当ブログについて | 管理人プロフィール | コンタクト
<スポンサードリンク>

液晶モニターの正しい使い方

2008.04.24 参加レポート C(13) TB(1) このエントリーを含む「はてなブックマーク」 この記事を「livedoorクリップ」! 「Yahoo!ブックマーク」に登録

EIZOセミナー先日参加した「EIZOプライベートセミナー」で、目から鱗だったことがあるので_〆(。。)
「EIZO」は液晶モニタ等のメーカー「株式会社ナナオ」のブランドだ。

ここ数年、液晶モニターは低価格化しているが、その中で、EIZOのディスプレイは、DTPや医療関連など、特にプロユースでの評価が高い高品質なものとなっている。

自分も昨年22型の液晶モニターを購入したが、
本当はここの「FlexScan」が第一希望だった(予算的な問題で断念した)。

FlexScan S2100 セレーングレイ
↑これとかいいよなあと。


さて「目から鱗」だったのは、


液晶モニターの正しい使い方


というものがあるということ。

ああ、確かにそうだ~。

下手すると一日の大部分の時間をパソコンと向き合っている自分。
・・・といいながら、向き合ってるのはパソコン本体ではない。

実際に自分の手が触れているのは「入力機器」、つまりマウスとキーボード
そしてずっと見つめているのは「出力機器」、つまり液晶モニターだ。

EIZOセミナー

パソコンを最新のものに買い換えるのもいいが、ここまでパソコンがハイスペック化している今、PCライフを本当に快適に変えてくれるには、「キーボードやマウス」そして「液晶モニター」の選択であり、それらを上手に活用するための知識なのかもしれない。

EIZOセミナー

講師は、ナナオの担当者の方。

EIZOセミナー EIZOセミナー

まずは、液晶モニターの基礎知識ということで、「視野角」「色域」などの話。
ここも非常に面白かったんだけど、それは液晶ディスプレイブログのほうに書こうと思う。


明るさによる疲れ

最近の液晶ディスプレイは、テレビ視聴目的用にも最適化されているものが多いので、「クリアブラック液晶」とか「キラキラ液晶」とかいわれる、高輝度のものが多い。

DVDで映画を見たり、テレビを見たり、あるいはインターネットで動画を楽しむといった目的のときには輝度が高いほうがいいが、それと同じ輝度で「WORD」や「EXCEL」を使って作業をすると、目が疲れるという。なぜか?


ビジネスソフト等は「白」面積が多く、まぶしい


あ、そっか。
確かに。

そしてさらに困ったことがひとつある。
メーカーの一般的な傾向として・・・


出荷時は、輝度が高めに設定されている


というのも、店頭に他社製品と並べて陳列された時には、そのほうが目立つし、「画面がきれい」と思ってもらいやすいからだという。

ふむふむ。
確かに~。

だから、液晶モニターを新しく購入して自宅に置いたときには、


用途に応じ、輝度を自分で調整する必要あり


そっか。
そうだよなあ。

私もさすがに昨年末買ったやつはまぶしすぎて、特に二台並べて使っているからその違いもあって、新しく購入したほうはかなり輝度を落としている。
ただ知識がないので、「暗くすると逆に目に悪いのでは?」とも心配になったりしていた。どの程度が最適なのか、いまひとつわからない。


ビジネスアプリケーション利用なら「80カンデラ」もあれば十分

最適な輝度はその人の用途や、まわりの明るさ、
あと使う人の好みによっても異なるので一概にはいえない。
ただ、担当者の方いわく、ビジネスアプリケーション利用なら、


「80カンデラもあれば十分だと思います」


そして、「僕は60カンデラで使っています」とのことだった。

ただ、まわりの明るさなどにもよるし、
映画など見るときにはまた違った輝度に変えたほうがいい。

EIZOの液晶モニタだと、まわりの明るさに応じて自動的に輝度を変えてくれる機能や、あと画面下のボタンひとつで「テキストモード」「写真モード」「映像モード」など、作業内容に応じた「表示モード」に簡単に切り替えが可能。

EIZOセミナー EIZOセミナー

自分は、こうした機能があることは理解していたが、
「それより安いほうがいいや」と思ってしまった。

今考えれば、毎日、長時間使うものだし、
一度買えば、少なくとも3年以上、おそらく5年など使うもの。

仮にそれで3万とか5万とか高くても、
目にやさしい、高機能なものにすべきだったのかもしれない。

ちょい後悔。

ま、でも手間を惜しまなければ、今使っている液晶モニタでも、DVDやテレビ見るとき以外は輝度を60~80カンデラくらいに調整しておけばいいだろう。


用途に応じて重視するスペックは異なる

今はパソコンの用途も幅広い。
オフィスアプリケーションを使って仕事をするのか、インターネットやメール中心なのか、あるいはゲームだったり、DVDで映画を見たり、テレビを見たり。

自分は今、うちにいわゆる「テレビ」を置いていないので、
パソコンモニターで、テレビも見るし、DVDで映画を見たりもする。

用途別の「重視すべきスペック」も教えてもらった。

EIZOセミナー

映画・テレビ・ゲームを楽しむなら・・・

・視野角が広い・・・正面だけでなく斜め位置に座っている人もきれいに見える
・輝度が高い/ハイコントラスト・・・映像がきれいに見える
・応答速度が速い・・・動きの速いシーンなどでも、ぶれたりせずクリア

こんなスペックが重要になってくる。

EIZOセミナー

写真を鑑賞・編集するなら・・・

・視野角
・色域
・パネル

色域が広く、色表示性能の高いモニターが必要。

そういえば昨日たまたま、「EIZOのモニターのファンなんですよ、僕」という人に会った。
黒が全然違うのだという。

事例としてあげてくれたエピソードは、喪服を着た人がいっぱいいる中からある人物を切り出すという作業をした時のこと。他のモニタだと、背景の黒い服と髪の毛の間の色の違いがほとんどわからないのに、EIZOの色表示性能の高いモニターだと、「黒」の色の違いがしっかり見極められ、境界線にそってぷちぷち範囲指定して切り出すという作業が非常に楽だったとのこと。

ま、このあたりは、専門家の領域な気もするけど。

EIZOセミナー

こっちも専門家の領域だと思うので飛ばす。

肝心なのはこれ。

EIZOセミナー

オフィスワークで使用するなら・・・

実はそんなに「この要素」ということではないみたいだ。
まあそうだよね。

ただ、こうも書いてある。


「輝度、コントラストが調整でき」


うんうん。
目的に応じた輝度調整の違いは、今回すごく理解できた!

次に買い替える時は(何年先だ?)、絶対ちょっとのお金をけちらずに、ボタンひとつで最適な輝度・コントラストになるものを買うぞ。


「縦表示も簡単にできるモニターを」


これ、大賛成!!!

一度、縦表示のモニターに慣れると、
間違いなく癖になる。

●関連記事:最高!縦長ディスプレイ(ピボット機能)


Yahoo!は横長ですか?
メールは横長ですか?
WORDを横長に使いますか?


もちろんEXCELとかパワーポイント利用だと、横に長いほうが便利なことも多いが、たとえば自分が使っている「縦1600ピクセル×横1200ピクセル」のモニターであれば、それで横幅が足りなくて不満ということはまずない。

縦長画面なら、間違いなく仕事効率はあがる。
マウスで、画面を小刻みに動かす必要もなくなるので、手も疲れないし、目も疲れないし、なにより一覧性が高まることで、情報を見て把握して理解・分析する力が格段に高まると思う。

いやほんとに。

あと、EIZOでいろいろ面白いディスプレイを見てきたので、
そのあたりのレポートはまた別途。


> 続く



FlexScan S2100 セレーングレイ



コメント

それで、
写真を加工したりするのによく使うんです
とか言っちゃうと、
結局「ColorEdge買ってね」って結論になるので嫌い。

投稿者: PhotoPierre (2008.04.24 14:22)

PhotoPierreさん、
ColorEdgeって、かなりいいお値段のプロ仕様のですよね。
自分は、基本ビジネスソフトとネットサーフィン・メールなので、色表示性能という点では別になんでもよかったりするんですが、輝度調整とかの便利さはいいなあと思っちゃいました。

投稿者: わだ (2008.04.24 14:30)

縦表示も簡単にできるモニター

欲しいんですよ。
去年からずっとずっと欲しくて欲しくて・・・・・・・。

やっぱり 買っちゃおうかな。

最近 わださんのブログを読んでからの買い物がかなり多くなってきてるような気がします。
それだけ わださんの記事には引き付けるチカラがあるんですね。

投稿者: りんりん (2008.04.24 15:08)

りんりんさん、
縦表示モニターは、後悔しないと思います。
本当に快適なので。
> 最近 わださんのブログを読んでからの買い物が
> かなり多くなってきてるような気がします。
罪な存在ですね(笑
でも自分もMONO-PORTALのレビュー記事巡回してて、よく買い物しちゃいます。

投稿者: わだ (2008.04.24 16:14)

としのせいか、目の疲れがはげしく、思い切ってEIZOにして快適なので、こちらの記事を見てうれしくなりました!
パネルはVAです。目にやさしいTextモードで使っています。

投稿者: Key(Takaki) (2008.04.24 18:37)

CGやデジタルコミックをやっている自分としては、縦長にも使えてかつ高精度で、輝度やコントラストの強いモニタはちょっとあこがれではあります。…が、旧パソコンではグラフィックボードの出力限界に引っかかってしまいそうですが…。

パソコン内部の構成がそろそろオーバースペックに到達しつつある昨今、入出力デバイスの重要性が高いのかもしれませんね。そろそろ私も17インチクラスから脱却したいモノです。

投稿者: 彼方みこ (2008.04.24 22:54)

Key(Takaki)さん、
やっぱ違いますか!
結局あれですよね、値段ってのはうまくついているもんです。目に優しいかどうかは、本当に重要ですね。

彼方みこさん、
そうですよね、特に高性能ディスプレイが必要な一人ですよね。CGに必要というのと同時に、きっとすごい集中して画面を見つめているんでしょうし。
あ、そういや博多でEIZOショールームご一緒させてもらったんですよね。なんか懐かしいです。

投稿者: わだ (2008.04.25 00:49)

縦表示の出来るiMac、出来ないかな〜(爆)
それはさておき、この秋までにBRAVIAで32inchの
フルHDモデルが出なかったら、FORIS.HD買う予定です。
何かいい話、聞かれましたか〜??

投稿者: かつぽん (2008.04.25 01:40)

背景、白は目に痛いんですよね。

わたしはディスプレイは思いっきり暗くして使っています。
昔VZというテキストエディタがものかきの間で流行っていましたが、そのひとつの理由が、当時にしては少なかった、背景や文字の色のカスタマイズができること。
マージャンの台色のやや薄めくらいのグリーンを背景にしてました。
こういうグリーンが一番目に優しいから。

白は痛い…ということがあって、わたしはいちいち設定するのがうざったいし、多少ページを重くしているけれど、ブログなどの背景をうーっすらベージュ画像にしています。

投稿者: 森田慶子 (2008.04.25 11:15)

>ビジネスソフト等は「白」面積が多く、まぶしい

というところで、
「そういえば、わださんのブログも白いなあ」と思い
高度を下げてみたら心地よくなりました。

画面は明るければいいんだと思っていたので驚きました。
モニターって実は奥深いんですね!

投稿者: とことこ散歩 (2008.04.28 01:04)

かつぽんさん、
> 縦表示の出来るiMac、出来ないかな〜(爆)
それニーズありますよね!!!
(どっかでアームつけてやっていそうな気も)
FORIS.HDについてはあまり話きかなかったんですが、銀座のショールームはなかなか楽しかったです。

森田慶子さん、
そうですよね、光フル放出ですもんね。
自分とか特にデュアルディスプレイなので、背景は真っ黒で、余分なアイコンすらデスクトップにはおかないようにしてます。
ブログを少しベージュとかで抑えるってのも、必要な気がしてきました。

とことこ散歩さん、
本当ですね。白い面積多いですよね。
これも少し工夫が必要なところなんだなと今更。
モニターは結構奥が深そうです。
次の買い替えの時は、慎重に選ぼうと思います。

投稿者: わだ (2008.04.28 11:21)

ColorEdgeは仕事で使用して,お世話になってます.
誠実な製品で良い仕上がりです.
きちんとキャリブレーション調整を行うと,十台が十台きちんと同じ色が出るモニタです.
モニタを並べて見ると(視野角による違いは出ますが)どれも同じ色が出ていてスゴイなと思いますよ.

投稿者: tallgrave (2008.05.12 23:25)

tallgraveさん、
本当に使ってる方の評価が高い製品ですよね。
特にデザイン関連の方にとって。
安いモニターはたくさんでまわってるけど、やはり価格相応の高性能なんですね。

投稿者: わだ (2008.05.13 00:53)





トラックバック
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5901/40979724

内容に関連性のある記事からのトラックバックは歓迎です。記事内リンクも特に必要ありません。過去交流のないブログでもまったく問題ありません。ただし「単に部分的なキーワードつながり(関連性が薄すぎ)」「自動で大量トラックバック送信」「自身がトラックバックを受付けていないブログからの一方的なトラックバック」は、削除します。

株式会社ナナオの液晶モニターのブランド「EIZO」。 そのEIZOのショールーム...(2008.04.24 20:44)
最新の記事

管理人プロフィール

和田 亜希子

利根川流域に生息するアラフォー独女。ニッチなテーマで小さなサイトを作る「ミニサイト職人」で、主に運営サイトの広告収入で生計たてるようになり早10年経ちました。「パソコン一台携え、旅しながらサイト運営で生計立てる」ベドウィン・モバイラーの夢まであと一歩。大切にしたいのは「好奇心」と「向上心」。うさぎは2011年の干支、ヘビ年バージョンはこちらです。(詳細

Twitter

著書一覧(Amazon)
Yahoo!プロフィール
YouTube動画一覧

AMNパートナーブログ