (2007.11.09 22:23)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/17002477

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

食べ歩き日記(2007.11.08 10:16)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ