当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

福井の珍味!?萩の「へしこ寿司」賞味!

2008.01.15 フード&ドリンク C(6) TB(2) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

20080104_06自分はよくネットお取り寄せするほうだけど、「着いたその日が賞味期限」なんてのは、ここ以外はまだ未経験だ。

生さば寿司で有名な「懐石料理 四季食彩 萩」さんが昨年秋に販売開始した「へしこ寿司」なるものを、味見させてもらえることになった。

話題の「へしこ」を押し寿司にしたものだ。

・・・なあんて書きながら、
実は「へしこ」が何モノなのか、全くわかってなかった自分。

味見話を持ってきてくれた知人からのメールにはこう書かれていた。

へしこ自体は、私が「福井に来てであった食べ物で、一番ヒット!」な食べ物で、要は「魚のぬかづけ」なんです。

どうやら、福井の“珍味”らしい。

福井特産の保存食

鯖の「へしこ」。糠漬けのことです。鯖を塩漬けにして十分に水分を抜いた後、糠に漬け込みます。いわゆる保存食。
「懐石料理 四季食彩 萩」公式サイトより)

↑このページを見ると、なんとも手間のかかった料理だ。

お酒好きな人なら、
まずハマるかと思いますよ~♪

確かに文章だけ読んでいても、はまりそうな予感がする。
食べてみたい。じゅるり。

20080104_01

1本で2~3人前あり、価格は2,800円。

すごいのは賞味期限で「製造後36時間」。
届いたその日に食べなくてはいけないという、ある種、緊張感あるお取り寄せグルメだ。

せっかくの珍味だから、一人で大人食いするよりは、誰かと一緒に食べたほうがさらに美味しいだろうと思い、年末に開催された知人(=ろんぴさん)宅の忘年会に持っていった。・・・じゃなくて、直接ろんぴさん宅に送った(なにせ賞味期限が超短いので、万が一にも受け取りそびれたらアウトだ)

自分が夕方に訪れた時には、もう到着していた。

20080104_02

滅菌作用・消臭効果があるという竹の皮に丁寧に包まれている。
「初めての方へ」ページを見ると、作り手のこだわりも伝わってくる。

20080104_03

まな板の上に載せてさっそくカット!
まあ、カットしてくれるのは、家主のろんぴさんなんだけど。
(私は気楽な撮影係♪)

「どのくらいの幅で切ればいいの?」
「適当でいいよ」
「上に乗っているのははがすの?」
「あ、それはそのまま食べられるって」

へしこ寿司は、かつらむきした大根の昆布〆で包まれている。
その大根の薄いこと!!!
事前に公式サイトの商品説明ページを見ていなかったら、
ビニールか紙だと思って、はがしちゃっていたかも。

20080104_04

贅沢に、少し厚めにカットしてゆく。
最終的に9つになった。

「こんな感じでいいかな?」
「うん!数もぴったりだと思うよ」

適当に返答しながら何人いるか数えたら、
ぴったり10人だった。

(^_^;

ま、あれだよね。
誰かひとりだけ食べられなかった~なんて残念エピソードがあるくらいのほうが理想。

世の中は公平にはできていないのだから。
「きっとちゃんと人数分に切ってあるだろう」とか油断してはいけないのだ。


人生はそんなに甘くない。


20080104_05

ろんぴ宅は、お皿ひとつひとつがとても素敵。
仲よしの、益子焼ショップ運営のムーさんのところで買っているのかな?

●和食器益子焼販売 楽raku

20080104_07

早い者勝ちなので、
誰より先に一切れいただいて食べた。

おお、これは確かに日本酒飲みながらいただきたい、
なんとも不思議な味。


間違いなく、くせになる味だ。


生さば寿司も食べたことあるんだけど、それとは全く別物。
もっとずっと味が濃くて、塩辛さもあって、酒飲みだったら「これで何杯でも飲める」という、まさに日本酒にぴったりのつまみだ。

どんな味か興味ある方は、ぜひ機会みつけて試してもらえたらと思うが、私が一口食べながら密かに思っていたのは、ただこの一点。


「やっぱ、一人で大人食いすればよかった」


あるいはせめて、1人2~3切れ食べられる人数の時にしときゃよかったな。
プチ後悔。

20080104_06

福井の珍味「へしこ」を使った贅沢な押し寿司。
来客予定があらかじめわかっている時や、お給料日・ボーナス日、あるいは記念日なんかにあわせてお取り寄せしてみたらよさそげ。

一緒にもう一品注文するなら、ここの名物を両方半分ずつ食べられる「生さば寿司とサーモンのセット」がおススメです。


●鯖寿司・さば寿司 「四季食彩 萩」

●楽天でも買えます(知らなかった!)


●この記事は、レビューブログ記事専用トラックバックセンター「MONO-PORTAL」にトラックバックしています



コメント

へしこは軽くあぷって食べると酒の肴には最高です。
実家に帰ると普通に食卓にも出ますね。
今度持ってこか?

投稿者: じぇい (2008.01.15 14:08)

現在NHKで朝の連ドラの舞台が小浜なのでへしこが出てきましたが
あまり美味しそうな感じには表現されてませんでしたが、
どうも好みによっては色々みたいですね!
今度トライしてみようかな!?

投稿者: ちはるちゃん (2008.01.15 18:18)

じぇいさん、
地元なんですね!今度はおすしじゃなくて、へしこだけでも食べてみたいです。あぶって食べるのかぁ。おいしそうだなあ。

ちはるちゃんさん、
お、そうなんですね。
自分もまだ単品では食べてないですが、「へしこ」そのものは、もしかしたら好み分かれるものかもしれません。
このへしこ寿司は、臭みもなくて、塩抜きもしてあるせいか、たぶん初めての人にも食べやすい感じかなと勝手に思ってます。

投稿者: わだ (2008.01.16 10:38)

昨夜たまたまサンマの「へしこ」を焼いたモノをいただきました。どこかでへしこって書いてあるのを見かけたと思ったら、わださんだったんですね。
しょっぱくて、ごはんのオカズか、酒飲み用か、という感じでした。高崎の飲み屋ビルのあるお店でいただきましたが、あまり注文されないと言っていました。
そりゃそーだ。「へしこ」という日本語は耳慣れない。
しかし、顔に見えますね「へしこ」。

投稿者: PhotoPierre (2008.01.16 13:40)

最近“読み違い”の多い私の目には最初「へこし」に
みえました^^;
軽く凍ってるのかと思ったら大根なんですね、へぇ~♪
福井には黒龍やら早瀬浦やらうんまい地酒ありますからねー、
あ~福井から取り寄せられたい。。。

投稿者: ぷよメンコ (2008.01.16 20:18)

PhotoPierreさん、
なんと偶然!私はこの「へしこ寿司」まで全く知りませんでした。いやほんと、耳慣れないですよね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B8%E3%81%97%E3%81%93
アイヌ語語源説まであるようです。

> しかし、顔に見えますね「へしこ」。

ほ、ほんとだ。
言われると確かに。人の顔にしか見えなくなってきた・・・。

ぷよメンコさん、
あります、そういうの。よく人のブログで読み間違えしてどきっとすることあります。福井とか富山って、おいしい食べ物いっぱいありますよね。

投稿者: わだ (2008.01.16 23:54)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/17675269

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

あなたの地域の情報です。(2008.01.29 11:51)
100円珍味シリーズ 茜カルパス 価格: 394円 発売元: 発送可能時期: ...(2008.01.31 11:01)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ